FC2ブログ

宇宙の力 

■ なぜインドのハーブにこだわるのか?

ひざが痛むとき、現代の私たちは植物エキスで治るとは考えません。骨が磨耗したか、コラーゲンが足らないか、アーユルベーダを信じる人々はそんなふうには考えません。

 お灸はヨモギの新芽を干して、手で揉んで作った単純なものですが、たった一つのお灸で膝の痛みがとれる場合もあります。

その施術と効果は何を示唆するのでしょうか?

 アーユルベーダの技術はシッダハの薬効を最大限に引き出すために生み出された、人間の知恵です。

シッダハ,アーユルベーダに使用される原料植物は可能なかぎり、有機栽培されたもの、野生収穫したもの無農薬栽培されたものであることが必要です。
つまり土地のエネルギーが残っているもの。
簡単に言うと、私の家の植木鉢に育っているバジルはインドのバジルとは力が違うということです。

ではそのエネルギーを留めるために、原料の植物の力を伝統的な技術によって保存するために、常温搾りをした天然のままの酸化しにくいごま油が最適なのです。
保存料は一切必要ないのです。


そのオイルが人間のDNAまで治癒できることを信じますか?

最終的に神秘的な作用をもたらすのは原料だからです。
関連記事

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
BLOG ランキング

FC2Blog Ranking

WEDJAT WELLNESS アユールウェルネス

NAOKO

Author:NAOKO
インドと日本を行き来しながら、
ハーブやスパイス、オイルなどの素晴らしさをご紹介していきます。この仕事も26年を迎えました。
デリーではサロンとヘナ(プラントピュア)を立ち上げ
4年になりました。是非ハーブの声を体感してください。
いつかお会いできればとてもうれしく思います。

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ