アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

 > 2017年08月

伝統の重みと聖域 アーユルヴェーダの定義

伝統の重みと聖域 アーユルヴェーダの定義

インドと関わりだして二十数年、ここ2年半ほどは頻繁に行き来はするにしてもデリーにオフィスと居を構え自分を振り返る、よい時間がありました。アーユルヴェーダの製法で処方されたオイルやジャム、粉薬は数十年ではなく、数千年の歴史の中で編まれたレシピです。それぞれの正直なポリシーと強い信念を持つオーナーによって支えられている製造方法。製造過程のある部分に現代のテクノロジーを利用したとしても、変えれないところ...

... 続きを読む

人生 生きるという事 

人生 生きるという事 

わたしの人生振り返って、もちろん日本で生まれ教育を受けたことはとてもラッキーです。次に中国、そしてアジア諸国。でインド アラブ。。。。日本人と中国人の大きな違いは、中国人は人生は自分の桧舞台、演ずるのは主役の自分。舞台での自分。中国3000年をバックにどうこの人生を、与えられた舞台で演ずるか、だから110万のグラス一杯のワインを頼む。いつも冷えた世界観がある。客観的日本人は違う、ひとつの組織のどこ...

... 続きを読む

インドのエッセンシャルオイル いろいろ 

インドのエッセンシャルオイル いろいろ 

インドで花屋さんで花を求める時、日本で花を選ぶようにまず知っている花から見て行くのですが、人の誕生日や、結婚式で花束がどんどん山のように積み上げているのを観察すると知らない花々がとても多い、例えばチューブ・ローズ まるで房のような花がぎっしり束に伸びている、甘くて個性的な忘れられない香り、デリーに来てあまりの多さにいまさらながら驚いた、フランジュパニ、当社のアユール H,通称ハイビスカスオイルは原...

... 続きを読む

香りを聞く 天然香だからできること 2

香りを聞く 天然香だからできること 2

合成の香り、それは生活の中にあふれており、香料と成分表示のあるものはすべて石油からの合成です。洗濯粉、ありとあらゆる洗剤、食べ物、化粧品、わたしたちの鼻は麻痺していて、どれが本当の持つにおいなのか全く判断できない臭覚になっています。そうは言うわたしもです。例えば天然の花や草木からとれたエッセンシャルオイルを買い求めるときも、試供品のところで鼻を近づけて、これは好きな香り、嫌いな香り、で判断、購入し...

... 続きを読む

香りを聞く 天然香だからできること 1 プロローグ

香りを聞く 天然香だからできること 1 プロローグ

インドと言えば100円ショップのお香、あの棒状の長いお香はチープというレッテルが貼られてしまったのでここではあえてインドのお香とは書きません。:インドは特に北のデリーの人はとんでもない確率で詐欺が多い、外国人はカモです。20年以上インドと貿易している私ですらデリーに来て住むようになっても、やられました。まあ致命的でなかったので身体は安全で、心もお金もさようならインドまではならないので、許していますが。...

... 続きを読む

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence