キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回も3日間皆様ありがとうございました。
遠方から来られた方も本当にありがとうございます。

来月もまた新しい交流が生まれ、またいろんな出会いや、驚きに満ち満ちてありがたいなと思っています。

8月もまたご案内いたしますのでよろしくおねがいいたします。
どんどん劇的に変化する髪とお顔を皆様ご披露くださいませ。


アビヤンガ&キリ ヘナ講習会のお知らせ~<3>

日時:8月24,25、26日
場所:image リンパドレナージュサロン 中目黒店(館休日)アーユルヴェーダ体験会
場所:LES Cheveu 渋谷区神宮前 ヘナ 講習会  

第2回も盛り上がりました!夜の10時まで玉村先生お疲れ様でした。感謝です。



*今回からセラピスト様への部活のような講習会が始まります。

~久保様のリンクです。←仔細はこちらへ

saron sana kubo
saloon sana kubo
トリートメントの後はお休みになれます。
sana kubo
アーユルヴェーダ的ヘナ講習会は、渋谷の玉村先生のサロンで行っています。
41aedc4c-s.jpg




スポンサーサイト
アビヤンガshiro

アーユルヴェーダセラピストとはインドと日本ではまったく違います。

日本人の素晴らしい細やかさ、繊細さはアーユルヴェーダ的で、かつ
親切なこまやかな心は世界で一番とおもいます。おもてなしの気遣いです。

なぜこの話になったかといえば、

インドでは
◎アーユルヴェーダの歴史と伝統。
◎アーユルヴェーダ製法工場
◎アーユルヴェーダ医師、
◎セラピスト
◎神(宗教ではありません)
がそれぞれ役割分担があります。

日本では
アーユルヴェーダセラピストは
すべてこの5つを背負わなければなりません。私が見る限り調和はありません。

ということは、です!
日本のアーユルヴェーダセラピストは育ちにくい土壌にあります。
この5つを自分の中で学び、消化し自分のものとしてゆくには大変な努力が要るわけです。

キリのエキスパートになると、
どうして謙虚にならねばならないかが、自然とわかってきます。
上記の5つの調和が自分のなかで小さく発生し、次第に根を張るからです。

日本人ならアーユルヴェーダの伝統は日本にはないけれども
この5つの調和を学び、アーユルヴェーダセラピストとして自立してゆくことはできるはずです。

それが日本独自のアーユルヴェーダのスタートとなります。
わけのわからなかったもやもやが晴れてゆくとき、
また違うステージに立てます。

人間という小宇宙は
プラーナによる生きる力と、
魂に分かれています。浄化という言葉やデトックスという言葉はもっと意味を咀嚼して使わねばなりません、
魂は宗教と結びついて、
生はアーユルヴェーダに結ばれています。

ジグマハーバル インディアが祈っているのは
宇宙の神です。この世界を創った創始者、

どの施術より、
クラシックなアビヤンガ
キリ
この二つがその道を案内してくれます。

それを理解するだけの文化が日本にはあり必ず日本的なアーユルヴェーダトリートメントは根を下ろすはずです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。