アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

 > 2009年03月

沙羅双樹【菩提樹】

沙羅双樹【菩提樹】

沙羅双樹の木、日本では寒いので育たない木ですが、仏教徒が多い日本人にはとても親しみのある名前です。さらそうじゅ、でも ぼだいじゅ 声に出して響くとなんともいえない奥深い静謐さがあります。この沙羅双樹の樹脂、シッダの世界ではハーブです。リユウマチの痛み、疝痛、腰痛に、とても効果があり、(あくまでも西洋医学のような切れ味を意味するものではありません)リラックスさせる、というのです。今前回もお知らせした...

... 続きを読む

ニームオイルの体感

ニームオイルの体感

ニームパウダーや、ニームの葉のお茶、などからニームの体感は得られにくい。害虫が逃げていくだろう渋み、苦味は味覚で体感できます。リフレやアロマテラピーはセサミオイルやスィートアーモンド、グレープシード、ホホバオイルのキャリアオイルにESOを配合してのマッサージが基本となりますが、アーユルヴェーダにおいて当社のベースオイルはブラックセサミオイルとカスターオイルとニームオイルのブレンドです。決して良い香り...

... 続きを読む

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence