キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
アビヤンガshiro

アーユルヴェーダセラピストとはインドと日本ではまったく違います。

日本人の素晴らしい細やかさ、繊細さはアーユルヴェーダ的で、かつ
親切なこまやかな心は世界で一番とおもいます。おもてなしの気遣いです。

なぜこの話になったかといえば、

インドでは
◎アーユルヴェーダの歴史と伝統。
◎アーユルヴェーダ製法工場
◎アーユルヴェーダ医師、
◎セラピスト
◎神(宗教ではありません)
がそれぞれ役割分担があります。

日本では
アーユルヴェーダセラピストは
すべてこの5つを背負わなければなりません。私が見る限り調和はありません。

ということは、です!
日本のアーユルヴェーダセラピストは育ちにくい土壌にあります。
この5つを自分の中で学び、消化し自分のものとしてゆくには大変な努力が要るわけです。

キリのエキスパートになると、
どうして謙虚にならねばならないかが、自然とわかってきます。
上記の5つの調和が自分のなかで小さく発生し、次第に根を張るからです。

日本人ならアーユルヴェーダの伝統は日本にはないけれども
この5つの調和を学び、アーユルヴェーダセラピストとして自立してゆくことはできるはずです。

それが日本独自のアーユルヴェーダのスタートとなります。
わけのわからなかったもやもやが晴れてゆくとき、
また違うステージに立てます。

人間という小宇宙は
プラーナによる生きる力と、
魂に分かれています。浄化という言葉やデトックスという言葉はもっと意味を咀嚼して使わねばなりません、
魂は宗教と結びついて、
生はアーユルヴェーダに結ばれています。

ジグマハーバル インディアが祈っているのは
宇宙の神です。この世界を創った創始者、

どの施術より、
クラシックなアビヤンガ
キリ
この二つがその道を案内してくれます。

それを理解するだけの文化が日本にはあり必ず日本的なアーユルヴェーダトリートメントは根を下ろすはずです。





スポンサーサイト
連休も明けまして、昨日は博多は夏日和でした。

6月インドから帰国便を成田にしまして、キリの体験会、ヘナの講習会を行う運びになりました。

16,17日を予定しています。

また詳しくは東京在住の久保様のBLOGと合わせましてお知らせいたします。







インドそのもののア-ユルヴェーダを持ってくることは100%不可能です。
可能であってもビジネスとして国が支援しない限り無理です。
広がりません。

教室がどんなにできてもお客様あってのビジネスです。
スキルが卓越したセラピストを育てるより下手でもモチベーションが高いほうセラピストが素晴らしい、

一人では何も出来ません。

アーユルヴェーダの大きなクッキーをみなかじってどこそこほじって
アーユルヴェーダを説明していますが、

これは西洋哲学が行き着いて超えられなくなった昇華がアーユルヴェーダなので
アーユルヴェーダを理解するには実存哲学を紐解くか、あとは体感していただくしかないと思うのです。


10年ほど前にキリのエキスパートであるインドのセラピストから
キリどころか全ての技術において最高の彼女からアーユルヴェーダを受けることができたのは
私の宝物です。一生忘れることができない、
今彼女は出産、家庭を持ち引退したかもしれません。

神様が私たちにくれた出会いです。

ベッドから起き上がることができないほど腰を痛めていた私は彼女の
キリを最初に受けたとき、こんな素晴らしい技術がなぜここに埋もれているのだろう、
皆に伝えたいと、強く思いました。愛以上の何かを受けることができたのは言葉に代えがたい経験でした。

アーユルヴェーダの技術のひとつひとつは
集中力が鍛われる修行です。アビヤンガも腹筋が必要です。
念というか気というか。

ヘッドマッサージ、アビヤンガ、キリ、ストーン(発汗、休憩)そしてカティバスティ
時間を置いて、シローダーラのフルコースを仕上げてゆく1日は壮絶かも。

そしてトリートメントのラストはピリチリ!

全てにおいて、ものスゴーイ念と集中力が必要です。

精神的なタフさと宇宙(神)を信じるセンスがないとくじけます。

日本的繊細さをそこに加味するならこれは世界最高のトリートメントになります。
哲学的な、深遠な人間愛のトリートメントです。

笑ってアーユルヴェーダなどできません。
真剣にならざるをえません。

よくキリとピンダスヴェータを混同されているかたがいらっしゃいますが
まったく違います。

セラピストにとってキリの技術をクリアすることは自分を次の自分に変貌させる扉を開ける事になります。

キリのジャンルは心と体に属します。美容や健康のジャンルではないような。

キリに出会い、習得しているセラピストに心からエールを送りたいと思っています。

本物の日本的なアーユルヴェーダセラピーを伝えて、次の世代に渡して欲しい

わたしは人を治したいと思わないようにしています、それはおこがましいことだから。

また医者の領域と、看護士の境界線はしっかり踏まえることだと思っています。
施術の説明において、そのところに薬事法や医師法に抵触する話はしません。

だから名もない、私をケアしてくれた彼女のようにただのセラピストでいたいと思っています。

一緒にアビヤンガやキリを組んでそのエネルギーを共感し
お客様に体感していただける場を作るのが仕事だと思っています。
できるだけ多くのセラピストと2人でアビヤンガをすることが願いです。

もうひとつは
旅行について話します。旅行もひとつの癒し、変貌を与える、素敵な療法だということです。

ときには場所を変えても自分は変わらないというジレンマにも陥りますが、

旅行の楽しみは名所や美味しい食べ物を散策する、のが本来の姿ではありません。
こころに本当に残るのは
人との出会いです。

昨日まで縁もゆかりもなかった人々とつかの間の喜びや楽しみを共有する、
それがどの程度か、
が旅の本来の姿です。

幸せを与え、与えられる旅行。これは人間を変化させる可能性に満ちています。


霧島の温泉は確かに素晴らしい、
でもなぜ都城なのか、

良心的な値段で最高のもてなしをしてくれるセラピストがたくさんいらっしゃるからです。

ひとつところでなく
サロンAからサロンBへ、昼にかかればさりげないランチが用意されているかも
そしてまたサロンCへ送ってくれる。

こんな素敵な町なのです。

ここにきていろいろなサロンで自由にトリートメントをできるだけ受け、
話、食べ、笑う、

そんな企画ができる町です。

私の夢です。そんな町に全国から人がたずねてくださる事が、

今まで何人か大変な病気で亡くなられた、わたしの大切なお客様のためにも
インドへ最後の望みをかけてアーユルヴェーダを受けた友達も
わたしの手を引いて先導役をしてくれているような気がします。

詳しくはここから→霧島の温泉とアーユルヴェダーのコラボ 35000円からfastingbar_20130621174333.jpg



お問い合わせ







都城、2泊3日のファスティング、プチ断食計画 がやがや

東京からの久保様を向かえ、都城のみなみなががやがやわいわあい

”都会の人を癒したい!、”
でも
都城でプチ断食とアーユルヴェーダを組み合わせた心こもったファステイングを
するのは簡単?ですがここは素材の新鮮どころ、

とれたての美味しい新鮮な素材を使った野菜料理、のいろいろ
これを知ると温泉、プチ断食より、あーーーー野菜食べたい、となるのです。

宮崎の都城は鹿児島空港から格安で北海道、沖縄、東京、往復 2万ほどでスカイマークで全国からこれる
アクセス最高のところです。鹿児島から大阪は片道2800円のときもあります。ピーチで飛んで来れます。


今回都城 プチファスティング計画に巻き込まれた久保様のBLOGにぜひトントンご訪問ください。
ご持参された服もかわいいミセスのお洋服で、皆目がきらきら

東京人の目で見た都城の雰囲気はここから


SANA KUBO ブログ


とりあえず、
酵素を飲みながら、断食。。お腹すきませんよ、
2泊三日 お泊り、
YOGA,トリートメン、ト散歩、、温泉つき、手づくり石鹸つくりましょう!
鹿児島空港への送迎
で35000円ベース料金 (鹿児島空港までの交通費は別ですーとにかく鹿児島空港へ来てください)

皆様価格的にどうでしょう??


オプションは
アーユルヴェーダトリートメント 3時間半 x 日数
タイマッサージ 2時間 6000円
しょうがシップ、などなど
などなど
どれもみな追求したかたばかりの技術でおもてなしできるセラピストばかり

まだまだ討論会が続きます。

明日は久保様がアーユルヴェーダ体験をします。お楽しみに。。。

久保様のBLOGでその様子は拝見ください。


fastingbar_20130621174333.jpg
詳しくはここから→霧島の温泉とアーユルヴェダーのコラボ 35000円から

お問い合わせ






何回かのワークショップを終え、首のバスティはほんとに熱をほしがるのに絶句しています。

腰より2度ほどは十分高い、

腰でも熱い、耐え切れない温度なのに首はそれよりも確かに高い、

お客様は大丈夫なのだろうか???と本当に心配なのですが
問題ないみたいなのです。

やはり首も胴体と頭のジョイント部分、腰は足とのジョイントで
多くの神経や血管、組織が集まり、
首はコミュニケーションの第五チャクラで重要な部分です。

ここがほぐれるためにはなんと、わたしには耐え切れない温度で
腰よりも、確かに確かに、高い気をもって臨まないとなりません。


やはり男性のセラピストが日本ではひつようかなあ

インドでは一日では終わらないためにトリートメントの考え方に差があります。
そこを日本ではどうするか? が課題です。

ワークショップで体感し少しでもチャクラの感覚をつかめた
今回素敵なシェアリングできたセラピストさま、

ぜひ100人目指してください。

一人ひとりのトリートメントの感想、反省、お客様のリアクション
100書き留めてください。

そうすると、いつも新しい気持ちで施術に望めます。
レベルアップします。

バスティはまず人のチャクラと自分の存在の立ち位置を確認する
場でもあります。

集中力を鍛え、センタリングし、自分の丹田を締めて、

第三、第4とそして腕をとうり、親指をとおり、

相手の第一第二へ

繰り返し行われる動作の中に、神聖さのバリヤーに包まれたら
そのときは
必ずお客様も感じているはずです。

その喜びをぜひ体感してください。
 

100がんばりましょう!