キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あっというまに春が過ぎ初夏となりました。
皆様と同じく仕事以外にもいろいろ悩み、問題が山済みで地層のように厚く積もり解決はつきませんがやっと一息つきました。
この最近色々なところで色々なヘナと出会うのですが、ヘナ100%を使っている人が少ないのには驚きます。売る側は出来るだけ簡単に、と思うのでしょうが、期待した効果が表れないと使用したお客様は、/こんなもの、またはこれくらいのもの/と烙印を押してしまいます。

わたしが縁が有り、お伺いしてヘナを使用し始めたお客様は頭がスッキリしてます。教えないのにヘナの素晴らしいところをしっかり伝えれます。アーユルヴェーダのしっかりした知識を持ったから、素晴らしいセールスマンに自然となったのです。これもアーユルヴェーダです。

では本題に戻して、
なぜヘナ100%からはじめるか?
なのですが

りんご、【またりんごです、笑い】を知るためには、フルーツポンチからははじめません。
ベーシックな紅玉、王林、富士、などを食べ産地や時期あわせて美味しいといわれるものを
食べます。またヨーロッパなどの野生に近いりんご、またアンデスの野生のりんごも食べれば
一応りんごが少なくとも理解できます。
原点からの掛け合わせも判ります。

ヘナも純粋といわれるヘナを、ヘナのみを使います。
ある程度の基準より上のヘナは3度続けて(10日の間に)髪に食べさせることで
髪質を根本から変えます。
また、顔の周りの産毛は高い確率で生えてきます。
また髪の毛の質により、塗布時間も変わります。

自分だけにヘナを使用している人はわかりにくいかもしれませんが、仕事として取り組んでいると
お客様の髪がどんどん変わって、良い勉強になります。

ヘナをいろんなタイプに使用することでヘナがとことん理解できます。

わたしのように10年以上ヘナの産地と関わっていると作柄、粉の状態を見ることでヘナは農作物であるということをしみじみと実感します。

ヘナの凄い力を理解でき、自信が付いたところで小さなピラミッドの底辺の基盤が出来上がったわけです。
そこから、インディゴ、シカカイ、リタ、ハイビスカスなどを積み上げしてゆくとハーブはおしゃべりし始めるというわけなのですが、
貴方の色はこの配合でとか、髪を生やすにはこのハーブブレンドで
などはどこかに飛んでゆきます。

では最近キリの講習会で呼ばれることが多いのですがヘナははずせません!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。