キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2日目です。
すっかり自然に溶けてしまって、シカカイパウダーだともう少し明るい茶色になるのですが、
ヘナは粘着があり色もあるのでとてもおどろおどろしくなりました。
ヘナを使用している人は退色しにくくなります。

大匙1杯200ccに配合したのですが、大匙1/3でも結構なエキスが出てきます。
この色に抵抗がある人は少量からはじめてください。

皮膚にカユミがある方はリタとニーム。(おしゃれ染めの若い方はギシつくのでつかえません)
若い方はニームとアロエベラ水と蜂蜜少量。

男性は当社のブレンドシャンプーパウダーがとても好評です。
髪がしっかりなります。


こんな感じで台所で作ってみてください。

使い続けることよりハーブの面白さを分かってゆくのが目的です。

ラッニシャンプーそのままでも十分使い心地は二重丸です。

シャンプーにハーブパウダーを混ぜると増粘作用がなくなり、サラッとした粘液になります。
P1020005.jpg


スポンサーサイト
ラッニ・シャンプーはバラペン、フェノキシエタノールを使わないこだわりのシャンプーです。

安い合成香料ではなくラベンダーやローズマリーオイル、
防腐剤にローズマリーエキスを配合しました。

インドで本当の良質なシャンプーはまだまだ作れません。
日本の技術が必要です。
ヤシ油脂肪酸で髪を洗う、アミノ酸系、自然のシャンプーとして発売しました。

皮膚の再生に効果的に働く、シコン(紫根)を贅沢に入れてます。

もちろん単品で当社の泡ボトルに入れて、優しく髪と、体を洗うと、冬も冷たくなくてお勧めです。
refil400a.jpg
500mlに詰め替えたところです。

今月は詰め変えようがお徳価格です。是非SHOPへ!400ml:2940円が少しプライスダウン11月末期限



アーユルヴェーダを勧めるのであればシカカイパウダーやヒヨコ豆での洗髪を勧めるはずなのですが
自分自身が毎日の生活の中でストレスを感じない流れ、をリズムとして持つときに
やはり泡のシャンプーは必要です。

ヘッドマッサージをたっぷりのオイルで行った後、ハーブだけのシャンプーは長い髪だととても大変です。洗髪から乾くまで3時間以上かかります。インドに住んでいればOKなのですが。ここはサラサラ髪のニートな日本です。

また南インドの人々との大きな違いもあります。
彼らはハーブパウダーで洗髪する日はシャンプーの前に必ず、
アーユルヴェーダオイルでヘッドマッサージするという習慣です。
色々なインドハーブの配合されたオイルで抗菌、栄養、モイスチャライズし、
ハーブの溶液で余分なオイルを取り除く、これが彼らのシャンプーです。
オイルの方がパウダーシャンプーより重要な位置を占めているのです。

だからオイルを頭皮に与えずにハーブシャンプーすると将来抜け毛の要素になります。
髪が多くて長い場合は、泡のクッションがないため、日本のイメージにある洗髪方法をすると
絡まり切れ毛になります。
ハーブの溶液で何回もコーミングしなければなりません。
また多くの女性の髪は縮毛で細く、髪の毛も多いのでこのオイル&ハーブ溶液シャンプーは
ある程度油分が残るこの方法が一番彼女たちに合ってます。
ハーブシャンプーだけではインドの気候では乾燥がかさなり爆発したようになりますから

日本人の髪の毛は硬く、またストレートで、薬品によるヘアダイの影響で少な目の方が
ほとんどです。オイルでペッチャンコより、サラサラ髪が受けるのは必然です。

やはり泡の力はクッションで、必要だと思うのです。

もちろんこのラッニ・シャンプーはアーユルヴェーダ的に変える事ができます。

例えば、ヘナをされている方は大匙かるく1杯をボトルに入れます。
100ccで5Gを最初は目安に200ccほど作るのが始めての方はお勧めです。
ヘナを入れても7日間くらいでエキスはシャンプー液に溶け出ますので
手に色はつきません。


raa1.jpg
今回はヘナパウダーを使ってみました。
もちろん髪にツヤとサラサラ感が欲しい方はシカカイ。
ボリュウムが欲しい方はアムラを加え、アムラ・シャンプーを作ります。
しっとりさせたい方は、アムラパウダーとハイビスカスオイル(アユールH小さじ1))を加えまた蜂蜜(小さじ1)も加え、
いろいろ試すことができます。
ラッニ・シャンプーを100cc入れます。ヘナを5g折った紙の上に用意します。
raa3.jpg
raa4.jpg
粉が入ったところ
raa5.jpg
混ぜるときは振らないで、かき混ぜることです。
当社の角ボトルは口が大きくハーブを入れやすくしており、
吸い上げ口も大きいので詰まることがありません。
透明なのでどう変化してゆくかも見ることができ理科の実験のようです。
raa6.jpg
かき混ぜた後はどうなるかまた続きを紹介いたします。
raa7.jpg

ここに後の100ccを加えます。
また次の報告をお楽しみに

ご注文はここからです、shop よろしくお願いします。




いつの時代から動物用、人間用、頭髪用、体用、と洗剤が多岐多種に細かく分類されてきました。
お客様の中でタイせつなペットを当社のシャンプーパウダーで洗っている方が何人かおられて、
皮膚病もよくなり、なによりペットが舐めても安心なところが洗うほうも気が休まるそうです。
ただし面白い方がいらっしゃって、ヘナで染めるのはまだよいのですが(ウールだからとてもきれいな深いオレンジになります)ターメリックをつかったそうです。
ヘナの香りは大好きで体をこすり付けてくるのに、ターメリックはとても不機嫌(猫さんです)
でむずかったそうで、やはりあの香りは動物の嗅覚にはきついらしいのです。

そこで大切なペットのための、安全なシャンプーをWEBSHOPで販売します。
皮膚病がある犬や猫にはアユールKオイルを患部に塗って(メリアザラシタクサエキス配合アンマロクエキス配合他)
このシャンプーで洗ってください。ペットのストレスが軽減します。化学の合成香料の香りは弱った人間の嗅覚にはとても重いものです。喋れないペットには是非自然そのままのハーブであらってあげてほしいです。



SHOPへ毎日洗う小型犬なら、このパウダーの溶液につけてリンスするようにすれば十分です。
アムラ、アムラ、アムラと日本人の頭はアムラで一杯??
なのにわたしはどうしてハイビスカスをアムラより選んでハイビスカスオイル一杯の
ヘッドマッサージオイルを販売するのかはハイビスカスのデタージェント性に惹かれたからです。
インドでは神様の祭壇に上げる花でもあります。でもアムラは違います。
インドの神様の持っているものは何か力がある、と思います。クリシュナ神のヘナもそうですし、マリーゴールド、ジャスミン、バラ、ハイビスカス。

アムラオイルなるモノを追いかけている人がWEB上でもお客様の中でも....
確かに多くいらっしゃるのですが、質問の中で
名称はアンマロク果実で、俗称アムラをなぜヘッドに持ってこなかったの?
アムラオイルならもっと売れたのに。
などなど
わたしにとってアムラは食べるもの、というイメージがインドにいると強いのです。
そのまま食べてみれば分かるのですが舌が痺れ、変形するほどビタミンCがあります。
インドでは大量に取れるのでどこの店に行ってもアムラのジーュースやジァム、砂糖漬け
が手に入ります。
アムラは長寿、健胃などで有名なトリファラ(3種)のなかのうちの1つでもあります。
だから、夏の暑い日にアムラはライムとともにビタミンC供給で、免疫力が落ちないように
スパイスとともによく食べるのです。

ハイビスカス葉はちぎって水を加え混ぜるとオクラより粘ります。
このデタージェント力は目を見張るほどです。
ビタミンCがあの赤い花びらに沢山入っているらしいのですが、今度食べてみようとおもいます。
今年は忘れたので、

アムラにこだわりのある方は当社のアユールKに配合されています。
こちらをご使用ください。

それかアムラにこだわるならカシャィダーラをすることです。
アムラを煮立たせ、上澄み液でのリンス!
アムラパウダーとアロエベラ水 グアガムで簡単に作れますよ、
このほうが力があると思います。



数年前と異なりヘナは日本に言葉として知らない人はないほど広まってきました。
けれども、ヘナ100%の力を引き出し、使いこなせる人は多くはありません。ヘナとは何か、またインディゴはなにか、疑問をもたないでただ信じて使ってる人、納得いかないので止めた人、あまりにも自分の頭になにが塗られているのか日本人は無頓着すぎるようです。

確かに自然な物に対して、鈍い人、鋭い人はいるのですが、どちらにせよ、ヘナを塗布する立場になった人は必ずまずヘナの力だけをを十分把握し、好きでなければビジネスとして成り立ちません。

大きな会社であろうと小さな店舗であろうと、仕事になったらそれは火の様なもので、灯されないと
お客様は呼べないと思うからです。灯された熱い火が消えた時はその会社も迷い道に踏み込むのではないでしょうか?
火とは自信であり、ヘナを愛する心であり、回復して欲しいと思う願いであり、それらは全て熱情です。

熱意がないサロンはお客様にも伝わります。

皆ぼんやりした概念で捉えられていらっしゃるので、そこの所をしっかり建て直すと、素晴らしく良質な商売人になります。プロ意識をもったエキスパートです。

何人か私のブログを通して、何かの道がまた開けて歩いてゆく方がいらっしゃいます。
私の今までの頭の情報の引き出しは、どんどん開けて欲しいと思います。
要約すると。ポイントは

ヘナがどんな植物なのか?
砂漠のもの
色があるトリートメント
日本で白髪染めとして塗布技術がインドより発達
ヘナのオレンジは藍の補助で茶色に変化させる、藍はヘナではない
髪にマトリックス(乗り移る)した後は髪から地肌から水分、油分をとりすぎる嫌いがあります。
ヘナからヘナの間がとても大切なケアの時間です。ハイビスカスはアムラより実は養毛効果が高いとされています。ビタミンCと保湿。→アユールH:ハイビスカスオイル
黒ゴマは昔からつややかな黒髪を作ると言われています。
アロエは修復能力を持つ砂漠の植物、水分を溜め込む力 →アユールジェル:
紫根エキスは皮膚再生の力が大きい → ラッニ・シャンプー(合成香料、防腐剤無添加)
→SHOPへ

という当社は10年かけてこのSTEPを踏んでいきました。

アーユルヴェーダの概念は大きく哲学的ですが、アーユルヴェーダという摩訶不思議な言葉を売り物にした、また頼っているサロンが多すぎ、寂しいことです。

もう一度自分に立ち返り、ゼロにもどす、売り上げがあるのはラッキーなのかもしれません。
幸運は自分で呼ぶくらいのパワーを持つのが課題です。

代替医療は臨床をとることが大変困難なため、効果効能をはっきりはうたえません。
伝承医学の抱える問題です。

それでもハーブやオイルを少なくとも基本のところで理解するにはヘナが一番なのです。

ひどい乾燥で白髪が多い方のケアを一年した後、それは自信となって返ってきます。

ひとつ、ひとつのハーブの深遠さを、もっと身を沈めるようにして味わうと、アガステアの神様が
側に降りてくるかもです!?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。