アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

 > 2012年10月

インディゴ の使い方

インディゴ の使い方

ヘナとインディゴはまったく別物、でも最近いろいろなことがありましてインディゴを補助、色を変えるハーブとして表現していましたが良くないものと意識して取り扱ったほうが安全という認識にいたりました。必ずヘナを最初にしっかりオイルと混ぜて使用する。最低1:30放置インディゴはヘナが浸透した髪の明るい部分を変化させるためにだけ時間を守り使用。また二度目の塗布次がポイントです。インディゴパウダーを根元に粘着さ...

... 続きを読む

バスティ 100人を目指す。step by step

バスティ 100人を目指す。step by step

何回かのワークショップを終え、首のバスティはほんとに熱をほしがるのに絶句しています。腰より2度ほどは十分高い、腰でも熱い、耐え切れない温度なのに首はそれよりも確かに高い、お客様は大丈夫なのだろうか???と本当に心配なのですが問題ないみたいなのです。やはり首も胴体と頭のジョイント部分、腰は足とのジョイントで多くの神経や血管、組織が集まり、首はコミュニケーションの第五チャクラで重要な部分です。ここがほ...

... 続きを読む

カティバスティでみんなが悲鳴を!?

カティバスティでみんなが悲鳴を!?

恐るべしカティ バスティ !!ヽ(‘A`)ノェェェこの数日カティバスティばかりしています。だからひとつ、ふたつ大変なことに気が付きました。お客様が満足できる温度に耐え切れる手が欲しいーっということです。GREEVA バスティ は(首)腰のカティよりずっと温度が高いのを欲しがるため、カティバステより首のバスティが好きなお客様には皆たじたじとなります。またジグマクリニックと同じに45分一人にかけると、あまりに...

... 続きを読む

本当のことを行う大切さ

本当のことを行う大切さ

わたしが最近念じていることが一つあります。カティバスティを多くのご高齢の方にしてあげる場所をできるだけたくさん作りたいという念です。何回かの講習会を終えて、80歳の方や60歳以上の方がカティバスティを習い、家族の方や友達に早速してあげたいという声を聞き、より念ずることにしました。ボランティアにはいろいろな形がありますが私の考えるボランティアはやはりまず自分が満たされ、あふれるものを他者に分配する形...

... 続きを読む

チャクラ と カティ(仙骨あたり)が呼ぶもの

チャクラ と カティ(仙骨あたり)が呼ぶもの

施術をしているとき時たまシルクロードを感じる、まるで心がタイムマシンに乗った気分です。リーインカーネーションかもしれません。わたしの前世、前世、何百年も昔、同じ事を仲間と一緒にしていたかもそしてこの代でまた一緒にわかち合ったかっての仲間探しをしているのかも、カティバステの施術中、またキリでセンタリングしているとき、全てのものはなくなりお客様のチャクラを通り、エネルギーの中に入るような錯覚があります...

... 続きを読む

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence