キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
デリーのアーユルヴェーダスパが開店して9ヶ月がたちました。
アーユルヴェーダの実践という試みでわたしにとっては生まれて初めての試み、いったいどうな風になるのかケセラセラのわたしでも
年齢を考え合わせるとリスクが大きい一歩でした。
ひとつは日本でセラピストが育たなかったこと、形式主義にとらわれてその囲みの中からどうしても踏み出せないセラピストを
実演して、では同じ立場になればわたしもその痛みや、形に流れるサロンの苦しみを理解できるかも、と感じたのが大きな理由です。
自分というものはなかなか変えることができません。服を着替える、眼鏡を変える、場所を代える、これはお金や時間が有れば簡単にでき、いかに纏うかが必須となります。
アーユルヴェーダは自分を掘り下げてゆくので、まとうものではありません。時間や場所は景色が変わるように自分の周りで変化してゆくだけで中心の自分は(肉体もまとうもののひとつ)歩けていない、そう考えると人間の魂は進化していないのです。
時などない、まやかしといえます。全ては風景と実感したときではどうやって自分をちがう他の人間に、つまりより良い人間にすすめるか、生命の化学とはそうゆうものではないか?と思うのです。
文化は流動的です。アーユルヴェーダは新しい時代の人間によって新しい文化として再び認識されなおさなければただの上っ面のレッテルです。
わたしがこのニューデリーの日本人が多く集まるホテルでいわゆるシローダーラに代表されるアーユルヴェーダをしていたらどうなっていたか?たぶん半年もたなかったでしょう。

人間が集まるとき、集客というツールに2つのオプションがあります。
新しいものや、特異なもの、人気が有るものをコアにする。
その場所に良いエネルギーの次元を作り出す。

わたしの場合は良い磁場作りができたのがひとつの小さな成功です。
どうしても自分で自分の提唱するアーユルヴェーダを実践したかった、そのエネルギーが、わたしの最初のスタッフに伝播し、そしてまた次のスタッフに、小さな火ですが少しずつともってきました。

インドで起業は甘くないです。
誰にも頼らないで自分の力でやってゆくことを思い知らされます。
孤独に強く
ケセラセラ

このインドはゼロを知っている国です。
それはNOTHING,何もないということ。

作り出すエネルギーがない人間は自動消滅かも。

なぜこの国にとどまることになったか、自然な流れかもしれません。

スポンサーサイト
いろいろな国と縁があり、仕事があり、人との交流があり、なぜかインドに定着しました。中国で展示会に出品したこともあり、バンコクの友達に物件を探していただいたり、韓国の友達とさあ、韓国でと思った矢先に朴大統領の一件で中止になったところで突然で避けていたデリーからこの話が舞い込んできました。
とりあえず、9月は無料でトライアルでした。サロン経営未経験のわたしがどこまで持続してお客様をトリートメントできるか?
不安だったからです。教えることと卸業務だけの経験から一人のマッサージ師としてやっていけるか、新しい未開発の自分です。無事70名ほど2週間でこなすことができ11月の開店の運びとなりました。

箱からつくりあげるのが苦手なので一人でスタートです。さあどうなることやら、こつこつ努力しかありません。
15日はとても日が良いということでヒンドゥーのしきたりにのっとりプージャを行いました。

ガネーシャ

額にお米と赤いしるしをつけ参加して頂いたかたたちと紐を手首に結んでとても大向きがあるお祭りでした。
プジャ


ニューデリー アバロンコートヤード スルタンプール メトロ近く 
アーユルヴェーダサロン アユールウエルネス

info@ayure.jp

avalon デリー room 2

心に残るトリートメント、それがアーユルヴェーダの基本です。アビヤンガや経絡マッサージ、アロママッサージ、タイマッサージいろいろなカテゴリーはありますが基本はモチベーションであり志です。
高知の癒しのそら様はいままで多くのことを学んで来られ、また当社のアーユルヴェーダのコアを伝えてくださっている
日本のサロンです。今年から正式にスクールを展開されており、そのサロンの名前をニューデリーにも頂くことになり、
癒しのそらがこのニューデリーのドライな空気のなかでどのような歩みをしてゆくのかは、わたしの責任であると思っています。
シローダーラは行っていません。シローダーラやピリチルは南のインドでは行うことが可能です。このデリーでは不要なオイルを下水などに流すことはわたしにはできないからです。シローダーラが無くてもアーユルベーダの心は伝えることができるのです。本当のアーユルベーダとはなにか?は人生の課題です。

ニュデリー アバロンコートヤード アーユルヴェーダAYURE WEllNESS 癒しのそら OPENavalon デリー アーユルヴェーダ
アヴァロン いやしのそら

月日のたつのは早いもの、あっというまに人生後半になりました。
生きているうちに打ち込めるもの、人生をかけれるもの喜びをシェアできるなにか、を探し続けてそれがたまたま
アーユルベーダ的生き方でした。
インドだけにとらわれず人それぞれにアーユルヴェーダをもとめる火の様なものがあり、それに気づくか気づかないか、
見つけた人はもっと火が大きくなるようにシェアリングしてゆけます。

ひょんなきっかけからここアバロンコートヤードでサロンを開店することになりました。アーユルヴェーダサロンといえば
精神的な意味ではアーユルヴェダ、です。
アバロン デリー サロン1


日本に根付くアーユルヴェーダを模索してきた私にとってはアーユルヴェーダのコアを伝えてゆくサロンを目指しています。

南で習った、中国でならったマッサージがここ北インドで受け入れられることは逆輸入でとても不思議な気持ちです。
インドの方が日本人より喜ばれるのがおかしくなります。

経絡を経穴を温熱で通してゆきます。すべての材料はアーユルヴェーダで南のジグマクリニックから届いたもの、
ここではモリンガのサプリもオーガニックで販売してゆきます。

アーユルヴェーダのさまざまなオイルもすべて輸入は難しいのでここで使用します。

ニュデリーのメトロスルタンプールからすぐ歩いて5分なので便利です。日本印向けのアパートメントホテルです。

これからここでいろいろな経験を積み、レベルUPしてゆきたいと思っております。

AYURE WELLNESS アユール ウエルネス
アバロンコートヤード
メトロ スルタンプール 

グルガオンから車で15分、

お問い合わせは

info@ayure.jp
インド携帯:844-7649-778