キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インドと関わりだして二十数年、ここ2年半ほどは頻繁に行き来はするにしてもデリーにオフィスと居を構え自分を振り返る、よい時間がありました。
アーユルヴェーダの製法で処方されたオイルやジャム、粉薬は数十年ではなく、数千年の歴史の中で編まれたレシピです。
それぞれの正直なポリシーと強い信念を持つオーナーによって支えられている製造方法。
製造過程のある部分に現代のテクノロジーを利用したとしても、変えれないところはきちんとした行程を残しています。

よくアーユルヴェーダを学んだ人が、インドからオイルを簡単に輸入できないこともあり、自分でターメリックなどを入れ、またいろんな物を組み合わせハーブエキスのオイルを作る。

作るのが悪いのではなく、そこに自分のしている事の意味が理解できており、謙虚さがなければならないのでは?
やはり精神性の高さを問われるのです。偽者のアーユルヴェーダ、デリーには山と、インドにはうんとあるのです。
同じ事をしていては世界に通用しない。

たとえばキリにしても日本で手に入るハーブを混ぜてオリジナルを作る。
インドのものより効果が在るとは言わないにしても、キリのスタイルだけを売るのは悲しい。

アーユルヴェーダを切り売りし、そのコアを理解しないで偽者のパーフォーマンスは通用しない。
次の担い手には伝わらない、ということだ。軽いから

人間の愚かなところは歴史を見てもわかるように、学ばない、精神的な進化は止まっている。

伝統は文化ではない、その重みと尊厳さをもっとかみ締めるべきです。

人間は弱いもので特にアーユルヴェーダは伝統と統計学の(臨床の数)に支えられた人間の歴史の中の代表的な
伝承医学、そこに自分のレシピやいわゆるアイデアを投入たとして、歯がたたないのです。
その深さを理解できない人は、極端に言えば好みと自分のエゴでどんどん違う商品をファッションで入れ替えます。

王道とは何か、伝統しかない、大変だけれどもそこに祈りを入れないと、なにもはじまらないと思います、
自分に詐欺できないひとは、人にも詐欺できない、

セラピストは往々にして、素晴らしいセラピストほどある自信のピークを迎え、そして身体はひとつしかないことに
立ち止まり、それからいろんな方向への模索がはじまります。

資格を与える講師であったり、ネットワークビジネスの商品を販売したり、スピリチャルな方向へ向いたり、
それはその人の生まれた星の影響もあるかもしれません。
そこでセラピストの真価が問われます。

わたしがにしても同じこと
反省と謙虚さの元に働く、伝統の火を消さないよう次の世代に担っていく少しでものお手伝い。
毎日が反省。

アーユルヴェーダを利用しないでいかに自分の中の生きるコア、正義みたいなものを探し出すか、
消えないように,すりかわらないように。平凡であり、実直であること。

例えばわたしのポリシーの中に、製造現場とオーナーには必ず会い、話し、おなじコンセプトでないと取引を始めません。

来週からプシュカルへ。ローズウォーターのオーガニックのファーマーと商談です。あらかじめメールでどのようなポリシーであるかは確認できた上で実際に商談。

ヘナにしてもローズウォーターにしても、モリンガも農場からきます。決して工場からではありません。
でも多くの取引業者がケミカルの工場(きれいなオフィスで便利な場所)と商談します。

デリーにはピンからキリまでの商品があふれています、
その中で信念がある人と会い仕事するということは、かけがえのない縁。

どんな人と製造現場に会えるかうきうきしています。


スポンサーサイト
合成の香り、それは生活の中にあふれており、香料と成分表示のあるものはすべて石油からの合成です。
洗濯粉、ありとあらゆる洗剤、食べ物、化粧品、
わたしたちの鼻は麻痺していて、どれが本当の持つにおいなのか全く判断できない臭覚になっています。

そうは言うわたしもです。例えば天然の花や草木からとれたエッセンシャルオイルを買い求めるときも、試供品のところで
鼻を近づけて、これは好きな香り、嫌いな香り、で判断、
購入したものの使わないでそのまま、ということも多々ありました。

結果として使い方が良くわからないし、使い方がわかっても続かない、もしくは自分の生活の一部にならない、

これがこのビャクダンコイン一個で覆りました。

すごいパワーです。

わたしたちは生活の中で例えば、引きこもりであっても、少々鬱気味であっても、またすることがなくて家でごろごろしていたとしても
実は短気なのです。ストレートに期待し裏切られるか、小さな実りかを毎秒ごとに期待と失望を繰り返しています。
昔は食べることがゆっくりであり、生活もそれに合わせてゆっくりの時を刻んでいました。
朝太陽が昇り、畑で作物の生長を見るか、狩猟に出かけ獲物をとるか、
期待と生活は歩調があっており、ストレスがなかったはず、

いかに天然の香りを鼻で会でも、好き嫌いで選別する。
このビャクダンのコインと出会って、いろんな過去の香りにまつわる言葉がよみがえってきました。

ある人に、合成の香りはひとつの音しかない、空気が動いてもそれは一つのノート
天然の香りは例えば鼻の右から左へ動かした場合、強弱がある、
留まり、見えない空気の動きに、また感じる空気の気配に香りが動く、
エッセンシャルオイルは組み合わせて使用するとき、肌の温度と、キャリアオイルの按配で香りの立ち方に時間差がある
トップノートを追いかけるように次の香りが後を追う、最終に残る香りはまた最初とは異なる

それを感じました。

宇宙は音から始まり、摩擦より水になり固体となり、
だから香りで空気の気配を知ることは
まさしく宇宙のはじまりに似た、ひとつの守り人のように実体があるようなのです。

そしてそれを感じるためには心は平安であり、その意味は悲しくても、つらくても、楽しくても、静かな心さえあれば
その香りの動きで、空気の中にいる自分を感じ取れ、それは感激であり、やさしさです。
ゆっくりした時間のわだちに入ったとき、なんで自分は急いでいたのか、に気がつきます。
反対を言えば心が急いでいる人に香りは聞けない、
もっと自分を大事に想うようになるはず。

昔は香道といわれ香りを当てたり、短歌と合わせて読んだりしたのが香道と聞きますが、
それは禅の道にも通じ、あーーーー感激きわまりないこの数日です。宇宙はそこにある、そんな感じ

平安や鎌倉の香道のそこまで高尚になれないにしてもまず、このような形でお試しあれ
いろいろな方法をご紹介いたします。

1.ビャクダンのコインを枕元に置く、寝る、本を読む、
2.ビャクダンのコインをすこし爪でとり朝,塗香と同じようにして手のひらに擦り付けるか身体を清めるか
わたしは1の方法で気がつきました。

香らないと思うかもしれません。
香りがきつい場合は離してください。
風も吹いていないのに、香りが動くのが感じることができれば,それが扉です。
温度の変化、呼吸、微妙に感じます。

ローズやバチュリのコインをサンプルで作ってもらって試しましたが
なぜかビャクダンが良くわかる。

不思議な体験です。

白い煙 目に痛くなく嗅覚を刺激しない 芯を取り接着剤を使わない
灰になっても良い香りがします。
これもひとつの基準です。
20170730195641f68.jpg
灰

いままで販売していた香りに加え、包装も変わり
パチュリ 
これも第一チャクラと結びつくパワフルな香りです。一番嫌いだった香りが、第一チャクラの大地の香りと聞いて
一番好きになりました。
フランジュパニ
フランキセンス
香りはほのかなのですが清める力があり、合わせて焚いてもOK.
などが加わります。
2017秋発売です、
インドと言えば100円ショップのお香、あの棒状の長いお香はチープというレッテルが貼られてしまったのでここではあえてインドのお香とは書きません。:
インドは特に北のデリーの人はとんでもない確率で詐欺が多い、外国人はカモです。20年以上インドと貿易している私ですら
デリーに来て住むようになっても、やられました。まあ致命的でなかったので身体は安全で、心もお金もさようならインドまではならないので、許していますが。
わたしがボーっとしているため、人をだますタイプでないので逆に珍しくて寄ってくる人がいます。うちのスパがボランティアするときも
VIPとか、いろいろ幸せそうにスタッフが手を抜かずにトリートメントするからそこが不思議らしいのです。インド人にとって。またうちみたいに儲からないスパをやっているところも珍しいのです。正当な手技で変なことをしない。変なことをするスパはすごい儲かるのです。まあ古今東西同じです。

話は戻って、そんなインドの会社の中で売れない天然のお香を作っている人がいました。
なぜ売れないかと言うと市中に出回っているお香が安すぎるからそんな高いお香買う人がいないのだそう。
でも本人がそれしか作りたくないので、デワリというインドのお正月のときにお世話になった各会社に無料でプレゼントしたりして
趣味で作ってらっしゃいました。
201707301956152bd.jpg
20170730195641f68.jpg


こんないいものなぜ売れないのか?キリのときと同じです。わたしはインド人みんなすごいケチとまたそのときまざまざと実感。
神様にそこらへんのお香をあげるんだ、毎日にすればそれは結構な値段です。
毎日わたしは店の神様に花をあげるのも以下月600円、一年で7200円。それもケチる人がいる。
だから生活費の中からお金を捻出して40円の花を神様に供えている人のほうが信仰心がある。

まあ高いと言えば高いです。このお香毎日たけば3パックは必要です。
スタッフはみんな気に入ってお金ではなくこれは本当にいいと、だからまあ続けている私です。

それまでは柔らかい天然香、香りがいいなだけでしたが先月新しいコイン型のお香をサンプルでもらったとき
感じ方が進化しました。それは 続く


デリーで良いこと、悲惨なこと、嫌な思い、感激、マサラのように降りかぶってきます。
最近インドの花屋さんをのぞいたり、やセキュリティーがしっかりしたアパートメントに植えられている木々や花々を見ると、インドののそれらの多様性に驚いています。
たまたまお世話になったホテルのGMが新しいホテルのGMになり、そのホテルのお披露目に出向いたのですが、なんとインド一、またたぶん世界でも大量のお花を扱う花会社のCEO。
インドの汚さや貧困の後ろには広大な大地と、豊富な労働力、広い広大な家に住む資産家、多くの人々が語っているように
何層にも積み重なった生活の色々。どの層に住んでいるか、どの層で旅行するかによって何千もの顔があると思います。

縁があって住んでいる部屋の周りはプルメリアが取り巻くように植わっています。
プルメリア


フランジュパ二は日が上る頃、散歩の時開花時強く香りますが、後はほとんど香りません。鼻を近づけるとほのかに香りますがジャスミンと同じく開花前そこらあたりなんともいえない香りに包まれます。
アパートメントの回りにはこの木が50本以上植えられて、広葉樹のため葉や、花が毎日沢山落ちるのですが,人間の手できれいに清掃されています。おはようもいわれない人たち。多くの住人は警備員にさえも挨拶しません。そこに人がいないかのよう。

インドに来て知ったチューブローズのむせるような香りも記憶に新しい香りです。
白いバラも豊富です。
インドで香りと花はすぐ身近にあります。
マリーゴールド、ハイビスカス、ジャスミン、ユリ、チューブローズ、ラン、ブーゲンビレア、菊、もっともっとです。
201707301955509c8.jpg


日本では香道という文化がありますが、最近インドの天然のお香と良い出会いがあり、わたしなりにあーこれが香を楽しむ、という優雅な趣味
?という気付きがあったのでご紹介します。
さすがインドここほれワンワンでとんでもない良いものとの出会いがあります。
このコインや棒状のお香はあるインドの会社のお香との出会いで始まりました。
そのお香の香りがあまりに自然なので理由をお伺いすると、芯となる木と、お香となる粉を固めるのに化学のものを使用せず、芯は選別したある木しか使わない、
とのことで後は企業秘密ですって、
そこで日本に紹介して愛用者も少しずつ増え、
車に下げるサシェにこのお香のところだけをボールにしてどうかな、という話をしていたら先週このようなコインになってインド初の香のコインが出来上がってきました。このコインを焚いたり、おいたり、して香道とはこうなんだ、となぜか感激。本当のものは本当の道を示すんだと、一人納得しています、
[香道 新しい香りのスタイル]の続きを読む
何十年もデリーは通過する疲れる都市でした、スパを開店し日本の駐在のお客様に支えられデリーのお客様に見守られ時になんと9ヶ月。
スタッフも5人となりどんなコンセプトを打ち出す店にするか、
インドは魔法の国、でもロジカル、ヨロヨロしてては生き抜けません。与えられた使命を誰にも頼らずに独立独歩起業はかんたんではないと痛感するなか仲間や
スタッフと分かちあう物ができたとき最高です。
アーユルヴェーダはロジカルです。愛の車輪でロジステック、それをこのデリーで裏付けるのがわたしの仕事のようです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。