キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
知っているようで知らないこと、は意外とたくさんあります。

職業柄、人の頭皮、毛穴、髪を診ていると、頭皮と髪の健康度合いがよくわかります。
アーユルヴェーダにビジネス展開し、人の体を診させていただくようになり、
若い人の肌ほど、乾いて、まだらということにも、びっくりしました。
円形脱毛の方も、気づいている方、知らない方、二十歳代にちらほら、
ということは、若い人ほど緊張度が高い、= 疲れやすい。
肌だけをいえば、70歳くらいの方のほうがキメがこまかく、しっとりしているのではと思います。

今回のお客様も75歳ですが、背中の肌はとてもきれいです。
アーユルヴェーダで若返りができたので、インドでハーブオイルをいつもたくさん持ち帰られます。

背中、頭頂部、自分の目で見えないところほど、自分の体は黄色で点滅しているのです。
健康のバロメーター?は頭頂部???

ジグマのドクターもフェイスオイル(昔は妊娠線を予防するオイル、今はシワ専用オイル)は必ず、
頭頂部にすりこみ、顔も塗りなさい。と言います。

なぜと言うと、よくこの成分は頭を緩め、肌のストレスを解き、リラックスしてねむれるからだ。と

ハーブオイルを体の芯まで、頭の脳みそまでしみわたらせること。
体はYOGAと食事で浄化すること
魂は来世にわたり、宇宙と同化すること

パンチャカルマの15日間の若返りコースはこの上記の入門編、玄関のようです。
最低でも15日かけて浄化します。

体の外側についている器官をまず、リラックスさせ、次に筋肉、骨。
リラックスはアーユルヴェーダの最大の焦点ではないかと思うこの頃です。

YOGAを含む、また食事療法も包括して、次の来世により生きれるように、という
とっても遠いところに観念があるのかもです。

彼ら南のインド人々には当たり前のこと、私たち外人には、不思議な体感です。

ヘナにハーブオイルをたっぷり混ぜ、塗布しているとまた
シャンプー前のハーブオイルのヘッドマッサージは
顔の皮膚と頭皮の緊張を緩和し、
リラックスし、若くなるのでしょう。
実際、ハーブオイルとアロエベラジェルだけでもずいぶん髪と肌は変わります。

jdeep.jpg


レッドナム、私の体を治してくれた彼女は28歳、独身で気丈夫な人。
いろんなアーユルベーダを受けたのですが、彼女から得たものが一番大きい。
真剣そのもの、いつも気合が入っている。

近いうちいつか彼女と組んで、アビヤンガとキリをインドの患者さんにするのが私の夢です。



スポンサーサイト
ここずっと、パソコンの前で目が痛くなるほど、化粧品成分表示リストと、
植物の名前を照合しています。

インドのボディオイル、二種の薬事の書類のためにINCIコードと和名というか、日本化粧品医薬部外品の名前を照らし合わせているのです。

インドのハーブと聞けば、

ヘナ、そして、アシュワガンダハ、ニーム、シャタバリ、アムラ

あたりが有名かな?

トリファラはよく質問されるのですが、
三種のハーブをまとめて呼ぶ名で、

ビヒタキ、ハリタキ、アラマキ の三つです。

ハーブといっても草のような弱弱しいものではなく、木です!


でも全てがこの名前ではINCIコードにも、日本化粧成分表示リストには載ってないのが
回り道。

おかげ様でインドハーブに自然と強くなりました。

6回コースくらいでアーユルベーダについての、クラスを組み立ててみようと思っていますが、
やはり、日本人に向けたアーユルヴェーダを構築して、家庭でのアーユルヴェーダを浸透させる目的になりそうです。



インドの家庭と付き合うと、いろんな習慣がかいま見えてへ~ッと思うことが多い。
たとえば学校から帰ってきた娘に明日の朝シャンプーするから今日はオイルを髪と地肌につけなくては、
とか赤ん坊の頭と体に特に頭をやさしくオイルでマッサージするのは驚きました。
生まれて間もない赤ん坊の写真は撮らせてくれない地方だったので、
イメージ写真でごめんなさい。
生まれて、頭の骨がかたまるしばらくの間マッサージすると、とっても頭の良い子になり、性格もよいそうだ。
お手伝いさんが何人もいて、大家族で住んでるインドの上流だからそんな風にゆったりできるかもしれないのだが、やっぱり頭からハーブオイルを入れ込むことは大事なようです。
Brookmassage2.jpg
ココナッツオイル&レシピ
甘いココナッツの香りがします。南インドでは料理に使います。また南インドの人々は、髪が多いので有名。
[ココナツツオイル]の続きを読む