アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

 > 2015年10月

ドーシャに対するオイル、わたしなりの捉え方、

ドーシャに対するオイル、わたしなりの捉え方、

わたしのアーユルヴェーダの出会いは、シッダ医学の工場、そこに勤務されるアーユルヴェーダとシッダ医学の先生たちとの出会いから始まりました。また素晴らしいけれど、名もないセラピスト、数十年の間に絶対忘れることのできない彼女たち。このなんともいえない感動をシェアしたい一念でデリーのSPAを開店したのです。卸業に徹底し良質の素材を日本に送る、その仕事も重要ではありますが自分でオイルを扱って、もっともっと人...

... 続きを読む

* by sanakubo
稲垣先生
ありがとうございます
少し体感をもとに勉強していくと、ドーシャごとの区分けが私も無意味に思えていたところなのでしっくりと理解できました
ピッタ気質がメインの私ですが
久しぶりに風邪をひき、
咳込む(ヴァータ)の乱れと
痰が絡む 水気質(カファ)のバランスが悪くなっているのを体を通じて感じます
だからその時々、症状に応じたアドバイスや施術が必要になりますね
ドーシャごとにの考え方でその通りに行かないのが生きてる人間
だって生きてるんだものですね

デリーの気候を髪で感じる

デリーの気候を髪で感じる

デリーでの居住が日本より多くなりました。デリーの気候がいかに乾燥しているか、水は硬水なので水も変わりました。髪を洗髪するために、当社の無添加、無香料のシャンプーを2本持参していますがジグマのシャンプーパウダーもあわせて使用、ときに粉、ときにシャンプーです。同じものを使用してもデリーでの髪の手入れは日本より2,3倍手をかけないと美しくつややかになりません。わたしもヘナを販売しながらボーボーになった、...

... 続きを読む

承認待ちコメント * by -

2015年 ヘナ 収穫 やっぱり感激

2015年 ヘナ 収穫 やっぱり感激

今回はアバロンコートヤードの当社のサロンが月曜日定休日ということで、合間を縫い始めて列車で移動することになりましたが南と異なり、まあなんと古い、汚い?かな列車。時間は節約できましたがうーん、たくさん見たくないものを見る羽目になりました。人間の自らのプロダクトだからしょうがないですが、眼に焼きついて消えません。ただ、行きはデリーからジャイサラメールヘの列車。帰りはアーメダバードからハリダワール、途中...

... 続きを読む

11ヶ月になりました。デリーのアーユルヴェーダサロン

11ヶ月になりました。デリーのアーユルヴェーダサロン

デリーのアーユルヴェーダスパが開店して9ヶ月がたちました。アーユルヴェーダの実践という試みでわたしにとっては生まれて初めての試み、いったいどうな風になるのかケセラセラのわたしでも年齢を考え合わせるとリスクが大きい一歩でした。ひとつは日本でセラピストが育たなかったこと、形式主義にとらわれてその囲みの中からどうしても踏み出せないセラピストを実演して、では同じ立場になればわたしもその痛みや、形に流れるサ...

... 続きを読む

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence