キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
たぶん、私は言葉について、とても大切に、選んで、
意味を噛み砕いた上で使う傾向のある人間だと思います。

だから今でもアーユルヴェーダとは?という???の答えが出てこないのです。

アーユルヴェーダとは?
という質問の投げかけに、命を科学する、という直訳、またはそれに近いものの満足できないのです。

リズムを持ち正しい生活を送る、という答えに近いとも感じます。簡単なことですが、出来てない日常のリズムです。

頭の中ではアーユルヴェーダとはなんだろう?どんなものだろう?と好奇心は一杯で、
ただ、経験は、切実に求めても
ある程度の時間と縁とタイミングと行動の接点であるので、
頭ばかりが答えが、出てこないストレスが発火した導火線のようになって、経験したい体をイライラして引きずっているのです。

愛という言葉に置きかえて、表現してみると

赤ちゃんのとき、愛なんて言葉は、文字の前に与えられるもので、
思春期になって、恋し、または愛して、裏切られて、結婚して、なんてころころローリングストーンになって、さて愛は? の答をなにがしら、肉がついてきて、
やっと死ぬ前に、苔むして、それぞれの愛の言葉を、結果として得てゆく、

それが本当の言葉、言霊であると思うのです。

けれど、巷に飛び交うのは、イメージばかり膨らんだ言葉のバルーンばかりで、
ストイックな私には受け入れがたいのです。

ヘナでデトックス、というキャッチコピーも理解できずにオウムのように唱えて、
アーユルヴェーダとは、ドーシャがアンバランスになりアーマ(毒)がたまり、それはカッパ、ヴァータ、ピッタ、の体質などなど、

なにかすべてを難しく、かた結びのようになり、

そんなものではないと思うのです。

もっと簡単でシンプルなもの、自然発生的なもの、

先に愛のイメージやイルージョンに漬かりすぎて、枠をはめてしまって、混乱させている。
そんな感じがします。

きちんとしたリズムのある生活の中に、生きて、神様から降りてくるタイミングを待つ、器のような
道具だと、感じるこのごろです。

だから頭は導火線のようだけど、忍耐強く、日々の仕事をこなしながら、経験を待っている、私です。
スポンサーサイト
2007年までと2008年からは、ぐぐっと方向が変わり、
わたしの船に乗っていたお客様は、いったい何が起こったのか?
いままでヘナ、ヘナ緑一色だったのに、漢方くさい、イメージは赤かな、
赤と緑に塗られた船になってしまって、戸惑ってらっしゃるようです。
でもこの舵は最初から予定していたことで、わたしの航海図にはちゃんと
航路が最初からありました。

扉に例えれば、アーユルヴェーダは大きな正面の扉で、ヘナはその横の窓という感覚です。
どちらから入っても部屋に入れるのです。

日本のエステ業界はどこに行くのでしょう?
エステはより、美容医学に近づき、気孔やマッサージはより健康医によるような気がします。
どちらにせよ、医師のカウンセリングや指導との接点が見えてきそうです。
これが統合医学となるものでしょうか?

個人的にはしみやシワで悩んでいる人には、美容外科に行くほうが、手っ取り早くストレスを軽減できるのではと思ったりします。

美容院はエステ業界とことなり、守られている柵のなかで仕事することができます。
中国や香港のように免許が無くても明日から開業できるとなれば、ある意味で甘やかされているサロンは、たちまち窮地にたたされるでしょう。

エステやカイロ、マッサージはとんでもない競争の中で、生きのびてゆかねばなりません


ここいろいろエステサロンを見させていただいて、わたし自身も企画書作りしながら
勉強させていただいてます。


日本では塗香と呼ばれる神聖な香り、
神社、寺。などに参拝するときに、皮膚に刷り込み、清らかな心と体になります。

インドから伝わったもので、当社ではメデテーションパウダーとして商品化してます。

WOODYな香りなのですが、とても神秘的で脳幹に透るようなトランスを感じます。

日本で15g 600円から1800円で、売られているようで、京都の高級エステサロンなどでも購入できます。

いろんな使い方があり、わたしが気に入っている使用方法は、

バスソルトとブレンドして使用。

バスソルトとブレンドしてパソコンデスクの前に少量を置くと、空気が神聖に清らかに
なるような

名刺入れの中へ、

たんすの中へ

外出するとき、服の上に(インドではこの使い方が一般的)

そしてもちろん、アヴィヤンガのときに、ブレンドして至福のときです。
痩せている人、特に背骨と皮膚のGAPがほとんど薄皮状態のかた
なにか大病をされて、筋肉、脂肪がないかたの施術は、ベースオイルを温め、しっかり手のひら全面でまずは、なじませます。

熱いキリのオイルを上手に手のひらで温度調節しながら、体を温めるように、マッサージします。キリを皮膚に叩きつける、マッサージする、置く、この繰り返しを、ゆっくり、やさしく行います。ダイナミックにすると、組織と骨が摩擦で毛細血管を傷めるからです。



脂肪があり、低体温で熱いお風呂よりカラスの行水タイプの方


低体温の方は体は冷えているのに、キリの熱さを受け入れることができません。
まず、暖めたオイルでアヴィヤンガをしたあと、仰向けからはじめます。腹部から
キリをはじめます。もちろん首にもおきます。


アトピーのかたは、最初からキリをしてはなりません。
ポイント部に置くキリからはじめ、皮膚の様子を見てゆきます。

すべての施術にヘッドマッサージそして、アヴィヤンガは不可欠です。

バステイを進化

シロダーラが日本で人件費の問題とオイル、また設備投資の面で高価な施術に
なるのに、それほどのリピーターを呼び込めない 

その点でバステイを重要視するところに行き着いたわけですが、
以前にキリのハーブの量が250gのところを、半分でと考えて、小さなキリで施術したことがありました。ところが冷めるのが早い、また施術が疲れる!
またバスティも小さく作ったこともありました。
でもどれもこれも片手落ちで、スタッフに
やはりいんど5000年の歴史は変えられない、と笑われましたが、
バスティはシロダーラに匹敵するかもです。

バスティに管を入れ、額からのオイルをその管に流すようにして、暖める作業を繰り返すのです。
これなら髪も油まみれにならないし、オイルの量もコントロールできます。

3月の課題となりそうです。
Shiro Dhara Vessel
image.gif

masumiさま

シロダーラのつぼ?です。
リクエストに応えて、show Up です。
No1No2が3L用、主に輸出用だそうです。
No3.4が2L
5が一般的なつぼ?だそうです。

キリのハーブの輸入が控えてますので、貨物に間に合うかもです。
つくづくわたしも眺めて、案外きれいなものですね。

インドの病院では結構使い込んでおりました。

そうでした!

下の桶もでしたよね。
いろいろあります。
カジャルを作る、オイルランプなども
お待ちください...
宮崎のさやかさん、訪問ありがとう!
キリやってますか?
すごくパワーを感じるので、またお会いしたいです。リンクしました。


アミちゃん、お疲れ様でした!!
やっと落ち着きました。
今回も、神戸、宮崎、遠方を本当にお越しいただきありがとうございました。
ヘッドマッサージから始まり、キリ、バスティ、詰め込みでしたが、
汗たらたらで、充実、してたと思います!
前回の30点から一気に70点くらいかなあ。とスタッフで反省会で採点しました。

最近シローダーラマシンの売込みが各社で、企画、競い合いがスタート。

シロダーラマシンとは?ということで
うちのスタッフの華さんが、2万円で市内のアーユルヴェーダサロンに体験しに参りました。

二万円でリピーターになるか?という答えは、いいえでした。

聞けばやはり、マシンに頼っている施術でしかないのでありました。
行ってアドバイスしたいくらいです。

シロダーラの時は、目にガーゼを当て、目隠しをします。
これには、オイルが目に入らないようする役目と、光を遮断することができます。
今は花粉の季節なのでティトリーなどを含ませる心遣いもGOOD!

オイルを額のチャクラにあて、右左にゆっくり振ります。
仮にこの動作を省いても、頭皮に流し、指でかくように流します。

もっともっとあるのですが、シロダーラがそんなふうに扱われるのはとっても悲しいことです。

いままでのエステサロンはクレジットを組ませることが目的でした。
先に形ありきの枠にお客様を、詰め込む、勝負の世界でした。

お客様を一回で食べてはなりません。鉄則です。

どこまでわたしのポリシーがビジネスの世界に通用するかわからないけれど、
来月は、なんとなくいくつかのサロンの建て直しと交通整理に奔走しそうです。


アーユルヴェーダのキリの施術を始めだしてから、
とても火について想うようになりました。

少し話は違うのですが、
昔埼玉と大阪に住んだことがあって、
ノイローゼ気味になったことがありました。なぜかというと、海がないし、遠いからでした。
最初はまったくそんなこと気にも留めなかったのですが、
そこで暮らしてみて、自分の意外な繊細な部分に驚きました。


わたしがお世話になるカニヤクマリのホテルはすぐ海なので、
一晩中、波の音が聞こえます。
そして波の音と、日の出で起きるのです。最近いつもカニヤクマリの波と海が
わたしの後ろに存在しているような気配がします。
シローダーラのときにも波の音が聞こえるので、
脳に刷り込まれたかも?!
毎晩のシロダーラですもの。

もうひとつ私の中でインドの強いイメージは火です。
家の中で食事を作るための、くべた火
ヘナの葉を取ったあとの枝を焼く火
道端の片隅でチャパティを焼く火
停電のとき真っ暗なエレベータでともすろうそくの火
とにかく生の火が身近にあります。
もちろんキリも火を使います。

インドにはとても火が、原始的な火が多い。

日本へ帰って、燃え盛る火を見ることがなくなりました。
良いことか悪いことか、わかりませんが、
キリを熱するのも確かに
IH調理器の保温は便利です。
でも、火がないことに思いをはせると欲求不満が頭をもたげはしないですか?
7月インドへゆくと、美味しいマンゴーそれも完熟が食べられるのがまたひとつの楽しみ。
最悪なのは、車でアグラーとか、ジャイプールへ行くとき、熱すぎてクーラーが効かないか、
また砂嵐のような風にふきつけられます。

この季節によくデリーの通りの街路樹?
の木の下にざるに黒いフルーツを入れて売っている人をいろんなところで見かけます。
まずい味なのに案外高くて、いつもなんだろうと思っていたのですが、
南インドへ行ってやっと判明しました。
糖尿病のフルーツだったのです。PICTURE 246

これには面白い話があります。
そのときは三人のお客様が同行しており、
そのうちお一人が糖尿病で、(私は知らなかったのですが)
三人ともこのフルーツを食べ、舌がしびれるくらい苦い、まずいだったのに
彼女のみ、平気だったのです。
ウッソーみたいな驚きでした。

またステビアの葉とギムネマの葉をだされて、
最初ステビアを噛んで、もちろん甘い、
次にギムネマを噛んで、なんともいえない苦さ
そしてステビアを噛む、
甘みが少しも感じられないのです!

ギムネマが砂糖を吸収するのか、変えてしまうのか、
不思議な体験でした。
一年くらい、インドと日本を毎月のように通っていたことで皆様とのコミニュケーションが
とれず、何をしているのか、無責任、と思われたことでしょう、また突然アーユルヴェーダを
始めます、なんて予告もなしに11月からハーブボールを持ち出し、皆がわたしが、ヘナは飽きたかな、
という声もありました。
ヘナには飽きてませんが、たぶん理解してしまったので(80%以上は、)
最初の目的に遠周りでしたけれど、着いたところなのです。

ヘナははっきり言って、インドのアーユルヴェーダでは重要視されてはおりませんし、
またそれほど当たり前のハーブになっているのです。

だから予防すること、いつまでも若くいることは、アーユルヴェーダの中の
ただひとつのヘナだと感じています。

安心してください、ヘナには飽きておりませんから、11月、ニ年前アンベール城へ上りましたね。
このときと同じ気持ちです。
P7010543.jpg

レイクパレスは見事に水が干上がっていましたが、アンベール城は、忘れることのできない
思い出です。
キリがゆっくりスタートし始めました。
みんな神聖なキリをつくるのが上手くなりました!
P1020973.jpg

今年どんな形まで広がってゆくか楽しみです。
美容室でのプチキリ、
エステ、リフレでのプチキリから本格派まで、
またカイロ,整体、お灸、をされている人たちの中へ
そして家庭の中に、
P1020970.jpg

こんなパンフをA4の半分見開きで作ってみました。
サロンはバックシャンプーのとき熱いタオルの代わりに、キリを置いたり、
ヘッドマッサージプラスデコルテのキリまでが美容室での範囲かな、
P1020972.jpg

本格派は
こんな感じ
specialkizhi.jpg
大切なエクステがいつまでもイキイキ!アロエベラジェルに感激!
P1020969.jpg


ちなみに80mlお試し1680円、業務用別500ml
::::全成分表示::::
アロエベラ液汁-1
キサンタンガム
安息香酸Na
無水亜硫酸
メチルパラペン
::::::::::::::::::::::::

わたしの体を包む皮膚が一番喜ぶのが、アロエベラジェルとハーブオイルです。
アロエベラジェルは当社の体感する商品中、3位なので、このムコ多糖類のプルプル感
を知った人は、手放せないのです。
毎日いろんな情報を皆が電話してきてくれるので、良いことも悪いことも、しっかり受け止めております。

熊本の瀬高の理容店のお嫁さんなのですが、(いつもお世話になっております!)
人毛のエクステをつけてらっしゃるのですが、サロンで勧められるどんなトリートメントより、
アロエベラジェアルが巻き毛がきれいに巻き、持続力もあり、一番ビックリしたのが、
朽ちない、もちろん生きていない髪の毛ですので、いつまでも元気だそうです。

ひとつの課題があります。
香り、特に若い世代は化学のかおりにエネルギーが持ちこたえれるため、
化学のいわゆる良い香りが条件となります。
でも
アロエ=アロエ液汁-1なので油性ではありません。
なのでESOとの相性がすっごく悪い、
プロペラで混ぜても混ぜても上に分離してしまいます。

油と水を仲良くするには界面活性剤がいるのです。
いろんな種類の界面活性剤がありますが、
来年の夏ころには答えだしますね!お待ちください。

防腐剤ももちろん入っています。アロエほど腐りやすいものはありません。
ただし、パラペンだけが防腐剤だと思い込んでいる人が多くいらっしゃって、
パラペン拒否されるのですが、
ここのサイトなどは防腐剤についてよくわかりやすい説明されているので、
ご参考に
また腐ることは許されないので最低限の防腐剤は必要です。
パラペンとフェノキシエタノールここをクリック→セルフケアクリニック