キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アシュワガンダ 有名なインドのサプリメント インド人参です。

中国や韓国の人参と異なりやわらかくやさしいような気がします。
低血圧で悩んでいる人は人参がお勧めです。夕方からのだるさがまずなくなります。

中国、韓国の人参を煎じたり、食べたり、していた私はインドの人参は毎日とれるサプリとして大好きです。
ジグマのアシュワガンダもシャタバリもジャムタイプなので手軽です。

mrdicinejam.jpg


もう一つはなぜか日本人の検索で一番ヒットするアムラ、
アムラには二種類大きく分けてありますが、
体力がないかたにはお勧め。

血圧が高いタイプに人参はあわないのですがアムラは虚弱の胃や腸に鉄分の摂取にとても
効果があると言われています。

amlabox.jpg
成分表は3.7g が10gに配合されているアムラなので
250gのジグマのサプリは4割のアムラが配合され濃縮されています。

amlaingredients.jpg
また便秘の人は
一番軽いサプリを飲みます。
6段階のうち一番軽いサプリです。
contatution.jpg
どれも何百円でどのタミルの人々も購入できるようにとジグマの社長が設定し
毎日250人強の患者さんで診療所はいっぱい。

こんなサプリや粉や、、、いろいろ飲んで食事はだんだん細くなり
7日後には体は軽くなりました。

スポンサーサイト
ジグマハーバルはシッダの薬局が母体で、アーユルヴェーダのクリニックはアーユルヴェーダのドクターがシッダとアーユルヴェーダを処方しまたトリートメントします。

今月の渡航では皆が食事制限と、ハーブの処方薬を希望したため
いろいろなハーブ薬に出会え、また感激したみたいで、慣れていた私にいまさらながら
びっくりしました。

ナスィアムは鼻腔に3ドロップから8ドロップまで入れて
鼻からのトリートメント

もう一つはアーユルヴェダでは当たり前すぎるどこの工場も製造している
目薬というか目をきれいにする?疲れを取る、またドライアイを予防するオイルです。
eyedrops.jpg
色は真っ黒なので少々最初はためらいます。
ドクターにまず塗布していただき
上を見て、ドクターにアッカンベーみたいに下のまぶたを押し下げ
したまぶたと眼球の白い筋のところに少し塗ります。
自分でするときは両人差し指の先にポチッとつけ
鏡を見ながら、同時に付けます。

で何が起こるかというと、滲みます! 目を痛いけれど二.三回パチパチし
ハーブオイルがまんべんなく目玉にわたるようにしますが、いたーいい
横で痛いと言っているお客様の目から大粒のまっくろな涙がポトリ。
そしてしばらく目を閉じて涙をふき取ります。

その後の目が爽快、視野が広がります。
1週間続けると、変化がよくわかります。

痛みすら我慢すればとても良いトリートメントです。
ネトラバスティより数倍良い、

eyedrops2.jpg
キリはアーユルヴェーダではイラキリ、生の葉を使用して作るため
日本では粉、もしくは1cmくらいのざく切りを使います。ただしかなり使いこなさないと
生葉よりずっと技術が必要なので、2012年はキリの技術修得にためらいを感じるセラピストに
いろいろな提案をしてきました。

まずは東京のビューティーショーなどでもよく売れていました、ライス入りハーブパックです。
レンジでチンして肩や太ももにおいて体を暖めます。
ほっとでGood
香りとともに暖かくなり、またお米の中の蒸気が暖められ発散し、また空気中の水分を吸って冷えるので
ライスが一番良い材料でした。
ジグマハーバルでもご好評いただきました。あと年末セールで売り切ったら在庫はゼロです。お見逃しなく!


もうひとつは玄武岩の遠赤熱

ジグマでのサロンでの使い方は、
まずひたひたの熱湯で暖めること3分。お鍋にいれて火にかけたらもっと早いです。
バスタオルの上に背中またはの位置に大きな石を並べおきます。薄いタオルでカバーします。
残りは腰、太ももふくらはぎの下に敷きこんでゆきます。タオルの間にサンドイッチのように挟んだ状態。
ほっかほっかします。岩盤浴のように苦しくなくてよりデトックスをもとめるなら下のストーンを追加します。
小さい石は足の指に縦に挟みます。そのままでOK.
また小さいため冷えるのが早いためカバーします。
冷えればはずします。

玄武岩セット

8.5cm X8個
4.5cm x8個
小さい  8個

24個セット:ジグマハーバルで販売しています!
アユールA,K オステオオイルとの組み合わせでより癒しの効果が、

そして究極は
この上記の2つに
つまり玄武岩をボディの下敷き、ハーブパックをみぞおちにもしくは太ももにおいた後
この大きな石をお腹、恥骨のところで止まるように収まります。置きます。
この石が優れものです。取っ手があるので回転しますし
暖めた後、1時間は冷えません。50分はカバーしていると同じくらいの熱さで
また触れば熱いけれど体に置いたときは遠赤効果でじわじわ温度が体内に入ってきます。

中国ではこの石を恥骨あたりに置き、先生がちょうど自分の手を二つの玉の上に置くようにと言います。
熱ければ取っ手を持ち動かしなさいと、

そして20分のヘッドマッサージに入りますが、
わたしは汗がじっとり、まるで岩盤浴に入ってヘッドマッサージを受けいるようでした。
デトックです。
そして腕を肩から揉み解してゆきます。
先生がおっしゃるに両腕が疲れていると胃や腸の働きも悪く疲れる、ということです。

その後背中の石をとり横たわり、
両足の推拿の技法でほぐします。

術後はまだまだ暖かい石を抱いてリラックス。
是非是非お試しください。

ローリングストーン

キリは少し向いていないかなという人に
暖めて、ほぐす、あるいはマッサージするという
温熱トリートメント
ジグマが勧める3強のお助けマンです。





ポンガル とは タミルナドゥ州のお正月です。

タミルナドゥ州は農耕で栄えたところなので人々も温厚なのでしょうか?

バナナ、ココナッツ、ライス、サトウキビ、パイナップル、パーム、マンゴー、ジャックフルーツ、パパイヤ

すぐ隣接しているケララとはなぜかうまくいっていようでそれもちょっと不思議で微妙です。

ケララでのアーユルヴェーダはサンスクリット語からケララの言葉や英語に翻訳され世界に広まりましたが

シッダ医学はタミル語で記されたために、またタミルの人々のボトムの部分で根付いているために

タミル語を理解できる人しかシッダ医学は受け継がれませんでした。

ポンガルとは吹き上がったお米を、今年もより豊作になるようにと願いを込めて
家々の前に立てたサトウキビとともに祝います。

最近は家の玄関の前に絵を書いてるだけのところも多く、とても素朴で
地味なお正月です。

レストランに今回のお客様とドクターの許しを得て
会食しに言った時、
皆が驚いたことがあります。

後ろで何人かの男性が食事を取っていたのですが、とても静かで,おしゃべりに夢中になった私たちが恥ずかしくなるほど静かに静かに食事をしていました。

ドクターに尋ねると、食事は神様の頂き物だから感謝をもっていただいているので普通のことですよ、
あの学生たちは普段は寮ですがお正月なのでレストランで皆で祝っているのです。

確かにインドの人々の食事はお金持ちであろうが、物乞いであろうが、あまり大差がない。
また沈黙しているし、食事は早く済ませまた残さない。
お弁当はチャパティかライス、そしてダル、アチャールしごく簡単ですが家庭の味がします。

マネージャーが自分の小さな子供のとき、おばあちゃんが、姿勢が悪い食べ方や、おしゃべりしたら
すぐ食事を取り下げくれなかった、と言っていました。
日本の昔と似ているところがインドの慣習にはたくさん共通項があります。

今回は日の出日の入りとも雲が多く、とっても寒かった朝でした。
2月までは夜朝とても気温が下がります。

帰りのスリランカでアーユルヴェーダを受けてお客様が
はっきり差がわかり面白かったといってくださいました。
上海、バンコク、コロンボ、カニヤクマリ
4箇所での人々の体に触れながら、また触られながら?!交流するのは
とても脳に刺激を与えます。
人と触れ合うこと、
アーユルヴェーダの真髄に触れたら必ず涙が出ます。

今回も一人のお客様がアーユルヴェーダとはなにか?を感じられたようです。

こつこつの旅ですが、なによりも人生になにかの道標を与えてくれる旅です。
あけましておめでとうございます。

2013年 どんな年になるか、わたしにとっては静かな幕開けでした。


2012年後半は中国とインドと二つの伝統を考えるよい経験があり、

またひとつ年をとったことで残りの人生をどう過ごすか? という分岐でもあります。

日本国もまたまた自民党に戻り、円安、株高で、

アジアの新聞でアメリカの妾とか奴隷とか、

森永卓郎氏の大貧民を読みながらすごした年末でありました。


感動したのは、マイケル・サンデルの講義が素晴らしい、賛否はありますが
あんな先生がいたら、もう一度生徒に戻りたいなあ、と思いました。

若くない、体力が降下、何が出来るか?な?
2013年 巳年 

がんばりまーす!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。