キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーユルヴェーダは宇宙と自分をつなぐパイプを見つけること、そして宇宙からエネルギーをできるだけ受け取り
還元することでトリートメントではないのです。
アーユルヴェーダ 命の科学 で直訳されますが、
アーユルヴェーダオイルを使用して心こもったマッサージをしているから、アーユルヴェーダ。ではありません。
80%食20%トリートメント
20%のうちの80%がセラピストの集中力(禅の無と似ています)とジグマクリニックのモービ先生も言われたようにそしてわたしと一緒にアビヤンガやキリをするセラピストが修行みたいといわれるように、
集中力です。心を消すための本当のアビヤンガです。
日本のアーユルヴェーダはドーシャ別にこだわりますが,実はドーシャより理解すべきものは5大元素です。
5大元素の理解は必須です。
アーユルヴェダを総論で書くためには哲学的経験が必要です。
ジグマクリニックのモービ先生は自分のクリニックでトリートメントにも自ら携わった方なので、このコアがしっかり体得されていらっしゃいます。
セラピストは技術を修得した後、無になりまたトリートメントする道具である体を健康に保つために
呼吸法、太陽礼拝を必然的に行うようになる。
言葉にすれば簡単ですが修練です。

この修練を講習会で感じ取り、アーユルヴェーダを理論で学ぶ道が理解を早めます。
わたしの講習会で理論は一番最後となります。
もちろんわたしも勉強中なのです。
スポンサーサイト
生姜酵素できあがり
宮崎と高知、共通点がいくつかあります。
しようがの産地として両県とも有名なのですが、とても怖い話を聞きました。
高知のしょうがの収穫を中国製のゴム手袋でするとゴムが溶けるそうです。ですのでもちろん日本製のゴム手袋を装備して収穫するのですが、では素手で掘ればどうなるのかな?????

熊本でヘナサロンを経営されながら手作りの酵素を作っている先生に、
野草酵素、ぶどう酵素、をいただきました。体が熱くなってお酒ではないのですがとてもほかほか気分。
手作りの酵素はペットボトルがぼこぼこになるくらい空気抜きをしないとだめだそうです。
タイのタマリンド酵素よりずっと飲みやすい味でした。
特に野草酵素は美味しい。
先生いわく阿蘇の山の中で1kg必死で集めたそうです。熱を加えていない酵素の手作りが一番だそう。


やはりアーユルヴェーダは食80%とモービー先生が言われたように、ファスティングやパンチャカルマで本当の自分の体の欲している食べ物が自然とわかってきたわたしは、自分でつくるきゃない、と決断したのです。

そして生姜と酵素で検索するとあれあれ、お世話になっているお客様のサイトに行き当たりました。
熊本の池田屋さまです。

しょうが酵素材料池田屋


奥様の塩津様は発酵食品がこんなにブームになる前から小学校を回り、手作り味噌の講習会をボランティアでされていらっしゃるかたです。もうお孫さんもいらっしゃるご年齢なのですが、最近の日本人の食生活、味噌汁のない朝ごはんをいつも嘆いてらっしゃいました。麹ブームが来てもいつも来てくださっていたお客様に悪い、店頭に商品がないというのはと、いつも頭が下がるお話でお人柄もよい方、そしてまた酵素作りで連絡しなくては、とても奇遇です。

是非HPにリンクしてください。そして無農薬の材料で酵素を作ってみてください。
池田屋醸造

"池田屋醸造"

わたしも作ります!
酵素ファスティングにアーユルヴェーダトリートメント、そして温泉。
理想を語れば酵素は各自自分で作ったのを持ち込みで、最高ですよね。


無農薬栽培ショウガは今年はどこも売り切れでした!!

新ショウガがでる1月までショウガ酵素は出来ないってことです、
でも秋の根菜、果物、葉物でできるそうですが大変そう、
やはり最初の手作り酵素は簡単で長続きする材料がよいです。

12月6.7.8高知の癒しの空 ラピスさま主催、ファスティング&お腹トリートメント(キリ使用)
を札所の山陽荘にて(温泉付で)行うことになりました。
金曜夕刻からはじまり日曜昼ころまでです。
トリートメントは金曜からスタートします。

是非お問い合わせください。



カニヤクマリからケララのトリバンドラムの空港へ大体9:45分の飛行機なので空港へ入る道の前に
いつも立ち寄る朝ごはんのお店で最後のブーリーを食べます。クリニックができてからドクターにわたしの体質はブーリーは合わないよ、といわれているので最近はいつも帰国の時にしか食べれません。
たぶんクリニックに滞在しなければ私はインドの豆と野菜とスィートと小麦粉で太りだします。

大好物の

熱々のブーリーです。

トリバンドラムの空港もどんどんきれいになり、ラウンジもできました。
プライオリティーパスは使えませんが、ビジネスラウンジはゲートの真ん中の2階にあります。
メニューを渡され、オーダー式に、ビュフェはまずくて食べれません。

SHOPもなかなかきれいなのが出店しています。アーユルヴェーダのSHOP,本屋。
いつもここで本を探すのですが面白い本を見つけました。

中国の鍼灸とアーユルヴェーダのマルマポイントの関連と相似性の本です。
それだけでなくドーシャも分かりやすく書いており、読み応えのある一冊となっています。

簡単な英語なので分かりやすい内容で最近の本の中ではお勧め本です。
オーストラリア人のFRANK ROS という人の本。

DRFRAN ROS
何ヶ月前に中国で経絡をオイルで流すメニュがあり、それがアーユルヴェーダの流し方ととても似ていたと書いたことがありました。書き記すことをどことなく偽善のような感覚のインドの聖者たちと、詳細に書き記す中国のそれは陰と陽のようで、また哲学的にも面白くそこにドーシャで体内の解剖をしてゆくようなプロセスで一気に読み終えた久しぶりの面白い本でした。
リフティングブラシ経絡に働きかける
リフトブラシ 面白いもの見つけました。
このブラシの先は鉱石が付着していて経路に沿ってブラッシングするとお顔がリフトアップするのだそう。
こんかい宮崎でKUBO様がみなの頭の片側だけをブラッシングしてゆきました。
なんとはっきり眉が上がった方が2人、後3人はこころなしかでしたがブラッシングは手ぐしになれた
頭を活性化するお勧めのヘッドマッサージです。
リフティング効果
このように経路に沿ってブラッシングします。
朝晩の習慣で行えばお肌は経路の血行が良くなるはずなので明るいお肌になるはずです。
また頭の疲れは日々変わりますのでブラッシングすることで頭の痛んでいる、疲れているところも
自覚できますので是非お勧めです。
リフティングブラシ
ジグマハーバルでも販売することにしました。
是非お試しあれ!

税込み定価 4515円です。

ジグマハーバル SHOP へ
都城の温泉施設です。クリックで公式ページにリンクしています。

常盤荘
tokiwasou
露天風呂付きの部屋がある美味しいお食事もできる常盤荘。ホテル周りの散策も素晴らしいところです。
5分と離れていないところにゆっぽつぽがあります。
ゆぽっぽ
12のかけ流しのお湯があるゆっぽぽ。
yutupopo


もちろん3800円からビジネスホテルもありますがやはり滞在型が落ち着いてよろしいかと。

食事は酵素とモリンガ茶、バイオ茶、しょうが茶、などですので素泊まりでの価格となります。
詳細は季節による値段もありますのでお問い合わせください。
都城に通い始めて6年目になります。ほとんど毎月お邪魔させていただいて感謝です。
桜島の爆発音を地震と間違えたり、方言にとまどったり、いろいろなことがありました。素晴らしいセラピストの女性のかたがたとの出会いも!野菜の大好きな私にとって手作りのおもてなしは最高でした。
心よりハートを動かしているかたたちが大勢いらっしゃいます。
今晩もキリの講習会を終えて”海恵”という食事どころへ。踊りもあるそうでお客様で満席です。
値段の安さにまたまたびっくり、美味しい地鶏も最高でした。
東京から2回目都城の人情に見せられた久保様もオイシィーと連発です。

海恵
東京でスタイリストをされている久保様のブログ写真がとても美味しそうに撮れていましたので
こちらへ、sanakubo
umie
ここだけではありません。
都城は野菜ビュッフェができるところが多く
”ふもと茶屋 ”
というランチビュッフェは地元の野菜を主にしたなんと880円野菜ビュッフェ
お客様は580円が680円になり880円になったといってらっしゃいましたが
yamada2
わたしがちなみにとったいろいろ野菜。
yamada
温泉あり、人情あり、セラピストは勉強熱心。
ここで本当はファスティング&アーユルヴェーダをするのはもったいないくらいの場所です。
ふもと茶屋


訪れたのはドイツの厳しいオーガニックの会社から認定を受けて、アメリカにスポーツ飲料のためのモリンガを輸出しているモリンガファームです。

この地でとれたさまざまな花をバナナの葉に包んでいただきました。レイもマリーゴールド。
かなり重たいので途中ではずしました。すいません。
歓迎の挨拶でまたまた感激。

ヘナもモリンガも自分の目で畑を見て、生産者と話さなければ気がすまない。でも実際を見るとネットで集めた情報が間違っていたり、偽っているのが良く分かります。
このわたしの変な性格が100回以上のインド渡航の回数になってしまいました。
ニームには虫はつきません。モリンガは季節が変わり涼しくなるとやはり食べています。
モリンガのお茶がどうやってできるのかをお伺いしながら、2月の再会を心に決めたのでした。
なぜって1月、2月は伐採前のモリンガだから。また種を取るためのモリンガも3年から4年で切り倒されます。
インドの土地と太陽だからこそできる最高のモリンガです。現地の方たちは毎日自分の木のモリンガを食べているのでお茶なんて思いつくのは海外の人だけです。アメリカのみ輸出しているこのモリンガをドイツのオーガニック認定でまたジグマもオーガニック認定中ですので来春くらい日本で発売します。
業務用はお問い合わせください。現在発売中です。

また妊婦の方だけでなく、腸の弱い方も少しずつから飲み始めてください。消化が良くなるためです。

とにかく第一回目のモリンガファーム、大収穫。

ジグマハーバルのマネージャのマニさんも白いレイをかけていただき記念撮影。
モリンガはない?
でも期待していたモリンガが生えている、たくさんはえている畑はどこを見渡してもありません。
どこなのかな??
モリンガ1本もない
80エーカーどこにもありません。
見つけました。赤ちゃんモリンガです。
オーナーさんが言われました。
わたしの輸入したモリンガはこの赤ちゃんが45日たって、伐採された葉からできたのですよ。
驚きです!モリンガはここでは45日から90日で切られるなんて、
モリンガベイビー
ジグマのクリニックで食べていたモリンガとは色も異なり可愛い可愛いモリンガです。
こんなに熱いもえるような土地で成長とは、ヘナの畑も感激でしたがモリンガも最高。
インドの土地の下には血管がどくどく流れてる、様な気がしました。
モリンガベイビー2
傘がないとしおれます
到着してからさしている傘、傘がないとしおれるくらいの日差しです。
マドライの方角の道はトリバンドラムからカニヤクマリの道路に比べて数倍整備され走りやすい、
4時間のドライブも2時間くらいに感じます。
道の両サイドはニームの木がズラーッと並びます。ゆけどもゆけどもニームニームです。
ニームは無農薬です。自然に生えて、性質が苦いので虫もきません。

ニームの並木
途中でのどを潤すためスィートココナッツをいただきます。表面がオレンジ色のココナッツは青臭くなく甘い感じがします。果肉も飲んだ後削り取って、ぷるんと美味しい。
みんなゆっくりゆっくり

ニームの大きな大木の下はやさしい風が心なしかひんやりとすがすがしい、
ニームは神様が与えたインドへの最大の贈り物、いつもニームを見るたびに神様はいるんだな、と思うのは私だけでなくジグマやたのインドの人々も思っているのです。
不思議とニームの木陰はさわやかで静かです。
ニームの木のしたには
何人もの人が車やバイクをとめ一息入れています。
スィートココナッツの果肉
ニーム木陰

さて、以前のTOYOTAは誰かのお下がりになって今回はレナードの新車。
ジグマは安全第一なので車はいつも高級車??
まあとても快適です。
新車レナード
やさしい安全運転のクマールさんにはいつも感謝です。
風力発電
インド第二の風力発電を見ながらマドライへ
何千本とあるらしいのですが政府の国営ではなくプライベート企業です。
しかも政府が電力を買い上げているのに未払いだそう。
だから何機かは停止していました。
風力発電1
念願のオーガニックのモリンガの栽培地に今日はゆけるのでアーユルヴェーダのトリートメントの時間まで減らして今朝からご機嫌な私です。クリニックのあるカニヤクマリからナガルコイルのオフィスちかくのホテルはお湯もwifiもないけれど朝の出発が早いから泊まります。まあがまん。
カニヤクマリの観光地はホテルの建設ラッシュです、一番高い宿泊料金のSEA VIEWホテルがナガルコイルにも新しいホテルを建てたばかりです。
宿泊費は3000円のウドィピホテルの横にOPENして5000円から10000円、もちろんお湯24時間。wifiは来月から接続可能と、とどんどんインドも変わってゆきます。
わたしにとってクリニックはお湯とWIFIがあるのでやはりクリニックが居心地良い。
今は家のようになったクリニックが風も海風が吹き、明るくて親しみやすい。

7時の出発でまずはティータイムです。
インドでは男性のひとつの社交場になっており、朝の食事の前にこうやって男ばかりが集まって井戸端会議ならぬ情報交換をします。
朝のスナックで一日は始まる

ここにも元祖サイババの写真が、
元祖サイババ
続きます。
ジグマ・アーユルヴェーダクリニックの新しく赴任されたモービードクターとの共感は忘れられない今回の滞在の一ページです。

いまさらながらセラピストとしてスーリャ・ナマシカとプラーヤナムの大切さを懇々と話され反省もした私でした。

モビーは雲という意味だそうで、インドでも珍しいといわれました。わたしのアーユルヴェーダのきっかけとなったサンデギリのスタッフの名前も多く知っており、ジグマクリニックに雲に乗ってこられたのですね。
と大笑いしました。

さて先生の80%は食事をクリエイトは来年あたりから展開するファステイングに預けて
トリートメントの基礎をここではお知らせしたく思います。

わたしと先生はクラシックなアーユルヴェーダを国に合わせた方法で展開したいという想いです。
だからココナッツオイルが冷性質だといってココナッツオイルでマッサージするなど大変です。
いかにピッタであろうとです。3つのドーシャは5つの五大元素が大きく関与し、また日本という冬の季節がある国には向いていないのです。

基本ベースはコールドプレスの黒ゴマです。/近日中に公開します/
これにアユールK (カファ、ワータ)アユールA (ピッタに傾く)を適宜混ぜ
アビヤンガ。

先生の言われる80%食、20%トリートメント 20%のうちの80%がハート
ですのでこのハートを使うトリートメントをつかむことがセラピストの鍛錬です。

当社はキリに特化しているのでタイプ別のキリを紹介します。

キリ イラキリ乾燥 これがベースとなります。
先月までプディキリとしてのパウダーでしたが今回からはイラ(葉を)や根 やフルーツを小さく切ってます。

カファタイプキリ
レモンやにんにくを合わせて炒めるのが本当ですが、キリのみでも可能です。
カファタイプは水ですのでオイルは少なめにもしくはウルドワルタナで軽く、キリはタッピング、熱を圧で入れてゆきます。マッサージはほとんどキリの場面では行いません。
ピッタタイプキリ
ピッタタイプ

アビヤンガは冷性質のニームが配合されたキリマッサージオイルで行います。激しいマッサージは行いません。
できればピッタはレモンとにんにくとイラとアロエベラで炒めて使用していただきたいキリです。
かなりタポッとしたジャンビラキリのようになりますがピッタ用きりとなります。
ワータタイプ
ワータ
カスターオイルが配合された黒ゴマオイルを使用します。当社のキリ専用オイルはカスターとニームが配合されております。少し、黒ゴマオイルを加えワータタイプに使用できます。キリの葉ベースにカレーリーフとニームリーフを加えキリのハーブボールを作ります。
小さめのキリでたっぷりのオイルを使用しマッサージします。
アーユルヴェーダ1


ご購入、お問い合わせはここから
高知の癒しの空のラピスの社長、光内美和さまはじめ、それぞれの持ち味のあるスタッフの方々が、
クラシックな形を守るジグマ・アーユルヴェーダのアビヤンガとキリをほとんどマスターされました。

わたしにとってはただただ頭が下がるばかりです。
アビヤンガにしてもキリにしても、かなりハードなトリートメントです。

そのトリートメントを自分が無になるトリートメントを通して、
アーユルヴェーダとはなんであるかをしばしつかむことが出来ます。

じっくりアーユルヴェーダを伝えていくためにこのセラピストの集中力は不可欠です。

修行みたいですね。 そうです。これはアーユルヴェーダの聖者が考えた魂の鍛錬なのです。
心を使わず、ハートを使う練習です。

高知は坂本竜馬、よさこいと四国の中でも名の知れた県です。
また四国88箇所の巡礼地でもあり空海、弘法大師が山野を駆け回りお寺を建設していかれた
仏様と縁の深い土地です。

インドから伝わったものは仏典、歴史によると医学的療法、針を用いた外科的療法も伝わったという説がありますのでこの高知の36番39番札所近い、ラピスにはなぜか力強いパワーがみなぎっています。

sannyousou歴2
癒しの空 ラピスは この太平洋に面した入り江に立つ山陽荘でのトリートメントもされており、
夕日を見ながらのアビヤンガ、キリも歴史を合わせて受けてみれば不思議な感覚になります。

私たち四国の人間に肌身近い弘法大師に見守られてアーユルヴェーダはここに来たのかもしれない、
と癒しの空 ラピスの光内社長と先月ミステリアスな感を交えて話したのでした。
sannyousou歴史


これからファスティングをアーユルヴェーダに組み込んだ滞在する体と心のトリートメントを展開する
基本が出来ました。
2014年は高知の滞在型アーユルヴェーダで素晴らしいアーユルヴェーダの真髄をお客様に伝えて行けると思っています。

でもイタリアンも美味しいのですよ、ここ三陽荘は、

三陽荘 3
安くて、量が田舎らしく多くて、(お腹いっぱいになってほしいという熱情です! 
三陽荘 1
食事の前には温泉へ
三陽荘 
sannyousou.jpg
また霊験があるとひそかなパワースポットである青竜寺も近いです。39番だったと思います。
私たちのジグマも海に面したカニヤ神殿でまたナガラジャーコイルは蛇に守られているので共通するところがたくさん。

癒しの空ラピス様のスタッフさま、何年かの努力の積み上げで、奇をてらわないシローダーラに走らない
基本のアーユルヴェーダがここ高知で構築され、またインドからはジグマのモービー先生がよりいっそうパワフルにサポートしてくれそうです。

この基本にドーシャ別のオイルの分別、マッサージが行われます。
地元と結びついた、野草酵素もできあがりファスティングに織り込むことも出来そうです。
また高知はショウガの産地、大変な無農薬栽培でショウガを生産している若い方も
是非応援したいと
食80% トリートメント20% その20%のうち80%がセラピストのハートというモービー先生の
アーユルヴェーダのクラシックなアーユルヴェーダを伝えて行ければと願うばかりです。

そしてこの何年か手を付けなかったシローダーラの神聖な領域にはいる資格が出来ました。

日本のアーユルヴェーダはシローダーラに傾倒しやすく、また軽く扱いがちです。
わたしたちがなぜアビヤンガや、キリを何年もかけて取得しなければならないかは、この道のりを踏んだ
高知のスタッフさまは理解できていると思います。

これからが楽しみです。
いつも感謝しています。
とてもヘナが好きで、一生懸命天然へナでがんばっているお店が愛媛県、松山市にあります。
ヘナにこだわりをもたれている美容室の先生は大変です。
天然へナとインディゴを使いこなすには、正しい知識と、プロ根性がないとさまざまなハードルを越えることが出来ないからです。

nagomi


その上利益率は手間がかかるのに低いからです。
また集中してトリートメントしないと白髪をしっかり変色させ、また美しい髪に仕上げることが出来ません。

ときどき高いヘナを頭に付けて、高級=最高 と思っていらっしゃる方がいらっしゃるのですが、
わたしは 良いヘナ = 正しい使い方 =美しい 
という公式なので、
ヘナはつやつや美しい栄養深い、どっしりした頭髪をつくります。
美しく仕上がっていないのならその方法はどこか間違っていると思います。

ヘナを輸入する前はシルクに植物染料で色をのせてゆく、また柿渋染めや、墨染め、流し染めのような
布の世界にいたので、
ヘナの染まり方や、インディンゴの使い方は白い布に色を重ねてゆく行程と同じでより簡単なのです。

だからヘナとオイルが浸透した髪はただただ美しい。だから紫ぽかったり、ごわついていたり、黄色が強い髪は
美しくない、= ヘナやオイルが十分入っていないという 公式です。

髪は美意識を問われるのです。

松山のヘナサロンとしていつもスタート地点の気持ちを忘れないお二人は、
ヘナをハンドで綺麗に塗って行かれます。

見事です。決して混ぜない100% ヘナとハイビスカスオイル

インディゴは特に注意が必要で、まちがった塗布の方法でしらずしらずのうち大変なことになります。
いろいろな困難をのりこえ和様はヘナサロンとして成長しつつあります。

松山でヘナサロンされているのは和さまだけではありませんが、徹底してされているのは愛媛県でも
何件か数えるほどです。

ソジャット産ヘナのみをハイビスカスオイルを混ぜ塗布してゆく、これがジグマハーバルの譲れない基本中の基本です。
インディゴは補助、ヘナではありません。
アムラはチャワナプラッシュとして食するかもしくは
脳のクーリング作用としてカッファを強めるカシャダーラとして使うのが一番。
ヘナにいれるのなら100g に大匙1杯。

ヘナサロン 癒しさろん和 なごみ さま です。

本当のヘナをするなら松山市在住の方はこのサロン一押しです。

愛媛県松山市正円寺3-3-50
電話番号 089-906-1705
4日に帰国し長い旅が終わりました。
今回さまざまなことがありすぎて、こうやってPCの前に座っているとタイムトンネルを抜けてきたみたいな感じです。

ここにわたしはいるけれども、もう国や時間や人は距離もなくて意識だけが浮遊しているような。

9月26日わたしの大切なお客様の一人が亡くなりました。ちょうどジグマのクリニックでトリートメントを受けている日程の間でした。56歳の誕生日を数日先に控えてらっしゃつた矢先でした。
何年か前彼女はインドに到着してジグマの皆々に出会った瞬間から大泣きでしたので、とりわけみんなの脳裏に焼きついていました。”こんなにやさしくこんなにたくさんの人から心配されたことはいままでない ”と大粒涙ぽろぽろでした。

いろいろな思い出があり、皆でお祈りしました。

わたしはそこで新しく赴任されたドクターに診察されて、
”何か」心に持っていますね。”といわれ、初めてあったドクターに抱きしめられ大泣き!
”大切な人を何人かクリニックに連れてきましたが、わたしにはどうすることもできませんでした、”
と泣いてしまいました。亡くなった彼女の前は37歳の方、最後まで抗がん治療を拒否されて、壮絶な最期でした。これから何人そのような出会いと別れがあるのか、とてもつらい苦しい思いがドクターの前で出てしまったのです。

ジグマにこれから3年いらっしゃるこのドクターの名前はモービー先生といわれます。
5世代続くアーユルヴェーダの最後のかた、だからとても寂しい表情をちらり、とみせるときもあります。
息子さんは歯科医になるので彼女でアーユルヴェーダの世代は終わる運命なのです。

自分の病院をケララに持っていましたが息子さんの進路によって、クリニックは閉められ、サンデギリ、
デリーのカイラリに医師として赴任された経験をお持ちです。

アーユルヴェーダとは、というコアの部分で意気投合、また二人とも涙です。
集中力、そして神様がそこに降りてくる、
80%は処方(食生活 ハーブ薬、飲み薬)20%はトリートメント
その20%のうちの80%がセラピストのいかに無になるかという

そしてわたしのトリートメントについての疑問も次々と解いてくださいました。
探していた先生が不思議な縁で会えた、そんな感動でした。

わたしがキリに特化してトリートメントをしていることを知って、
より深い知識をくださいました。

是非これから皆様と分かち合ってゆきたいと思っています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。