アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

 > 2013年05月

二世代のヘナ 

二世代のヘナ 

ヘナの仕事も20年近くになってきますと、2世代、3世代、に渡ってヘナをご家族で愛用されてくださるご家族が増えてきました、本物は生き残る、と感じます。わたしは*伝統*をとても大切にしたいと思っています。また水木茂が生み出した妖怪、(笑い)日本古来のお化けも、(ぞくっ)インドの神様は沢山いらっしゃって、ギリシャの神様も沢山、北欧神話も、ラーマーヤナも大好きです。田舎育ちの人間は自然の中で育ったので、こ...

... 続きを読む

南インド、ジグマクリニックを訪れる前に、是非いらっしゃつてください。

南インド、ジグマクリニックを訪れる前に、是非いらっしゃつてください。

ジグマクリニックでの体験をしていただきジグマ・クリニックのオイルと施術を取り入れているサロンがあります。竜馬と太平洋でのホェールウォッチング、四国88箇所、海洋深層水、よさこい、で有名な高知の癒しの空、のラピスさま。神様が住んでたといわれる高千穂、霧島、雄大な自然に囲まれた九州の都城(鹿児島空港から近いです)ナチュラルリーフ さまこの二箇所で教室と滞在方のトリートメント教室、など随時行っております...

... 続きを読む

ジグマでの食事とお薬など、パンチャカルマ

ジグマでの食事とお薬など、パンチャカルマ

ジグマはシッダ医学が基本なので大体のアーユルヴェーダのお薬は粉、もしくはジャムのようなものになります。パンチャカルマではこのお薬を食事のようにとるのでお腹がすきません。朝は軽く、昼は少し重く晩はおかゆ(日替わりで中の具が変わります)モリンガのチャパティもでます!モリンガの実のスープモリンガの実、精力が付くといわれまして、わたしがモリンガ、モリンガというものだから毎日沢山入れてくれます。6月7月は美...

... 続きを読む

ジグマクリニックでの日常的なこと

ジグマクリニックでの日常的なこと

ジグマクリニックの一番の悩みは人材です。なぜかというとせっかく良いスタッフやドクターがクリニックに就職しても女性は結婚という最大の人事異動が付いて回るからです。ジグマのオフィスの貿易担当の女性がいままで7人代わりました。なれたころに結婚して、だんなさんのところへ行ってしまいます。今クリニックのドクターも今までの中で一番すばらしい女性でした。なんでもおしみなく教えてくださいますし、まだお若いけれど自...

... 続きを読む

ジグマクリニックでの食事とは? 

ジグマクリニックでの食事とは? 

最近ジグマのクリニックを訪問する方が少なからずいらっしゃいます。何回かインドへ渡航された経験のある方たちなのでカニヤクマリ(かなり辺鄙な場所なので!)までがんばってきてくださるのはスタッフ一同とてもうれしいことです。お知らせしたいことが何点かあります。少しずつお知らせしてゆきますね。1.食事ジグマの母体はシッダ医学なので薬局方です。アーユルヴェーダの薬が液体が主であるのと比較すると、シッダはジャム...

... 続きを読む

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence