キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本でアーユルヴェーダが根付かないのはとても残念、と思いますか?

9月の大阪での上馬場先生の講習会は食とアーユルヴェーダについてでした。20人ほどのこじんまりした集まりでしたが、とても有意義なお話でした。
上馬場先生は日本のアーユルヴェーダを支える地道な努力をされているわたしの尊敬する一人でもあります。
食というテーマを持ってきたことでアーユルヴェーダ=インドという枠組みを越え、そのなかでも家庭の中の母親がまさしくアーユルヴェーダを実践する、すばらしい教師の1人であることを話され、アーユルヴェーダというあまりにも包括的な言葉や技術に目くらましされるのではなく、実際はこの手元の生活に実はあるんですよ、とお話されました。
たぶん11月の六本木であるアーユルヴェーダ総会は上馬場先生が大会長なので、今回の食をもっと
いろんな方向で表現されるに違いないと思います。

先生のおっしゃるようにアーユルヴェーダは日々の生活の中に、(埋もれているかもですよ!)あります。

わたしもアーユルヴェーダはいわゆるインド風であってはならないと感じている1人です。
インドで何を感じるか? アーユルヴェーダで何を受け取るのか?

最近若い方が自分の存在に不安をもたれている人が多いのに驚きます。
自分で感じるより、洗脳してもらい、自分から洗脳することにより寄生しているような。。それはこの世の中に存在している安定感は決して与えられません。寄生はしばしのあくまでも寄りかかりなのです。
インドに行ってアーユルヴェーダスクールにはいれば何かに成れる、なにかできそう、何か違う自分になれた、
シローダーラやネトラバスティのメニューがあるアーユルヴェーダサロンです、
それは大きな誤りです。

だからわたしの講習会に来る人はいろんな講習会やスクールでお金と時間を沢山使った人に参加していただくと、イチバン良いかもです。

インドは人間と神々がひしめき合っています。エネルギュシュに生きてます。

死は新鮮で、病も、身近な出来事です。いろんな匂い、表情は全て他者ではなくワタシにむけられるので、ホテルやアーユルヴェーダの施設に閉じこもらないで、もっと見、聞き、話し、笑い、泣く、怒ること、その中で自分を拾う事ができると思うのですが..
自分を拾って、認めて、愛して、それからがアーユルヴェーダの始まりです。

キリの施術は
皆最初は受けて側に回って、簡単!簡単!と思うのですが、キリの温度差をセンサーのようにチェツクする感覚を体で覚え、決まった時間内にクライアントのポイントに熱を入れ込む、独特の日本的キリは、今まで何人もDROP OUTしています。
体で覚えるまでに化粧はすっかり落ち汗どろどろなのでそれも嫌な理由かも?!です。

キリの熱は愛情によって何倍にもクライアントの心と体を癒します。
その集中力と細やかな感覚と、決まった時間、を(もちろんお鍋の温度管理も)自分の物にしなくてはなりません。

アガスティア、シッダハの聖地であるナガルコイルから届いたハーブパウダーを真っ白のサラシにくるむときの神聖な魂。

神を信じ、神様からの愛情を感じなければキリはできません。

そうわたしにとってのアーユルヴェーダはキリを通して神様からもらった愛を表現できる唯一の存在です。お客様の施術後の幸せそうな笑い顔と、言葉がなによりもの力の源。
キリの大きな可能性はお客様から伝わってきます。

今回から講習会も自分自身を愛してもらうためにヒーリングセッションを加えてみました。
皆で手をつなぎ、同じパワーになるように、



スポンサーサイト
先日、ハイビスカス葉のパウダーと花のパウダーが入荷しました。
昔から粘りのあるものは体に良いとされますが、ハイビスカスの葉もこんなに粘るとは!
あの、葉からは想像できません。
ここでハイビスカスの葉と花の効果です。
ハイビスカスが多く取れるところで言われているのは
そのヒーリング効果です。エモリエント。
たとえば、ハイビスカスの葉のパウダーを練り、熱を加えて、足の割れたかかとに塗る。
傷口に塗る。おできなどに塗る。
冷やすことに力があり表面の血を冷やし流し、毛穴を開かせる。
日焼け、熱を持った痔にも効果的、だそうです。

ヘナの粘りは重く、ハイビスカスの葉の粘りは軽いけれど、粘着力が強い。
沖縄の人が洗髪にフラーズアースとともに使用したわけが理解できます。



粘土での皮脂の汚れを浮かし、吸着をハイビスカスで洗浄する。ハイビスカスには油を取る力は弱いからです。人智とは素晴らしいものです。
アーユルヴェーダのハーブ(体に良い影響を与える植物や木)の組み合わせの絶妙さは、やはり人智を越え神様の域かなとも思います。
手持ちのシャンプーに例のごとく、気泡剤として考え、ハイビスカス葉のパウダーと花パウダー、
そして、シカカイを混ぜて振ると、今までにない粘度の強いシャンプーができました。
一般にシャンプー剤は粘度をつけているのですが、今までハーブパウダーを入れると、
粘度がなくなり、サラッとしてしまっていて使いにくい点がハイビスカス葉のパウダーで解消しました。
アムラの実とシカカイのサヤはシャンプー液の中でふやかされて、妙に気持ち悪くなりましたが
エキスたっぷり、のようなシャンプーになりました。
リタは割らなかったせいもあり、なかなかエキスがでません。


やはりドライアムラとシカカイは○ですね。
頭皮を活性化するためのレシピ作りはは面白いの一言です!
ハイビスカスで洗髪する習慣はインドではお目にかかったことはありませんが、
シカカイやリタがそのままの状態で水に一晩浸すだけですぐに使用できるからでしょう。

ハイビスカスエキスが養毛効果が高いと、アーユルヴェーダドクターは口をそろえて言います。
昔ながらの5枚花びらの赤いハイビスカスです。

以前沖縄のお客様から、昔沖縄の人々はハイビスカスで頭と髪を洗ってました。と伺ったことがあり、どうやって洗うのかな、とずーと疑問だったのですが、
このサイトで謎がやっと解明しました。

インドで是非TRYします。ひさびさに新鮮なドキドキを感じます。

なぜかというと、
リタやシカカイなどのハーブの浸出液をヘアダイしている人にそのまま使用すると、
髪が固まり、指がはいらないほど、きしみます。
アルカリヘアダイではシカカイ、リタは、結局続かないハーブとなるのです。
またヘナでは色が入りますし、
俗名カラーレスヘナの力は、軽すぎます。

アロエベラしかないかなあ、と一応そこの地点で止まっていたのですが、

化学染料で若い方の明るい髪に究極のトリートメントのレシピを作れるか、課題ができました。
また歩くことができました。

若い人たちの髪の薄い人が多くなって、とても残念だからです。
でも髪を明るくしたい気持ちもわかります。


そこで柔らかな効果の
ハイビスカス、フェニュグリークが用いられるのですが、
実際にハイビスカスで洗髪したことがないので、これはやらなきゃ、と思います!
驚いたのはハイビスカスの葉が粘着性があるということ、
ヘナに似ているではありませんか?
粘着力のあるものは昔から体に良いといわれており、
なかなかハイビスカスからも、まだまだ教わらなければなりません。

とにかく紹介していただいてとってもうれしいです。是非サイトを訪問してきてください。

ここをクリック、RIK 琉球INTERNET KINGDOM
クレイとの組み合わせが最良のようですね。

庭のハイビスカスは今新芽が出たところなので、残念使えません。
今月末インドへ行くので

カニヤクマリで挑戦してみます。

今日はハイビスカスとフェニュグリークとヘナとコーヒーで髪に塗布。
先入観ではなくハイビスカスを混ぜると体が冷えるような気がします、
皆さん、アムラオイル、を追いかけられますが、
当社のアユールHことハイビスカスオイルは、
フェニュグリーク(コロハ種子)とハイビスカス花エキスが豊富に配合されています。

本当はアムラよりインドではハイビスカスが養毛効果としては優先するのですが、
なぜか日本では宣伝効果もあり、アムラが養毛の救いの神のようで、
踊るマハラジャではなくて、TV宣伝に弱い踊るジャパニーですが....

冷やす効果のあるハイビスカス花エキスとコロハ種子エキスのコンビネーションは
アーユルヴェーダの基本でもあります。

冷やすという作用は細胞の分裂が行われているところほどより加速するらしくて、
ハイビスカスのエモリエント効果とヘナは理論にはかなっているわけです。

止血作用、収斂性の性格を持つハイビスカスは【ターメリックも同じ止血作用があります】
滋養強壮の性格を持つ、ハーブとの組み合わせで、強力な若返りをもたらすのです。

栄養が豊富なフェニュグリークを収斂性のあるハイビスカスがしっかり固定する、

そんな感じ。

トリファラが若返りのハーブで有名なのは、
ハリタキ、ビヒタキ、アラマキ【アムラ】が1:1:3の割合で配合され、
やはり同じ基本に基づいています。


だからアムラエキスのみのアムラオイルはアーユルヴェーダから見ると、片手落ちのオイルです。
アムラの滋養強壮を何かで締め、(サバを酢で締めるみたいに、うまみを固定する)なければ、
意味がないのです。

ハイビスカスのもう一つの効果は、女性の月経不順、痛み。ヒステリーなどの
神経の高ぶりを静める効果です。これから夏に最適のヘッドマッサージオイルとなります。
ガネーシャの花でもあるハイビスカスは第1.2のチャクラ 生殖器に作用し、
またローズととても相性が合います。

そんな角度から、滋養強壮のアムラと例えば冷性のターメリックなどでオイルを作ったとしたら、
やはり、ボディに使いたいオイルとなり、いろいろ考えた末、
私はハイビスカスとヘナ、フェニュグリーク、ローズオイルの組み合わせの
ハイビスカスオイルを頭皮のハーブオイルとして選んだわけです。

少しでもハーブの力とアーユルヴェーダの基本の概念がわかって頂ければ
うれしいです。

ハイビスカスオイルでシャンプー前のマッサージ、
当社のジャスミンブレンドパウダーでシャンプー(髪の短い男性にお勧め)
冷水でリンス
タオルドライ
アロエベラジェル

こんな感じが養毛、抜け毛対策アーユルヴェーダレシピです。

赤いハイビスカスの葉と花は養毛効果の高いハーブです。
3044892891.jpg


シカカイ、ベサン、リタ、はどちらかと言うと効果がはっきりしている反面、乾くという欠点あります。インドではアロエベラジェルにハイビスカスエキスをブレンドしたものがここ最近よく売られています。またアロエもそのムコ多糖類、豊富なビタミン群、伝統的に日本でも伝わっている素晴らしい修復作用は目が離せません。
今インドでヒットしているアロエベラとハイビスカスです。

アロエは当社もアロエベラジェルを販売しているのですが、頭皮、髪、肌の傷みすぎる人にまず相性が良いのがアロエベラ、とお勧めしています。
乾き、傷み、抜け毛のレシピ

柔らかなモイスチャー効果のあるハーブを組み合わせることでバランスをとってゆきます。
強い力のあるハーブは使用しません。ヘナ、リタ、シカカイなどです。
作用が穏やかなハーブから使い始めて、毎日気分が変わるように、
体質も変わりますので、変化に敏感になり、配合を変えてゆくことで勉強となり、
自分の体とおしゃべりできます。

ハイビスカスパウダー (葉)
アムラパウダー 煎じ液 
フェニュグリーク  パウダー
アロエベラゲル  アロエベラ水でもOK

ハイビスカスパウダーはわたしの養毛、抜け毛レシピでは頻繁に登場します。なぜなら日本人はインド人と比べて髪の毛を化学ヘアダイ、ワックス、シリコン系シャンプーとあまりにも地肌と髪を傷みつけているためハイビスカスが一番お勧めなのです。

リタ、シカカイ、などを使うと、そんな人の髪の毛は固まってぎしぎしになり、..大変です。

沖縄の方はハイビスカスとクレイで頭を洗っていたとお聞きしました。またそんな情報があればおしえてくださいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。