キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インデイゴの使い方が、もうひとつ飲み込めません。と言う方のために、ピンポイントでレクチャをば致します。

1.まず自分の使用しているヘナだと思っている商品の成分チェックしてください。結構多くの方が知らないままヘナだと思っております。

天然ブラウン (ヘナと藍のブレンド)
天然ブラック (藍100%)など

2.100%ヘナで栄養を入れて、(ローソンの赤いのが栄養)、インディゴで色を変える。が基本。

3.赤いところのみ藍を置く。

4、混ぜてるものはいつまでたっても、根本的に髪は健康に地肌は健康になりません。

藍はヘナと異なり粘りが無いため、卵1個を藍(インディゴ)50gの割合でブレンドします。
ヘナと藍を2:3で混ぜてもよい。とにかく粘りを付け、髪にぴったり付ける事が大切なのです。


それによって、白髪が赤くなつたところに、藍は反応して、洗い流すと白髪は赤からグリーン系、人によってはシロっぽく変化します。失敗ではないのです。
洗った後根元がグリーンに、


アレルギーは翌朝お顔の方にかゆみ、もしくは3日後に頭全体に粟粒上のぶつぶつができた場合は試用できません。お顔に紫のシミが一日でできてしまった場合は1年後消えます。インディゴのアレルギー→☆

a1.jpg

グリーン系に変化、モデルはしっかりした硬い髪質だが、藍は常温15分で入る。ヘナを卵の代わりに使用したときは時間は藍のみの時よりも10分延長する。
a.jpg

色変化を見るためにコームで藍を取ったところ
ここで酸化させる。藍は空気に触れて再び酸化し定着するため、このように髪全体に空気を入れる。
a2.jpg

一度洗い流したところ、
くっきりグリーンになっている。硬くて細いタイプの白髪はしらけたグリーンになる。
が毛先の独特のワインになった部分との段は自然に調和する。ここからまた3日から4日かけて茶色に変化。a5.jpg
a4.jpg
d6.jpg

グリーンが飛んで、茶に変化しつつある。
d4.jpg
d2.jpg
しっかり根元のところのみ粘着性をつけた藍をのせているところも注目

3日目きれいなワイン系。モデルは73歳の私の母。実際は髪真っ白ですよ、インドハーブ大好き人間。若いです!
d7.グリーンにまで変色するとコーヒー色まで濃くなる

どのくらいヘナが髪に浸透しているか?どのくらいの濃度と時間で藍をいれるか?によって
髪は茶から黒まで調節できます。根元が浮いた色はなりません。
では質問ありましたらお気軽に、
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/122-c0ddbfc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。