アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

インドで流行っているヘナとは?

インドで流行っているヘナとは?

皮膚科の先生、これ以上髪が伸びないのだそう、もちろんヘナとインディゴを混ぜたものです。みんな髪がぼろぼろ、シャナーズもカディも、カーマだけ別々、さすがカーマでもシャンプーはしっかりイメチコン入りです。ロレアルがサロンを席巻しヘナを知らない人も、名前は聞いたことがある、そして今あのような豊かな髪は、インド女性の象徴の長くてリッチな髪は失われつつあります。なぜ日本人のわたしがインドの人にヘナを?本当に...

... 続きを読む

デリーでアーユルヴェーダのスパ 4年丸まる

デリーでアーユルヴェーダのスパ 4年丸まる

2013年のスタッフみんないまもがんばってくれている、それぞれのスパで、2018年、携帯のアプリを駆使、お化粧も上手に、わたしを振り返れば、ブログが書けるということは精神的に過去を振り返れる、ゆっくり歩きたい性分ですが、色んな事があるとどんどん石つぶてのようにインドはやってくるので歩くための盾と矛が必要です。たとえば先月まで売り上げよかったことを喜んで、今月さ利益のシエアをもっとくれ、とか真顔で、...

... 続きを読む

新しいパートナー ヘナラバー in vasant vihar

新しいパートナー ヘナラバー in vasant vihar

イタリアン大使館主催のメラにて、この季節各国の大使館でメラが次々開かれます。もちろん日本も。パートナといっしょにパチリ。スタッフの誕生日に支えてくれるお得意様のO様、ケーキを!人生最後までわかりません、ヘナと26年前に出会ったときわたしの乗っていた船はたちまち帆を揚げて元気に快速!、こんな素晴らしい力をもtハーブがこの世にあるなんて!そのあとこんな素晴らしい施術が(キリ)この世の中に、そしていろん...

... 続きを読む

フレーム オフ フォレスト 神様の木

フレーム オフ フォレスト 神様の木

前回インドの某名の知れたブランドのシャンプーを作っている工場に、シャンプーを輸するためにサンプルと成分表をつけて日本でラボテスト、ネガティブリスト、イレギュレーション分析、40万支払って、なんと防腐剤が規定よりオーバー。やっぱり。お金が消えていった。。。。やはりオイルが一番無難なのかな、最近気になるオイルが一つあってフレームオブフォレストという花の成分を抽出したヘアオイルです。ニームオイルと同じ捨...

... 続きを読む

今年の冬はディルに病みつきに

今年の冬はディルに病みつきに

ディルとポテトの組み合わせ、最高なのです。香草が好きな人は絶対はまります。インドのポテトはなぜか美味しい。カリフラワーもとっても味がある。アルゴビという料理名でとても知られたカリフラワーとポテトのガラムマサラ和えというか。ディルは冬のハーブ、ただただマスタードオイルでいちょう切りにしたポテトを炒め、ディルを細かく刻んでいれるだけ。岩塩だけで。美味しい!あきないです。インドで生活すると冬はとても楽し...

... 続きを読む

インドのデリーで当社のヘナが人気、プラントピュア

インドのデリーで当社のヘナが人気、プラントピュア

デリーの空港近く、日本人系のホテル、などでスパを展開してはや4年となりました。日本でビジネスするのとは違い、ここではいろんな感情のもみ合い??があります。心理作戦というか、一筋縄ではいかないというか、まあここインドで住んでいるといろんな手練手管を持っていないとストレスで潰れてしまいます。いろんな蝕手をいそぎんちゃくさながら絡めたり、縮めたり、この11月いろんな膿が出て、やっと静かになった感じ。まあ...

... 続きを読む

香りを飲む 

香りを飲む 

長い間、ローズウォーターの真否について疑問があり、検索して製造方法を調べても販売しているローズウォーターの会社に比べて製造方法を詳しく説明、納得できるサイトがなかった。デリーにいるといろんな出会いがあり、また思いついてもすぐ飛行機に乗ってたずねることができる。ヒマチャルが本当は大きなバラ園があり製造もしているらしいのですが、プシュカルもバラ園がありデリーから近い。なぜその作っている現場にいこうかと...

... 続きを読む

プシュカルへ ローズウォーター セチフォリア

プシュカルへ ローズウォーター セチフォリア

インドではローズウォーターは聖水でありお寺で振りまかれたり、料理やお菓子に使用したリ、目をあらったり生活に密着しています。ありとあらゆるところでまたローズウォーターを販売しているのを見かけます。有名なダバール、パタンジャリ、ラビラビシャンカールもアーユルヴェーダの物販に力を入れる模様です。カーマ、等。みんな軽くアーユルヴェーダという名前を口にし使用しますが、ほとんどがアーユルヴェーダ的な、もしくは...

... 続きを読む

伝統の重みと聖域 アーユルヴェーダの定義

伝統の重みと聖域 アーユルヴェーダの定義

インドと関わりだして二十数年、ここ2年半ほどは頻繁に行き来はするにしてもデリーにオフィスと居を構え自分を振り返る、よい時間がありました。アーユルヴェーダの製法で処方されたオイルやジャム、粉薬は数十年ではなく、数千年の歴史の中で編まれたレシピです。それぞれの正直なポリシーと強い信念を持つオーナーによって支えられている製造方法。製造過程のある部分に現代のテクノロジーを利用したとしても、変えれないところ...

... 続きを読む

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence