キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インドと関わりだして二十数年、ここ2年半ほどは頻繁に行き来はするにしてもデリーにオフィスと居を構え自分を振り返る、よい時間がありました。
アーユルヴェーダの製法で処方されたオイルやジャム、粉薬は数十年ではなく、数千年の歴史の中で編まれたレシピです。
それぞれの正直なポリシーと強い信念を持つオーナーによって支えられている製造方法。
製造過程のある部分に現代のテクノロジーを利用したとしても、変えれないところはきちんとした行程を残しています。

よくアーユルヴェーダを学んだ人が、インドからオイルを簡単に輸入できないこともあり、自分でターメリックなどを入れ、またいろんな物を組み合わせハーブエキスのオイルを作る。

作るのが悪いのではなく、そこに自分のしている事の意味が理解できており、謙虚さがなければならないのでは?
やはり精神性の高さを問われるのです。偽者のアーユルヴェーダ、デリーには山と、インドにはうんとあるのです。
同じ事をしていては世界に通用しない。

たとえばキリにしても日本で手に入るハーブを混ぜてオリジナルを作る。
インドのものより効果が在るとは言わないにしても、キリのスタイルだけを売るのは悲しい。

アーユルヴェーダを切り売りし、そのコアを理解しないで偽者のパーフォーマンスは通用しない。
次の担い手には伝わらない、ということだ。軽いから

人間の愚かなところは歴史を見てもわかるように、学ばない、精神的な進化は止まっている。

伝統は文化ではない、その重みと尊厳さをもっとかみ締めるべきです。

人間は弱いもので特にアーユルヴェーダは伝統と統計学の(臨床の数)に支えられた人間の歴史の中の代表的な
伝承医学、そこに自分のレシピやいわゆるアイデアを投入たとして、歯がたたないのです。
その深さを理解できない人は、極端に言えば好みと自分のエゴでどんどん違う商品をファッションで入れ替えます。

王道とは何か、伝統しかない、大変だけれどもそこに祈りを入れないと、なにもはじまらないと思います、
自分に詐欺できないひとは、人にも詐欺できない、

セラピストは往々にして、素晴らしいセラピストほどある自信のピークを迎え、そして身体はひとつしかないことに
立ち止まり、それからいろんな方向への模索がはじまります。

資格を与える講師であったり、ネットワークビジネスの商品を販売したり、スピリチャルな方向へ向いたり、
それはその人の生まれた星の影響もあるかもしれません。
そこでセラピストの真価が問われます。

わたしがにしても同じこと
反省と謙虚さの元に働く、伝統の火を消さないよう次の世代に担っていく少しでものお手伝い。
毎日が反省。

アーユルヴェーダを利用しないでいかに自分の中の生きるコア、正義みたいなものを探し出すか、
消えないように,すりかわらないように。平凡であり、実直であること。

例えばわたしのポリシーの中に、製造現場とオーナーには必ず会い、話し、おなじコンセプトでないと取引を始めません。

来週からプシュカルへ。ローズウォーターのオーガニックのファーマーと商談です。あらかじめメールでどのようなポリシーであるかは確認できた上で実際に商談。

ヘナにしてもローズウォーターにしても、モリンガも農場からきます。決して工場からではありません。
でも多くの取引業者がケミカルの工場(きれいなオフィスで便利な場所)と商談します。

デリーにはピンからキリまでの商品があふれています、
その中で信念がある人と会い仕事するということは、かけがえのない縁。

どんな人と製造現場に会えるかうきうきしています。


スポンサーサイト
わたしの人生振り返って、もちろん日本で生まれ教育を受けたことはとてもラッキーです。
次に中国、そしてアジア諸国。でインド アラブ。。。。

日本人と中国人の大きな違いは、中国人は人生は自分の桧舞台、演ずるのは主役の自分。
舞台での自分。中国3000年をバックにどうこの人生を、与えられた舞台で演ずるか、
だから110万のグラス一杯のワインを頼む。
いつも冷えた世界観がある。客観的

日本人は違う、ひとつの組織のどこの駒か、です。だからこの連鎖がとても大切。看板は企業。

インド人はさてどうかな、
好奇心がとてつもなく強い、
そうそうOSHOがいったように熱狂して生きる、かもしれない。人と出会ったときその人の中の火を見ている、見られているよう、
彼らと話していると中国人のときに感じた3000歴史を背負った大陸人の優越感はない。

インド人はその植民地であった、貧乏(とかけば簡単だがもっと壮絶)の時代の忍耐を感じるときがあります。
と祈り、これは中国人は生まれ変わりを信じないので(共産党)舞台は幕がひくと、終わり
インドにはリーインカーネーションが仏陀とともにあるので、そこに祈りがある。

とんでもなく物価が高い、ここで果たしてどんな人生になるのやら、本当にケセラセラです。
インドで花屋さんで花を求める時、日本で花を選ぶようにまず知っている花から見て行くのですが、人の誕生日や、結婚式で花束がどんどん山のように積み上げているのを観察すると知らない花々がとても多い、

例えばチューブ・ローズ 
tube rose delhi




まるで房のような花がぎっしり束に伸びている、甘くて個性的な忘れられない香り、
デリーに来てあまりの多さにいまさらながら驚いた、フランジュパニ、

当社のアユール H,通称ハイビスカスオイルは原料の香りがあまりよい香りではありません。
最近このグローバル温暖化でインドの気候も激しく変化していて、原料の高騰化が起こっています。
ローズオイルを入れることが原料の香りをカバーするまで配合することが難しくなりました。

そこで提案です。
艶出しさらさら、ホホバオイルを30ml容器に入れ、好きなオイルを5%まで入れます。
ヘナを塗布するときにヘナの中に100gと約300mlの溶いたヘナなら400x0.03=12  12を0.05ml(一滴)20 滴ほどいれれば仕上がりほのかな香りが、(ローズはもったいないのでお勧めしません。)
いままでエッセンシャルオイルの使用方法がわからなかった方もこれで香りの勉強ができます!。

インドの代表的なオイル、もちろんわたしが体感済みのものです。

1.パチュリ  第一チャクラ 、以前嫌いだったこの香り、第一チャクラ大地のかおりと聞いて 一番最近お気に入りの香りに

2.ケワラ  インドの典型的なエッセンシャルオイルであり、蒸留水も採れるのですが、私てきにはまだ?

3.ミント   いろんなミントがありますが、このミントがいい

4.ツルシ ホーリーバジル  葉っぱは薬効がある味がするのにエッセンシャルオイルは甘いかおり

5フランジュパニ  有名なハワイのお花です。 チューブローズと比べるととても面白い差があります。

フランジュパニ
6ユーカリ   インドでは有名な誰しも好きな香り 清涼感あり甘さあり

7ラベンダーフレンチ  インドラベンダーとも言います。カシミールで採集されたラベンダー安いですがミントと混ぜて

8ローズ   高価ですがもちろん女王様、ホホバに、そしてヘナに

9チューブローズ ヘナを混ぜるとき入れるのが一番合っているような、 

10サンダルウッド:これもホホバに

9月より発売予定です!!

8月は22日よりラジゃスターンへ
デリー から グルガオン じゃぱにーずゾーンと呼ばれる工場地帯(ここに2件当社のSPAがあります)ニムラナを抜け・ここまで車で2時間くらい、休憩して
ジャイプール、ローズウォーターの工場見学、
プシュカル 蓮とバラの聖地、ホワイトシティ へローズガーデン
今回はすぐ目の前がソジャットですが、ここで時間切れ、またバラの咲くころに再企画します。

9月は韓国のお菓子の貿易会社が500kgモリンガ輸入のお手伝い、
韓国でお茶にするそう、パウダーはいま抹茶のかわりにチョコと混ぜてモリンガチョコを考えてるらしい。

ラジャスターンにはオーガニック農家が多い、ヨーロッパの人々が取引メイン、
いかにヨーロッパがこだわっているか、が良くわかる。
特にローズウォータ、1L 200円から まやかしの多いこと。
どんな人と会えるか、楽しみ!
合成の香り、それは生活の中にあふれており、香料と成分表示のあるものはすべて石油からの合成です。
洗濯粉、ありとあらゆる洗剤、食べ物、化粧品、
わたしたちの鼻は麻痺していて、どれが本当の持つにおいなのか全く判断できない臭覚になっています。

そうは言うわたしもです。例えば天然の花や草木からとれたエッセンシャルオイルを買い求めるときも、試供品のところで
鼻を近づけて、これは好きな香り、嫌いな香り、で判断、
購入したものの使わないでそのまま、ということも多々ありました。

結果として使い方が良くわからないし、使い方がわかっても続かない、もしくは自分の生活の一部にならない、

これがこのビャクダンコイン一個で覆りました。

すごいパワーです。

わたしたちは生活の中で例えば、引きこもりであっても、少々鬱気味であっても、またすることがなくて家でごろごろしていたとしても
実は短気なのです。ストレートに期待し裏切られるか、小さな実りかを毎秒ごとに期待と失望を繰り返しています。
昔は食べることがゆっくりであり、生活もそれに合わせてゆっくりの時を刻んでいました。
朝太陽が昇り、畑で作物の生長を見るか、狩猟に出かけ獲物をとるか、
期待と生活は歩調があっており、ストレスがなかったはず、

いかに天然の香りを鼻で会でも、好き嫌いで選別する。
このビャクダンのコインと出会って、いろんな過去の香りにまつわる言葉がよみがえってきました。

ある人に、合成の香りはひとつの音しかない、空気が動いてもそれは一つのノート
天然の香りは例えば鼻の右から左へ動かした場合、強弱がある、
留まり、見えない空気の動きに、また感じる空気の気配に香りが動く、
エッセンシャルオイルは組み合わせて使用するとき、肌の温度と、キャリアオイルの按配で香りの立ち方に時間差がある
トップノートを追いかけるように次の香りが後を追う、最終に残る香りはまた最初とは異なる

それを感じました。

宇宙は音から始まり、摩擦より水になり固体となり、
だから香りで空気の気配を知ることは
まさしく宇宙のはじまりに似た、ひとつの守り人のように実体があるようなのです。

そしてそれを感じるためには心は平安であり、その意味は悲しくても、つらくても、楽しくても、静かな心さえあれば
その香りの動きで、空気の中にいる自分を感じ取れ、それは感激であり、やさしさです。
ゆっくりした時間のわだちに入ったとき、なんで自分は急いでいたのか、に気がつきます。
反対を言えば心が急いでいる人に香りは聞けない、
もっと自分を大事に想うようになるはず。

昔は香道といわれ香りを当てたり、短歌と合わせて読んだりしたのが香道と聞きますが、
それは禅の道にも通じ、あーーーー感激きわまりないこの数日です。宇宙はそこにある、そんな感じ

平安や鎌倉の香道のそこまで高尚になれないにしてもまず、このような形でお試しあれ
いろいろな方法をご紹介いたします。

1.ビャクダンのコインを枕元に置く、寝る、本を読む、
2.ビャクダンのコインをすこし爪でとり朝,塗香と同じようにして手のひらに擦り付けるか身体を清めるか
わたしは1の方法で気がつきました。

香らないと思うかもしれません。
香りがきつい場合は離してください。
風も吹いていないのに、香りが動くのが感じることができれば,それが扉です。
温度の変化、呼吸、微妙に感じます。

ローズやバチュリのコインをサンプルで作ってもらって試しましたが
なぜかビャクダンが良くわかる。

不思議な体験です。

白い煙 目に痛くなく嗅覚を刺激しない 芯を取り接着剤を使わない
灰になっても良い香りがします。
これもひとつの基準です。
20170730195641f68.jpg
灰

いままで販売していた香りに加え、包装も変わり
パチュリ 
これも第一チャクラと結びつくパワフルな香りです。一番嫌いだった香りが、第一チャクラの大地の香りと聞いて
一番好きになりました。
フランジュパニ
フランキセンス
香りはほのかなのですが清める力があり、合わせて焚いてもOK.
などが加わります。
2017秋発売です、
インドと言えば100円ショップのお香、あの棒状の長いお香はチープというレッテルが貼られてしまったのでここではあえてインドのお香とは書きません。:
インドは特に北のデリーの人はとんでもない確率で詐欺が多い、外国人はカモです。20年以上インドと貿易している私ですら
デリーに来て住むようになっても、やられました。まあ致命的でなかったので身体は安全で、心もお金もさようならインドまではならないので、許していますが。
わたしがボーっとしているため、人をだますタイプでないので逆に珍しくて寄ってくる人がいます。うちのスパがボランティアするときも
VIPとか、いろいろ幸せそうにスタッフが手を抜かずにトリートメントするからそこが不思議らしいのです。インド人にとって。またうちみたいに儲からないスパをやっているところも珍しいのです。正当な手技で変なことをしない。変なことをするスパはすごい儲かるのです。まあ古今東西同じです。

話は戻って、そんなインドの会社の中で売れない天然のお香を作っている人がいました。
なぜ売れないかと言うと市中に出回っているお香が安すぎるからそんな高いお香買う人がいないのだそう。
でも本人がそれしか作りたくないので、デワリというインドのお正月のときにお世話になった各会社に無料でプレゼントしたりして
趣味で作ってらっしゃいました。
201707301956152bd.jpg
20170730195641f68.jpg


こんないいものなぜ売れないのか?キリのときと同じです。わたしはインド人みんなすごいケチとまたそのときまざまざと実感。
神様にそこらへんのお香をあげるんだ、毎日にすればそれは結構な値段です。
毎日わたしは店の神様に花をあげるのも以下月600円、一年で7200円。それもケチる人がいる。
だから生活費の中からお金を捻出して40円の花を神様に供えている人のほうが信仰心がある。

まあ高いと言えば高いです。このお香毎日たけば3パックは必要です。
スタッフはみんな気に入ってお金ではなくこれは本当にいいと、だからまあ続けている私です。

それまでは柔らかい天然香、香りがいいなだけでしたが先月新しいコイン型のお香をサンプルでもらったとき
感じ方が進化しました。それは 続く


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。