キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
7月後半から8月上旬にかけて再び大連と今度は西安を回って帰国しました。

今回ひしっと感じたのはまだまだ排日感情は根強い、ということです。
20年中国とお付き合いしていろいろありましたが(特になったことは一度もないのですが、とほほ)
こんなにも強く感じたことはありませんでした。

ひとつは訪問したところが大連から少し離れた、旅順であったこと。
蒋介石と毛沢東の戦いがあった西安だったこと。

もちろん西安は項羽と劉備 、秦の始皇帝、歴史的に様ざまな世に残る舞台であった土地でもあります。

旅順は満州国の時代の重要な軍港でありました。

大連から旅順までは許可されない白タクで
一人35元、40分から1時間で到着します。呼ぶとホテルのロビーまで来てくれるので
とても安くて便利です。

もちろん物価は大連よりやすく、美味しい。
火鍋を食べるなら肥牛、湯葉を揚げたぱりっとしたせんべいのようなカリカリを鍋に入れ
野菜や海鮮と食べるのですがひとりひとりの鍋で、大変美味です。

鮮鮮餃子という有名な餃子店も美味しいのですが、1人前20個、なので
食べきれません。一人でうろうろするなら百貨店の上のフードコートにたくさん集まっている
店から好きなものを選べます。

また背景には日本軍が侵略した土地です。

数年前にやっと日本人にもこの軍の司令部やその当時の監獄、拷問の部屋、を観光?することが許され
たそうなのですが、私一人で見たい、団体ではないというと断られました。

また大連の友達の彼が海軍だったのですが、彼女が彼に、わたしを紹介したあと
彼に何回も同じアジアの顔でしょ、と
また後で旅順で日本語を学ぶこと、日本人と交際すること、誤解をとくのは
とてもむつかしい、1:1の交流が必要で、またこの旅順にある多くの記念館には
毎年多くの小中高生が訪れ、年々増えてきているという話でした。
もちろん軍ではある程度の洗脳が必要だとは思いますが、改めて
侵略の言葉が何回も出てくると、背筋が冷たくなります。
多くの日本からの観光客は大連に泊まり、観光バスかタクシーで旅順を
日帰り観光するのみですので、現地の人々と交流することがあまりありません。
大連はホテルも多く、海外からの観光客も多いので現地での本音を聞くことはありません。

西安はやはり世界遺産の兵馬俑を抱え大観光地で、空港から鐘楼までのバスを降りて、タクシーをつかまえようと
しましたが、空車がありません。

たぶん道端に止めているバイクに乗っている男性も10元くらいで人をのせるんだろう、またバイクを改造した三輪車はタクシーより高いだろうなあ
と思いつつ、まあ北インドのリキシャワラーよりは、手ごわくないだろうと
鐘楼から和平路までいくらかと聞くと25元
タクシーなら10元までなのですが、値切って心が疲弊するのも気分壊すので
25元で手をうちホテルへ。

そのとき
三輪車の彼がどこから来たと言われたので
当ててみて、というと
韓国人だろと
そうだそうだと答えると
韓国人ならいいやつだ、と
わたしがどこの国ならホワイレン(悪い人間)かと聞くと
日本人は悪いやつ、と言いました。

あーそうかそうなんだ、とまあ仕方ないと
思いつつも西安で滞在中、一人ぽっちでこの西安で怖いな、と始めて思ったのでした。
まあ兵馬俑の観光バスも中国人のツアーに入ったので
蒋介石が逃げて登った岩のところでも
日本人が悪い、残忍、とか耳にしたけど、
今中国投資している人、本当に特攻隊の気分だろう、上海はともかく
田舎ではまだまだ本当に怖い、

あーでも今までいろいろ中国回ったけれど西安の食べ物口に合いませんでした。
面そのものは美味しい、油がダメ、油の中の面がまたダメ。

舌を刺すような感じです、兵馬俑と麗山をまわってで動かなくなった足を引きずり
あまりにも巨大な中国のお墓にうもれそうな、確かに確かに中国は大きすぎ。
久しぶりにお腹空かせて帰国したのでした。

次は西安での推拿体験!
スポンサーサイト
グリーンサム この言葉はわたしが みどりのゆび という 童話?を読んだときから心に静かに沈んでいました。自然を愛する、自然とともに生きる人のことをいいます。

緑の指にでてくるチトという少年は不思議な子供で、
チトの親指をつぎつぎ製造された武器のなかに入れてゆくと緑の根や葉や枝が武器を使えないように
根を張り、くまなく枝を伸ばしてしまいます。

最近またこの グリーンサム がわたしの前に出てきます。
わたしが根を下ろす所、緑の葉が繁り、うるおい皆がにこにこするようになればそれが緑の指です。

今回の渡航でセラピストが変わり、(若い方は続きませんでした)36歳、32歳の病院に勤める2人のセラピストがクリニックに来て穴埋めをしてくださいました。

このカニヤクマリはマルマテラピーが基本なのでアビヤンガも少し異なります。
汗たらたらたらしながら、一生懸命施術していただきました。

またある面ではわたしも交代し、教えてもらいながら、

いつもいつもすばらしいセラピストにあったとき感動するのは
命のしずくを分けてもらったような感激です。

ここにはラジニーシの繰り返して言う

はありません。

無であり愛です。

帰国してラジニーシの本を
生 愛 笑い を再び読みながらどこまでやれるかなあ、

と、
一人で乗り物を乗り継ぎ、異なる場所へ移動することが長くなると、
やがて自分はなくなり、自分の意識 対 世界 になってしまいます。

でも言い換えるとその世界は自分の意識の反映であり、世界は実は自分なんだと 、
自分の頭(心)と窓である目以外でしか世界は見えないのだから、

ということはこの世にはこの今の意識しかないという禅問答に行き着くのです。

私の場合他者の体に触れることが多いので、他者は最初は自分の世界の一部なのですが、
ここに交流するものがあり、感情が流れ、その刹那は存在するという重力でこの世に引き戻されるような、
感覚があります。おしゃべりであれ、喧嘩であれ、嫉妬であれ、存在する意識に戻る感じ。
だからどの国へいても、わたしは移動していないのです。交流する感情が存在である以上、
存在するという意識、喜びとも言えます、が多いほどわたしは安定することになります。


わたしがこの仕事に入って、きょうの癒し(まっさーじ)は満足の出来と感じる時は
エネルギーのセンタリングが出来た時、それを自分が感じた時はお客様も
とても感激してくださいます。

体はとても面白くて、どこを触るにしても感じるのは
頭とハートで感じます。その両方とも体の中心に存在します。
頭はマッサージの技を知る限りの経験で判断し、
ハートは目に見えない本能とでもゆうべき感覚で相手のハートの暖かさを読み取ります。
人間の眠っている何かが無意識に答えを出すのです。

お客様は知らず知らずして採点しているわけです。

仙骨にキリで熱をいれることは集中力の鍛錬です。
また遠赤外線のように念を込めて、気のようなものですがキリ以外にはその気は体の中に
入りません。
また一日に2人以上をすることで長期の集中力が養われます。

この強い集中力が自然とお客様のエネルギーのセンタリングを可能にする。

最近そんな風に思います。






6月はフルーツの季節です。
マンゴーは1KG 多分70円だったし、ジャックフルーツは大きな分でも160円だった。

こんな風に並べて雑多に見えますが、結構りんご以外は美味しい。
ざくろも大きくてぽりぽり食べれます。

manngo2

数十種類あるといいますが、このカニヤクマリへいく道路端でこのシーズンだけ屋台を張る
マンゴー売りのおじさんのところでは7種類くらいが並べてあります。


日本人の口に合うのは長い黄色いマンゴーです。
丸くてオレンジのは発酵してアルコールの味がするようで
癖があり、いまでは迷わずに安い長いのを買い明日の朝の食事へ
mango

クリニックは朝が早いので必ずフルーツは毎朝の朝ごはん前の軽い軽食です。
六時前にはおきて、7時半にはマッサージルームへ行くので
1時間半前には食べておかないとマッサージが効きません。
6月はジューンブライドで結婚式がインドも目白押しです。

ほとんどの女性が結婚後オフィスを去るので、

7年間ジグマに通って、海外担当の女性はもう既に5人変わりました。

7年前18才だった美人のアヌーシャもこの6月お嫁にゆきました。いつもわたしに絶対結婚式には呼ぶからね!
と今回招待状もいただきました。が残念、仕事の都合で間に合わなかったのですが
ちょうど彼女の妹の結婚式には間に合い、この南インドで3回目の結婚式に立ち会うことができました。

アヌーシャ

ゴールドでずっしりです。
もはや奥様の貫禄が出てきてますね。
アヌーシャ結婚式3

この感じの結婚式がナガルコイルの南インドで中級の家庭だそうです。
ただ感激したのは結婚式の食事です。

このたびは私と結婚式に同行したのは80歳のお客様二人でしたが
お二人とも口そろえて美味しい美味しいとペロッと平らげました。

もうすっかり手でさっさっと完璧インドに慣れ親しんでいました。
アヌーシャ結婚式1

一番美味しいと思っていたウドピホテルのベジ インディアンタリ(定食)美味しいので
どこのレストランが来てケイタリングしているのか聞きましたら、

結婚式専門のコックさんたちだそうでレストランではない、といわれました。
残念です!!

本当に美味しかった、といったら、ジグマの会社のマネージャーに
お金持ちの結婚式はまだスゴーイ食事が出るよ、と

でもデリーで参加したスーゴーイ結婚式は北の食事であまり感激なしだったから
今度は南のスゴーイ結婚式に期待するかな。

食事も最高なら参加して一緒に座った南のインドの方たちの笑顔も最高でした。
アヌーシャ結婚式2


これから結婚する相手を両親が見つけてくれてるの と目を輝かせて話してくれる南インドの若い女の子たち、
今両親互いのともに気に入りそれぞれの星占い師に最終のチエックをしてるところ
と恥ずかしそうにでも期待いっぱいで、なにか日本人には忘れてしまった心です。とても純粋です。

ジグマの会社も親族たちが壇上にあがってお祝いやお金やプレゼントを渡した後お祝いを。

いくらでも気持ちがあればかまわないので、と
相場がわからないまま、封筒に入れてプレゼントとともに花嫁に、

アヌーシャ結婚式5

ジグマの社員から次はわたしの結婚式に来てください!といわれ

わたしと、とうとうインド渡航が30回となったお客様も(80歳ですが若いです)
また31回目が来そうですと。大笑い。

なんとも心晴れやかな結婚式で、
久しぶりに結婚式を心から楽しむことができました。