アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

 > アーユルヴェダ オイル

インドのエッセンシャルオイル いろいろ 

インドのエッセンシャルオイル いろいろ 

インドで花屋さんで花を求める時、日本で花を選ぶようにまず知っている花から見て行くのですが、人の誕生日や、結婚式で花束がどんどん山のように積み上げているのを観察すると知らない花々がとても多い、例えばチューブ・ローズ まるで房のような花がぎっしり束に伸びている、甘くて個性的な忘れられない香り、デリーに来てあまりの多さにいまさらながら驚いた、フランジュパニ、当社のアユール H,通称ハイビスカスオイルは原...

... 続きを読む

ドーシャに対するオイル、わたしなりの捉え方、

ドーシャに対するオイル、わたしなりの捉え方、

わたしのアーユルヴェーダの出会いは、シッダ医学の工場、そこに勤務されるアーユルヴェーダとシッダ医学の先生たちとの出会いから始まりました。また素晴らしいけれど、名もないセラピスト、数十年の間に絶対忘れることのできない彼女たち。このなんともいえない感動をシェアしたい一念でデリーのSPAを開店したのです。卸業に徹底し良質の素材を日本に送る、その仕事も重要ではありますが自分でオイルを扱って、もっともっと人...

... 続きを読む

* by sanakubo
稲垣先生
ありがとうございます
少し体感をもとに勉強していくと、ドーシャごとの区分けが私も無意味に思えていたところなのでしっくりと理解できました
ピッタ気質がメインの私ですが
久しぶりに風邪をひき、
咳込む(ヴァータ)の乱れと
痰が絡む 水気質(カファ)のバランスが悪くなっているのを体を通じて感じます
だからその時々、症状に応じたアドバイスや施術が必要になりますね
ドーシャごとにの考え方でその通りに行かないのが生きてる人間
だって生きてるんだものですね

ドーシャ タイプ別のトリートメント

ドーシャ タイプ別のトリートメント

ジグマ・アーユルヴェーダクリニックの新しく赴任されたモービードクターとの共感は忘れられない今回の滞在の一ページです。いまさらながらセラピストとしてスーリャ・ナマシカとプラーヤナムの大切さを懇々と話され反省もした私でした。モビーは雲という意味だそうで、インドでも珍しいといわれました。わたしのアーユルヴェーダのきっかけとなったサンデギリのスタッフの名前も多く知っており、ジグマクリニックに雲に乗ってこら...

... 続きを読む

ドーシャのバランスは食生活から始まる

ドーシャのバランスは食生活から始まる

シッダ医学とアーユルヴェーダ医学の差は、いろいろありますが、シッダ医学は生涯をとうしてのダイエット、アーユルヴェーダ施術のときだけでなく死ぬまで食をコントロールし定期的な断食を行う、アーユルヴェダーよりもっと不老不死、錬金術てきな考えなので少しストイックのようです。3つのドーシャのなかでワーターはムーブメントなので *私の体はピッタが主でxxxx)と*かカファが優勢でというタイプでもワーターは体中...

... 続きを読む

ドーシャ と アーユルヴェーダオイル 

ドーシャ と アーユルヴェーダオイル 

アーユルヴェーダをなるべく簡単に広げてみると、この宇宙があるということを仮定してそこにプルシャ(SPRIT)無というか神と言うか、永遠のカオスというか があります。そこに相反して プラクリテ (マテリアル)物体がある。スピリットとマテリアルは共通項がないのですがたとえばこれを男と女と置き換えると精神は単一では物体を生まないが、マテリアル(子宮)と一緒になって物を生み出す。それが最初の知性 知性はエ...

... 続きを読む

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence