キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャンプーをつくれない理由

■ シカカイ について

 シカカイで髪を洗い続けてきました。 ベサンで顔も洗います。
 しかしシカカイもベサンも日本人の髪には強すぎるのではないかと思うこのごろです。私が日ごろお世話になっているケララの人たちはいわゆる化学のシャンプーはしません。晩オイルマッサージした後、朝バスするだけです。たまにシカカイで洗うそうです。全然臭くありません。

シャンプーは必要ないのです。本当は、

インド人の女性の長い細い量の多い、また天然の髪に化学シャンプーを毎日したらたぶん大変なことになるでしょう。
断髪が流行ってきている大都市はシャンプーが売れつつあります。

わたしのようにオイルの素晴らしさに心底陶酔している人間はオイルを毎日頭から体まで塗り、さすが夜寝る前に行うのですが、そんな私の髪でさえ、オイル不足になると、シカカイではぱさつくのです。

洗った日はよいのだが二日目には必ずパサつきます。

洗った後のホホバオイル、とアロエベラの水分補給は必要不可欠です。


ベサンも顔の皮膚が乾燥しだします。

去年ハイビスカス、シカカイ、フェニグリークなどに泡立つ成分のリタを微妙な割合でブレンドし、シャンプーパウダーを作りました。シカカイだけよりずっと使いやすく泡立ちもあり好評でしたが、やはり日本人の化学汚染された髪には無理でした。オイリーなかたはGOOD!

2008年からはハルディを加え、洗顔パウダーとして使っていただく予定です。洗顔としてはとっても評判がよいのです。

とにかくオイルを塗る、ハーブで洗う、オイルで落とす、オイルで与える。
それにつきます。 

シャンプーは必要ない現代文明の生み出した必要悪かしら?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/101-48b0840e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。