キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。


ジグマ7日間頭皮活性化レシピ  ■■アーユルヴェーダレシピ ■■

基本の考え方、
せめて頭だけでも化学的なものをシャットアウトする。
7日間で基本的な地肌の改善を目指します。



■■■ アーユルヴェーダSHAMPOO ■■■


1. 手持ちのシャンプーを気泡剤として考える。
泡がないと汚れが落ちた気分がしない文明人にまず最初のレシピです。

アーユルヴェーダシャンプー作り

200mlほどの空ボトルを用意します。
ここにジャスミンブレンドパウダーとハイビスカスリーフパウダーを大匙一杯ずつ
入れます。まずパウダーが先です。葉書かなにかで漏斗状のものを作ると簡単に粉はボトルの底に
沈みます。


そしてアロエベラモイスト50mlを注ぎ、ここでよく振ります。
次に今お使いのシャンプーを今パウダーとアロエモイストを入れたボトルに100mlほどまで入れます。
一週間ほどで、ハーブのエキスが化学のシャンプーに溶け出て茶色に変化します。
そこで残り50mlのアロエベラモイストを注ぎ上下に動かしハーブ液を全体に行き渡らせます。
慣れてくればシャンプー剤を1/3まで減らします。

■■■ムコ多糖類アロエベラジェルで洗い流さないトリートメント■■■

アムラエキス入りのアユールKで頭皮マッサージ、少なくとも10分から一時間放置が望ましい
先に作ったインドハーブ入りのシャンプーで洗った後、

:::::::::::::しっかり洗えて、しかも泡切れがよいのに驚かれるかもしれません。
すすぎ、タオルドライします。水気をしっかり取った後、
アロエベラジェルを2回プッシュとって、地肌にマッサージするようにつけます。
少ないと思われればまたプッシュして塗布します。
アロエベラの修復力を利用します。
髪の乾燥がひどい人は髪にも伸ばします。
湿りがある髪や地肌に塗布するのがコツです。
乾かします。


■■■頭皮に効果的な18種ハーブエキス配合のアーユルヴェーダオイルで栄養と活性化■■■


アムラエキスの配合されたアユールKで、
シャンプー前の頭皮マッサージ
かならずオイルマッサージはたっぷりと、シャンプーする日のお風呂に入る前、少なくとも浴室に入ってからでも先にオイルマッサージするのが効果的です。

このSETで約3ヶ月分です。

ジグマハーバルSHOPへ戻る

■■インドハーブシャンプーを手作りする■■

スポンサーサイト
先日、ハイビスカス葉のパウダーと花のパウダーが入荷しました。
昔から粘りのあるものは体に良いとされますが、ハイビスカスの葉もこんなに粘るとは!
あの、葉からは想像できません。
ここでハイビスカスの葉と花の効果です。
ハイビスカスが多く取れるところで言われているのは
そのヒーリング効果です。エモリエント。
たとえば、ハイビスカスの葉のパウダーを練り、熱を加えて、足の割れたかかとに塗る。
傷口に塗る。おできなどに塗る。
冷やすことに力があり表面の血を冷やし流し、毛穴を開かせる。
日焼け、熱を持った痔にも効果的、だそうです。

ヘナの粘りは重く、ハイビスカスの葉の粘りは軽いけれど、粘着力が強い。
沖縄の人が洗髪にフラーズアースとともに使用したわけが理解できます。



粘土での皮脂の汚れを浮かし、吸着をハイビスカスで洗浄する。ハイビスカスには油を取る力は弱いからです。人智とは素晴らしいものです。
アーユルヴェーダのハーブ(体に良い影響を与える植物や木)の組み合わせの絶妙さは、やはり人智を越え神様の域かなとも思います。
手持ちのシャンプーに例のごとく、気泡剤として考え、ハイビスカス葉のパウダーと花パウダー、
そして、シカカイを混ぜて振ると、今までにない粘度の強いシャンプーができました。
一般にシャンプー剤は粘度をつけているのですが、今までハーブパウダーを入れると、
粘度がなくなり、サラッとしてしまっていて使いにくい点がハイビスカス葉のパウダーで解消しました。
アムラの実とシカカイのサヤはシャンプー液の中でふやかされて、妙に気持ち悪くなりましたが
エキスたっぷり、のようなシャンプーになりました。
リタは割らなかったせいもあり、なかなかエキスがでません。


やはりドライアムラとシカカイは○ですね。
頭皮を活性化するためのレシピ作りはは面白いの一言です!
アユール A 使用方法 ( 3150円税込み 内容量:100ml )


ボディ専用オイル:::::::::::::ローズの香り:::::::::::::::::::
ayureaimage.jpg


アユール A *アムラエキス配合*  カルヴァラムパタイ ティラム
タミルナドゥ州で実際シッダハのオイルとして人々に愛用されています。
インドではココナッツベースですが、日本では秋から春にかけて固まる事と、冷性のオイルのため
ワータが促進される可能性があり、日本人向きにゴマ油ベースに変更し、アロマの効果を期待し、ローズの天然エッセンシャルオイルを配合しました。ローズはエッセンシャルオイルの女王といわれます。精神的な悩みや、悲しみ、怒り、嫉妬を癒す力があるといわれます。また昔から男性の官能的な気持ちを引き出す媚薬としても古代から愛されてきました。全配合成分はここから

ひとこと TIP
ヨーロッパの人々は古くからハーブオイルを体に入れることが若さを保つことを知り、オイルに抵抗がありません。インドの高級なアーユルベーダセンターは高齢のヨーロッパのご老人で一杯です。
ヘナの力を体感している人は、ヘナのエキスが髪を一杯に満たすことで髪が元気になることをご存知です。年をとると、ワータが強くなり、簡単に言えばスカスカになるという現象が現れます。アーユルヴェーダオイルは皮膚から体内に浸透し、ヘナのように何かを満たすのかもしれません。
このアユールKは、素材から、製造まで人の心が入ったオイルです。インドのセンターでは一回の45分マッサージにこのオイル1本使い切り、6日間そのマッサージは続きます。


ポイント  1
家庭でのアーユルヴェーダの処方は決して、強く押したり、もんだりはしません。ただ気持ちのままに
やさしくマッサージします。毎日繰り返すことが大切です。

::::::::::::::::::初心者向け レシピ::::::::::::::::
 アユール A はボディ専用のオイルです。

塗布するところ、と時間帯

お風呂に入る前、

①老化が始まった前首、腕、ふくらはぎにオイルをたっぷりとつけマッサージします。
サロンでの使用は全身に使用できます。
お風呂にはいり暖かなお湯で軽くマッサージした後、湯船に入ります。
サロンではスチームバスします。
その後、ハーブで体のオイルを落とし、清潔なかけ湯をします。

お風呂から上がった後、

全身にオイルをなじませます。体が温かいうちですと、吸収もよく、肌に
浸透します。

就寝前のヘソの中、足の腹に塗ると長生きするといわれます。


日本人はカッパ、ワータタイプが多いといわれます。
アユールK は主に関節系、首の痛みへインドでは用いられ、またアユールAは免疫力を高める
ための予防オイル、また肌の若返りとして用いられます。


ジグマ ハーバル レメディーズ shop へ戻る



アユール A 全成分表示です。 全17種類  ジグマハーバルレメディーズSHOPへ
  
①ごま油
②コショウ種子エキス
③ウコン根エキス
④ショウガ根エキス
⑤ミロバラン果実エキス   ( ハリタキ )
⑥アンマロク果実エキス   ( アムラ )
⑦セイタカミロバラン果実エキス ( ビヒタキ )
⑧ショウズク種子エキス ( カルダモン )
⑨ニクズク種子エキス ( ナツメグ )
⑩イワベンケイソウ根エキス
⑪クミン種子エキス
⑫イノドンエキス
⑬オランダビユ種子 エキス
⑭セイヨウアカネ根エキス 
⑮サンシキスミレエキス
⑯ビャクダンエキス
⑰ローズオイル

SHOPへ アユールA使用方法へ
アユール K 全成分表示です。 全18種類  ジグマハーバルレメディーズSHOPへ
①ごま油
②アロエベラ液汁-1
③コショウ種子エキス
④ショウガ根エキス
⑤ミロバラン果実エキス   ( ハリタキ )
⑥アンマロク果実エキス   ( アムラ )
⑦セイタカミロバラン果実エキス ( ビヒタキ )
⑧ショウズク種子エキス ( カルダモン )
⑨ニクズク種子エキス ( ナツメグ )
⑩イワベンケイソウ根エキス
⑪キャラウェイエキス
⑫カンゾウ繊維エキス ( リコリス )
⑬コロハ種子エキス   (フェニュグリーク )
⑭アスパラグスラセモススエキス (シャタバリ )
⑮メリアザジラクタエキス (ニーム)
⑯サフランエキス   
⑰乳脂
⑱ジャスミンオイル

shopTO.jpg
■アユールK使用方法へ■
アユール K  使用方法 ( 3150円税込み 内容量:100ml )

ヘッド、顔中心部、ボディ、マルティプルオイル:::::::::ジャスミンの香り::::::::::
まずはお休み前に首の後ろへ、翌朝の軽さを体感、または外反母趾などに
massagefoot.jpg



アユール K *アムラエキス配合*  カルヤタルメニ ティラム
タミルナドゥ州で実際シッダハのオイルとして人々に愛用されています。
インドではココナッツベースですが、日本では秋から春にかけて固まる事と、冷性のオイルでかつ
ワータが促進される可能性があるため、日本人向きにゴマ油ベースに変更し、アロマの効果を期待し、ジャスミンの天然エッセンシャルオイルを配合しました。ジャスミンはエッセンシャルオイルの王といわれます。沈んだ気持ちを引き上げ自信を与え、また子宮の収縮をうながし、産後のマタニティブルー、生理不順などにも効果があるといわれる高価なオイルです。また昔から男性の官能的な気持ちを引き出す媚薬としても古代から愛されてきました。南インドへ旅行すれば、まだつぼみの朝露が残るジャスミンを売る人や女性の髪に飾られたジャスミンを年齢問わず見かけることができます。全配合成分はここから

ひとこと TIP
ヨーロッパの人々は古くからハーブオイルを体に入れることが若さを保つことを知り、オイルに抵抗がありません。インドの高級なアーユルベーダセンターは高齢のヨーロッパのご老人で一杯です。
ヘナの力を体感している人は、ヘナのエキスが髪を一杯に満たすことで髪が元気になることをご存知です。年をとると、ワータが強くなり、簡単に言えばスカスカになるという現象が現れます。アーユルヴェーダオイルは皮膚から体内に浸透し、ヘナのように何かを満たすのかもしれません。
このアユールKは、素材から、製造まで人の心が入ったオイルです。インドのセンターでは一回の45分マッサージにこのオイル1本使い切り、6日間そのマッサージは続きます。


ポイント  1
家庭でのアーユルヴェーダの処方は決して、強く押したり、もんだりはしません。ただ気持ちのままに
やさしくマッサージします。毎日繰り返すことが大切です。

::::::::::::::::::初心者向け レシピ::::::::::::::::
 オイルのべとつく感じになじめないタイプ  肩こり、ストレスへ

塗布するところ、と時間帯

お風呂に入る前、

①(髪と地肌へ)**シャンプー前のオイルのお勧めです。
抜け毛、フケ、ストレスへのアドバイス
シャンプーする日はなるべく早めに地肌と髪にオイルをなじましておきます。
頭の上あたりの地肌と、後頭部の地肌にオイルをなじませ、軽くマッサージしておきます。
傷みや乾燥にはアロエベラジェルと混ぜて地肌と髪に塗布します。
②(耳 )
耳の中は綿棒にしみこませ、耳垢をとるように塗ります。
耳の後ろから首にかけてのパートにもオイルをなじませます。
耳の中はお風呂から上がった後、余分なオイルをもう一度軽く綿棒でやさしくとります。
南インドでは耳が遠くなったとき、鼻づまり、肩こりなどの予防とケアに愛用してます。

③( 鼻 )
鼻すじから頬あたりてを軽くマッサージ目に入らないように気をつけてください
鼻の中へオイルを浸み込ませた綿棒で軽く塗布します。
南インドでは鼻づまり、後頭部へのオイルマッサージとともに併用して愛用されます。

お風呂から上がった後、
④首の後ろ、 オイルが気になるようでしたら枕にタオルを敷いてお休み下さい。
⑤肩  気になるようなら軽くふき取ってください。
⑥足の指 腹、かかと、アキレス、甲  綿や、シルクの靴下を履いてもお休みになれます。
⑦外反母趾の痛みのところと甲の筋へ朝晩。

上記はあくまでも初心者です。①~⑥までのうち1つから取り入れてみるのもよいでしょう。
アーユルヴェーダオイルが少しでも体感できたら、
後頭部、首の後ろ、軽く全身へ、とお風呂上りにマッサージを行ってください。

日本人はカッパ、ワータタイプが多いといわれます。
アユールK は主に関節系、首の痛みへインドでは用いられ、またアユールAは免疫力を高める
ための予防オイル、また肌の若返りとして用いられます。


ジグマ ハーバル レメディーズ shop へ戻る


今月5日日曜日、福岡でクリシュナ U.K先生の講演会があり、参加いたしました。
まるで先生のお話をきいていると、日本語ではなくそのままインドの言葉のように聞こえました。
発音、イントネーション、言い回しではありません。
争点をはずさない、説得のあるディベートのインド風味という、根がしっかり認識できて、なぜかうれしくなったのです。
本物のアーユルヴェーダの真髄をまさか日本語で拝聴するとは、聴く直前まで知りませんでした。
アーユルヴェーダは素晴らしい人生読本あり、ビジネスマインドあふれる、宝の書物です。
ビジネスビジネスしているか、ではなく、人間を導くためにはどんな道を、どんな歩き方で,
速さはこんな感じで、自分の体と心を信じることの大切さを説きます。
講演会に飛び回られているクリシュナ先生に心からエールを送り、日本でどんな形かで
アーユルヴェーダが根付いてくれることを期待します。

お勧めの本
アーユルヴェーダの強壮学
これこそ基本のアーユルヴェーダです。ヴァータ、ピッタ、カパ、アーマ、ドーシャも必要ですが
この鼎を踏んでおいてほしいです。
ただ、もはや本屋にはなくなっているようで、7冊のうちこの4冊しか手に入れることができませんでした。30000円のプレミアムがついている本も!