アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

 > 2008年09月

新規開拓 シガーホテル

新規開拓 シガーホテル

今回インドが初めてというお客様2人、全5人でのカニヤクマリでしたが、やはりインドになじめない御様子でした。スパシスのにおい、雑多な人間の多さ、じっと見つめる大きな眼、トイレの形と位置。わたしが南はまだ良いところですよ、北はこの数倍忍耐が必要です。というと信じラレナイとめまいを起こされたほどです。いつもはマデニホテル約3000円に泊まるところをここらあたりで一番高いホテルシービューにしたのに、まだ落...

... 続きを読む

朝鮮アサガヲ デトラアルバ

朝鮮アサガヲ デトラアルバ

華岡青洲の妻、を最近また機会があって読むことになりました。高校生の娘の夏休み課題図書だったのです。徹底的に下調べをした上で個々の登場人物の性格をたくみに描ききる、紀州の有吉佐和子節にまた改めて感心しつつ、またこの本がわたしの手元に降りたことの偶然もまた縁のような気がします。青洲の父である直道はいわゆる赤ひげなのですが、その元に嫁類まれない於継に佐和子がこう語らせる場面があります。商家の女も医者の妻...

... 続きを読む

シッダにおけるホメオパシー

シッダにおけるホメオパシー

インドの土地を踏むと、エネルギーが満ちているのを感じるのはわたしだけではないと思います。だから、この地が宝箱と直感する人はなにかに引かれて彷徨うことも起きるのです。アメリカインド星占術の第一人者とも言われるダス ゴラバーニも統計学に基づいたこのジョーテッシュに触れたとき、ビジネスの直感を感じたのでしょうか?ドイツのハーネマンの名で知られるホメオパシーですが、インドのシッダ医学にその根はあります。ユ...

... 続きを読む

香港にて

香港にて

香港で感心することは、銀行、麺屋さん、棺桶屋さん、金魚さん、黄大仙の占いまで、統合され、組織化され、合理化されていて、実に手際が良く人々をさばいてゆきます。人は用を済ますため飲み込まれ、処理され、押し出され、あのスカイクレイパーの中にきえてゆくのでしょう。田舎で暮らしているわたしには想像できない生活。貧富の差が大きいことをインドとは異なる形で見せつけます。香港にアーユルヴェーダが入る道は何回訪れてもない...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence