キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
ヘナの仕事も20年近くになってきますと、
2世代、3世代、に渡ってヘナをご家族で愛用されてくださるご家族が増えてきました、
本物は生き残る、と感じます。
わたしは*伝統*をとても大切にしたいと思っています。
また水木茂が生み出した妖怪、(笑い)日本古来のお化けも、(ぞくっ)
インドの神様は沢山いらっしゃって、ギリシャの神様も沢山、北欧神話も、ラーマーヤナも
大好きです。

田舎育ちの人間は自然の中で育ったので、こういう
畏怖するもの、しかし身近な、神様を自然の中に感じて共存してきました。

先日お会いした、KUBOさま のお母様は愛媛県の鬼北というところで
ヘナを仲間でわいわいされています。

目に見えるようです。
何かをシェアするということはとても幸せなことです。

東京で活躍されてらっしゃるKUBOさまのBLOGを是非ご訪問ください。


KEIKO KUBO Blog
KEIKO LIFE IN ART
スポンサーサイト
ジグマクリニックでの体験をしていただきジグマ・クリニックのオイルと施術を取り入れているサロンがあります。

竜馬と太平洋でのホェールウォッチング、四国88箇所、海洋深層水、よさこい、
で有名な高知の癒しの空、のラピスさま。

神様が住んでたといわれる高千穂、霧島、雄大な自然に囲まれた九州の都城(鹿児島空港から近いです)
ナチュラルリーフ さま

この二箇所で教室と滞在方のトリートメント教室、など随時行っております。

詳しくはもうすぐ出来上がるジグマの新しいHPで紹介しますね。

都城も、高知も野菜が大変美味しいところです。

わたしが今一番土地のエネルギーを感じる場所です。
元気になるところ。



ジグマはシッダ医学が基本なので大体のアーユルヴェーダのお薬は
粉、もしくはジャムのようなものになります。
パンチャカルマではこのお薬を食事のようにとるので
お腹がすきません。

朝は軽く、
asagohan zigma

昼は少し重く
晩はおかゆ(日替わりで中の具が変わります)
モリンガのチャパティもでます!
moringa capati
モリンガの実のスープ
moringa seed
モリンガの実、精力が付くといわれまして、わたしがモリンガ、モリンガというものだから
毎日沢山入れてくれます。

6月7月は
美味しい果物の季節です。
beet juice
赤カブジュース 美味しい、こんど定番メニューへリクエストしたい
南の人にとっては当たり前だけれどわたしにとってはスゴーイと唸るくらい感動するものが
沢山あります。

次はモリンガの畑に絶対行くことにきめているし!

マンゴー(黄色くて長いほうが一番美味しい)
カスタードアップル
ジャックフルーツ
パパイヤ
などなど
トリートメントとあわせてていると
ストレスが取れて大体の方がよく寝ています。昼も夜も良く寝ています。
5日目ころから腹痛がしますが心配しないで、
お腹にはいってきたドーシャのせいです。
ドクターの指示に従えば大丈夫。
次の日絶食となります。

シロダーラについて、
mayu1.jpg
ジグマのクリニックのお客様をモデルにイメージ写真です。

治療と癒しは異なります。

治療には癒しとは異なるなにか一生懸命さがあります。

10日間のパンチャカルマの間、たとえば
昔中国で自転車を購入したとき、乗っている間に壊れるし、クッションが悪いから取り替えて乗り心地よいように
しました。それと同じ感覚です。会話して、ボディトークで交流することが大切です。
中国のわたしの改造した自転車は改造後盗まれましたが、、、、20年以上も前の話ですがいまだにくやしい!!

シロダーラは毎日続くことになりますが
わたしの一番嫌いなトリートメントでもあります。
でも何回かに1度とても体感するときが来ます。
本当のシロダーラの体感はやはり皆の集中力と愛がないと与えられません。
わたしがなぜダーラを日本でしないか、理由がわかります。
一番大変な施術だからです。

とにかく原始的というか、またそれがわたしは大好きなのですが、、、、
ねえ都城の皆様、
あれほど大笑いした日はありませんでした、

また追記してゆきます。
ジグマクリニックの一番の悩みは人材です。
なぜかというとせっかく良いスタッフやドクターがクリニックに就職しても
女性は結婚という最大の人事異動が付いて回るからです。

ジグマのオフィスの貿易担当の女性がいままで7人代わりました。
なれたころに結婚して、だんなさんのところへ行ってしまいます。

今クリニックのドクターも今までの中で一番すばらしい女性でした。
なんでもおしみなく教えてくださいますし、まだお若いけれど自ら施術もされます。
3年たったジグマにローカルな人々や遠方からの滞在者が増えたのもうなずけます。
なのに9月で離職です。。。。。
先生もうるうるですが、仕方ありません。

彼女も遠方に嫁ぐのでもう会えません。
だから7月はパンチャカルマ、9月にコーチンでのレセプションパーティには行くつもりです。

わたしは今まですばらしい技術をもったセラピストに出会ってきました。
でもとてもとても少ない。

同じ欲求をしても無理だということが、わがままということがとてもよくわかってきました。

だからジグマのスタッフは未熟かもしれません。が一生懸命しているので
コミュニケーションが少しでもできれば滞在はとても楽しくなります。

また他のクリニックと異なり、クッションがいろいろ置いているので
木のベットが痛いときは必ずクッションというといろいろ敷いてくれます。

クリニックでの服はぶかぶかのナイティになります。これも置いています。
すぐ脱げてすぐ着れるようにです。

日本からのお客様には不要なタオルの持参、100円SHOPの洗面器、蚊取り線香など
お願いしていますので自由にお使いください。


お掃除係りの門番さんが6:30ころリーンとベルを鳴らして掃除、というかもしれません。

7時からトリートメントははじまるのですが、寝ているときにリーんりーんと
少し不機嫌になるかもです。2.3日は来ないのですがまた義務ははたさなくては、と忘れたころに
また来ます。

この方毎晩クリニックの前で寝てくださってます。
外部からの出入りはみな神経質なので(外国人が滞在時は特に)
ほとんどありません。

ジグマは滞在者の安全を考えますので一人歩きはできません。
必ずスタッフが同行します。(無料、すこし20RSくらいをTIPSでお願いします、受け取らない方もいます)

リキシャも手配し観光には同行します。当社の契約しているので安心です。

後まだまだあります。。。また次に



最近ジグマのクリニックを訪問する方が少なからずいらっしゃいます。
何回かインドへ渡航された経験のある方たちなのでカニヤクマリ(かなり辺鄙な場所なので!)までがんばってきてくださるのはスタッフ一同とてもうれしいことです。

お知らせしたいことが何点かあります。

少しずつお知らせしてゆきますね。

1.食事

ジグマの母体はシッダ医学なので薬局方です。アーユルヴェーダの薬が液体が主であるのと比較すると、シッダはジャム状です。もしくは粉です。

パンチャカルマを選らばれた場合は食事はこのお薬をかなり多く摂取しますし、トリートメントが一日休みながら
続きますので軽くなります。
例えば朝は
ウタパン:お米の粉とトマトなどをあわせて焼いたもの
昼は モリンガ入りのチャパティとサンバ(日本で言う味噌汁)付け野菜。
フルーツジュースもしくは果物
晩はおかゆ(豆入り)

パンティもブラも付けないでインドのぶかぶかナイティが病院できる服なので
すぐ脱げるように、またオイルも気にならないように(病院においています)
皆リラックスして小食でもよく眠てらっしゃるようです。

わたしの大好きなモリンガやカレーリーフが豊富に入った食材です。

パンチャカルマが始まると5日目くらいにお腹が痛くなります。
ドーシャが動き出すからです。
そしてドーシャはかならずお腹に来ます。
ここでお腹のものが全部出るようにそのようなハーブを飲みます。
ジグマではエネマはしません。
1日絶食となります。
そこから少しずつトリートメントを行い、食事を摂取し出します。
ラスト3日間全身熱いオイルをかける3Lのオイル、トリートメントをし
体にアイロンをかけて終わりです。

簡単ですが外出は禁止なので後か先に観光は済ませるようにするのがお勧めです。
外出するときは必ずスタッフが同行します。

Muringakka leafモリンガの木から切り落とした葉、もりもり食べれます。
Muringakka3.jpgドラムステックです。モリンガの実です。とても精力がつくといわれています。サンバの中によく入っています。台湾のかたはこの種をお茶に入れて食べるそうです。モリンガオイルはこの種子から採れます。甘い香りのするオイルです。もうすぐジグマSHOPに登場します。
Murongakka Flowerモリンガの花。

このモリンガはいたるところにあります。無農薬ですか?とよく聞かれるのですが、無農薬です。
今度モリンガファームではどのように育てているのか確認してきます。

次はカレーリーフの紹介をしようと思っています。またビットルー、赤カブ。
できれば日本で十分に食べたいアーユルヴェーダの食材です。

月日は飛ぶように過ぎ去ります。

ただいまブログを移転する準備をしています。

引越し後はあらたなスタイルで開始する予定ですのでお待ちください。