キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
TVでカルダモンが体に良いと、放映した番組があったらしくて、母からもカルダモンは倉庫のどこにあるのか、と聞いてきました。
南インドは香辛料の産地なので昔、母にとっても美味しいカルダモンティを作ったのですが
手がかるので自分で作れないため、倉庫に逆戻りしてしまったようです。

カルダモンとコショウの粒をコリコリごまを擦るように、すり潰し、とても薫り高い!
ジンジャー、ターメリック少し、ミルク、砂糖でいわゆる手作りマサラティ

心が穏やかでないと絶対美味しい紅茶は飲めません。
これもアーユルヴェーダ的です。

唯一母のレシピでインド風になったのがカレーです。
日本のカレーではなく、インドのウコン、コショウ、カルダモン、ナツメグ、フェヌグリークなどが
あらかじめブレンドされているのを使ってサラサラカレーを作ります。
薬禅カレーです。二日酔いにも効くそうな。

カルダモンを食べて、体に酸素を運ぶ..

アーユルヴェーダの扉を開けてゆくとき、書物や(これが一番大変でわかりにくいかも)
書かれている文献(ネット検索ででてくる効能など)、アーユルヴェーダスクール、インドでのプライベートスクール、どれもハーブからは近いようで遠い。

スパイスは私たち日本人が計る事ができないほど深くインドの人々の生活に根ざしていて、
食と外用は1つになっているところが多いのです。

これはこうです!覚えなくては。ではなくて自然にターメリックの凄さ、やカルダモンの神秘的さ、
と交流する形で、 例えば

カルダモンを食べて、脳みそで嗅ぐ、とてもフレッシュ、体に酸素を運ぶ..

眠くて眠くていくら寝てもすぐ寝れるご高齢の方、是非カルダモンティを試してください。
わたしの感覚ではあの香りは、気高い、(たぶんブルガリの香水にもプルーオムがカルダモンの香です。人工香料ですが)
脳の奥深く浸透し、記憶に働きかけるような気がします。

当社のアユールラッニオイルとアユールK、Aにもカルダモンは配合されています。

是非カルダモン中毒になってください。
あの香りは脳髄までしみわたり、また記憶の中に呼び戻せる香りです。
スポンサーサイト
南インドの人にとって日常化していること、日本人にとって意外なことは、
オイルでいろいろな病気を手当てすることです。
よく当社のアユールK.A.Hの効能の差やどういったときに私用すればよいのかのご質問が多いのでお知らせします。

最初にインドでは薬として販売されていますが、日本での登録は化粧品での薬事輸入となっておりますので、わたしが講習会資料などで使う効果は以下の通りです。

キリ(全成分:キリパウダー) 
アユールK:18種の成分.アユールA:17種の成分
①加齢臭をとる効果
(オイルでマッサージ後、ホットタオルでふきあげる。)
②マッサージに使用し痛みを和らげる効果の期待。
③乾燥によるカユミ防止。
④足裏など角質化した皮膚の代謝を良くする。
⑤浸透性が高い効果でリラックスする(アーユルヴェーダ製法)
⑥天然100%オイル



そしてインド、ナガルコイルで何十年もアーユルK.A.Hは実際人々やシッダ医がシッダ薬店で購入し、治療として愛用されています。
例えば、アフリカのある国はジグマハーバルから、フケとりオイルを大量に輸入してます。あの縮毛はフケに悩まされる人が多いらしいのです。またドイツはリタの種抜き実を、それぞれお国柄でいろいろんなオーダーがあります。

日本でアーユルヴェーダが根付かないのはとても残念、と思いますか?

9月の大阪での上馬場先生の講習会は食とアーユルヴェーダについてでした。20人ほどのこじんまりした集まりでしたが、とても有意義なお話でした。
上馬場先生は日本のアーユルヴェーダを支える地道な努力をされているわたしの尊敬する一人でもあります。
食というテーマを持ってきたことでアーユルヴェーダ=インドという枠組みを越え、そのなかでも家庭の中の母親がまさしくアーユルヴェーダを実践する、すばらしい教師の1人であることを話され、アーユルヴェーダというあまりにも包括的な言葉や技術に目くらましされるのではなく、実際はこの手元の生活に実はあるんですよ、とお話されました。
たぶん11月の六本木であるアーユルヴェーダ総会は上馬場先生が大会長なので、今回の食をもっと
いろんな方向で表現されるに違いないと思います。

先生のおっしゃるようにアーユルヴェーダは日々の生活の中に、(埋もれているかもですよ!)あります。

わたしもアーユルヴェーダはいわゆるインド風であってはならないと感じている1人です。
インドで何を感じるか? アーユルヴェーダで何を受け取るのか?

最近若い方が自分の存在に不安をもたれている人が多いのに驚きます。
自分で感じるより、洗脳してもらい、自分から洗脳することにより寄生しているような。。それはこの世の中に存在している安定感は決して与えられません。寄生はしばしのあくまでも寄りかかりなのです。
インドに行ってアーユルヴェーダスクールにはいれば何かに成れる、なにかできそう、何か違う自分になれた、
シローダーラやネトラバスティのメニューがあるアーユルヴェーダサロンです、
それは大きな誤りです。

だからわたしの講習会に来る人はいろんな講習会やスクールでお金と時間を沢山使った人に参加していただくと、イチバン良いかもです。

インドは人間と神々がひしめき合っています。エネルギュシュに生きてます。

死は新鮮で、病も、身近な出来事です。いろんな匂い、表情は全て他者ではなくワタシにむけられるので、ホテルやアーユルヴェーダの施設に閉じこもらないで、もっと見、聞き、話し、笑い、泣く、怒ること、その中で自分を拾う事ができると思うのですが..
自分を拾って、認めて、愛して、それからがアーユルヴェーダの始まりです。

キリの施術は
皆最初は受けて側に回って、簡単!簡単!と思うのですが、キリの温度差をセンサーのようにチェツクする感覚を体で覚え、決まった時間内にクライアントのポイントに熱を入れ込む、独特の日本的キリは、今まで何人もDROP OUTしています。
体で覚えるまでに化粧はすっかり落ち汗どろどろなのでそれも嫌な理由かも?!です。

キリの熱は愛情によって何倍にもクライアントの心と体を癒します。
その集中力と細やかな感覚と、決まった時間、を(もちろんお鍋の温度管理も)自分の物にしなくてはなりません。

アガスティア、シッダハの聖地であるナガルコイルから届いたハーブパウダーを真っ白のサラシにくるむときの神聖な魂。

神を信じ、神様からの愛情を感じなければキリはできません。

そうわたしにとってのアーユルヴェーダはキリを通して神様からもらった愛を表現できる唯一の存在です。お客様の施術後の幸せそうな笑い顔と、言葉がなによりもの力の源。
キリの大きな可能性はお客様から伝わってきます。

今回から講習会も自分自身を愛してもらうためにヒーリングセッションを加えてみました。
皆で手をつなぎ、同じパワーになるように、



この11月に念願のシャンプーが発売されます。ヘナを販売している会社なのにシャンプーが一番最後となりました。それだけシャンプーの成分を知れば知るほど自然とはかけ離れ造れない製品だったからです。
例えば資生堂の椿のトリートメントやタイのハーバルシャンプーのトリートメントを使用している人の髪にはシリコンもしくはジメチコンがワックスのように張られヘナの浸透を阻みます。
三回目にヘナが浸透し白髪をやっとオレンジに変えます。
おしゃれ染め、やストレートパーマ、デジパーマなどで傷んだ髪は、ジメチコン、シリコンの成分でコーティングされさらさらになった感触はしますが頭皮と髪は窒息してます。
アミノ酸が0.01%入っていてもアミノ酸系とうたえる成分表示のアコギな点。。。
アーユルヴェーダをヘナもですが、シカカイパウダーをシャンプーとして使用する扉から入る方も最近多いようです。私自身もハーブパウダーで洗うことが多いのですが、マニアックな使い方で一般受けはしません。疲れたときはやはりワンタッチで泡のクッションが洗いやすいのです。

インドの製品の中で輸入に安全性が低いものも多くあります。当社のアロエベラジェルも原料はUSA製造は日本です。腐敗が早いアロエゲルはまだまだインドでは任せれません。安定剤、界面活性剤
、防腐剤の量が疑問だからです。シャンプーも同じくジメチコンや合成のものが多く、見せかけのアーユルヴェーダ商品ばかりです。

ラッニ・シャンプーは界面活性剤と防腐剤において許せる限りの天然成分を活かして造りました。
紫根エキス入りなので紫色のシャンプーです。

ここに従来どうりパウダーを混ぜて世界に1つしかないシャンプーを自分で製造してください。

400ml 2940円 税込み小売価格 詰め替え用のみ販売

混ぜてどうなってゆくかはまたUPしますね!
アーユルヴェーダと針灸接骨のコラボ
オアシス


ヘナサロンオアシスは関西空港線、北助松駅近くの針灸接骨院です。
たぶん日本で針灸接骨院とヘナサロンがコラボした店はここにしかないと思うのですが、
私の理想の形に近くなったこれからのサロンです。
オーナーさんはハンサムな32歳、とても頭の柔らかな方です。お母様が美容室を経営されていた
偶然が重なりとても良い出会いとなりました。
オアシス1


1つの実験サロンとして接骨医院にこられる患者様にキリの施術が
4000円から15000円のメニュー実費をとっても手応えがあるのだろうか?
そうして去年の11月から準備し2月OPENして現在に至ります。
おかげさまでキリの日は月に二回で予約で一杯。ヘナは着実にお客様が獲得でき、
わたしたちにとって一番嬉しい言葉は
体を治すところで、髪や頭に悪いものを使うはずが無い、安心して任せられます。
というお客様の言葉。
オアシス3
モデルになられたN様、ヘナでつやつや、今回ありがとうございます。また次の出会いで
わたしからささやかな?を...お楽しみに。遠くからありがとうございました。


オーナー様の意志もあって講習会なども安く開かせて、いただけております。
一度でなく何度も来て学べるような場所、というコンセプトです。
インドのハーブもへなはじめ温暖化と経済発展で高騰してきつつある中、
わたしにとってはとてもうれしい場所です。

ご縁がある方のご訪問をお待ちしております。
オアシス3


半年前からソジャツトに雨が降らないのでヘナの価格が高騰しています。
この秋になっても下がるどころか来年を見越してなのかまだまだ上がり続けています。
インドの取引先から、なるべく買い込んだほうが良いとの連絡が、取引先以外からも携帯にかかってくるくらいだからのんびりの性格のわたしも心配になりました。
今年のヘナの価格はまだ出ません。おそろしや、
当社は島国なのでおかげさまで土地の値段が高くないため倉庫は十分な広さがあるのですが
いつもは色々なハーブパウダーの香りで一杯なのに、大量に入荷したヘナの箱を巻いているドンゴロスのにおいで今は充満。
貴重な薬草が温暖化によって収穫できなくなると悲劇です。
今回は当社がどんな講習会をしているかのお知らせです。
今年まで格安になっております。来年はヘナなどのハーブが値上がりのため価格改定されます、まず誤解の無いようにお願い ! します。

このカリキュラムの中でシロアビヤンガとキリ中心に二日で詰め込み講習を行っております。
バスティやウルドワルタナはこの二日ではできません。




STEPごとに資料が異なりますので、どの講習を受けたいかをお知らせください。
例えばヘナ、キリ、アビヤンガ&ウルドワルタナ。など
すべての講習を終えた方はそのSTEPごとの資料でが自分が教室を開くときの教材となります。
大切にご保管ください。講習会では資料は配布のみで読み合わせはありませんが資料に沿っての実習に重きを置いております。

はじめに コンセプト 長いけれども読み疲れないように..

短くすれば 2010キーワードは熱、経絡、特化 心 です。

5000年の歴史といわれるアーユルヴェーダと3000年の歴史を持つ中国漢方、
この二つは17世紀頃まで病気を治す役割を大きく担ってきました。または病気にならないための予防医学で大きな役割を果たしてきました。
人々は薬草の力を信じ敬ってきたのです。

麻酔薬の発明を皮切りに、外科技術による治癒が全面に押し出され、現代では皆様ご周知のように
現代西洋医学がより発展する勢いです。
その中で心の問題、精神の問題も大きく比例して問題になっています。
延命治療に関わる死の尊厳の問題も、いつ自分がその立場になるかもしれない時代です。

例えばわかりやすい所で、美に関するカテゴリーに美容整形、プチ整形の分野も目覚しいものがあります。
年齢とともに衰えてゆく事、若さが失われてゆくストレス、
50歳近くなり閉経とともに女性は新たな現実と直面します。男性には理解できにくい焦燥感です。

多くの女性が若さを求め、ストレスに陥っています。
エステサロンで、美容整形で引っ張ったり、注入したり、ときには危険を顧みず若さを求める女性は
古今東西同じ性です。
人間は自然に老い、死んでゆきます。何が大切なのでしょう?

ヨガは究極の自愛から始まります。自分を愛せない人間に愛を分け与える力はできません。
まず自分を愛することでストレスは軽減されます。

当社は南インドが発祥であるシッダ医学と中国の漢方オイルを融合させ、
毎日の生活に前向きに生きるために生きてることを知ること、植物や木、その力に助けられること。
をお客様に伝えるオリエンタルベーダセラピーを勧めています。
源流はアンチエイジングのインドのアーユルヴェーダではありますけれども、額にオイルを流すシロダーラや
目をギーで洗ったり、素人療法のエネマなどの奇異な施術は日本では多くの疑問が累積しています。
そのためもっと原点につまり源流の近く原始的な施術となります。が逆に中国ハーブの伝統は
現代に形を変化させ洗練された商品となっております。
生きている植物や木、樹脂をもっとも自然な形で使うシッダの道と中国ハーブの伝統的なレシピをコラボさせた施術です。
中国の思想もシッダもアーユルベーダもヨガや瞑想によって内観に導く哲学を包括した学問です。
その道を歩むことでまた新しく生きることが出来るかもしれません。

南インドと、中国に伝統を愛する先生2人が製品、技術ともにサポートしていただいております。
心の若返りを是非貴方の手から伝えてください。


◆◆カリキュラム◆◆初級から上級までのご案内

オイルとは?理論 (オイルの製造行程知識)
今の時代に合ったビジネス方法。 (ビジネスは特化傾向)
ヘッドマッサージ   実技&理論 (シロアビヤンガを漢方系オイルでまたアーユルヴェーダオイルでその感覚差を体感)  
ヘッドマッサージ オイル の成分説明
ヘッドマッサージ 実技 座った状態/寝ている状態
アビヤンガ(漢方系オイルを使用して経絡にそってのソフトキリ)
キリ (ハードキリを自分の太ももで習得します) 
19種類のハーブの説明
プディキリの作り方
オイルの入れ方
熱のいれ方
実践施術
ドーラオイルとキリハーブボールのコンビネーション 初心者用
シッダオイルときりハーブボールのパーツへのトリートメント 中級者
フルボデイ 上級者
ウルドワルタナ  
ウコンの素晴らしさ
ウルドワルタナのハーブ説明
ウルドワルタナによるマッサージ
バスティ (  時間)
バスティの作り方
施術

ヘナの講習は希望者に行います。

ヘナはハーブを学ぶ最短の道です。
キリはアーユルヴェーダを語る最短の扉ですが奥が深いです。


一日材料込み二万ですので二日で四万円となります。
予約制ですので必ずお電話もしくはメールをお願いいたします。

また講師はわたしとヒーラーのブラジル女性(シロダーラ施術でパワー発揮)2人です。
よろしくお願いいたします。