キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ最近、どこまでのアーユルベーダを施術するのが本当のアーユルベーダ体感なのか悩んできました。

ファッション的にするのがよいのか、本当のハーブを使ったり、オイルを使ったりするのがよいのか??

タイでのハーブボールの施術をワットポーや高級サロンで受けましたが、インドのキリを受けてからは、アーユルヴェーダのほうが感動が深いのです。

またタイのハーブボールの中身はショウガ、うこん、レモングラス、などで、皮膚の7層まで浸透するという黒ゴマのオイルに比べたら、どうでしょう?

美味しいものを一口食べる方が、まずい物を10回食べるほうが体と精神に良いのと同じ考えです。これはタイのハーブボールの批判ではなくて、ファッション的施術もリラックスし、ストレスを解消しますからタイの蒸したスチームの施術も意味があります。

けれど実際のキリは、タオルも汚れるし、服に染みると取れませんし、ニームオイルはとてもひどい匂いです。慣れた私、インドの人はおなじみのニームで、ニーム=体の免疫力UPという脳みそが自動的につなぐので、そんなに感じませんがファッション的にはひどいかもです。

シロダーラもインドのハーブオイルを使用しないで薬品で抽出された植物オイルや、食用のオイルなどですれば、お客様の望むのと反対の結果が導かれるかもしれません。

シローダーラのかわりに他の道からアーユルヴェーダを既に体感した人に、額にするバスティで十分ではないかと思います。シローダーラはあえてメニュからはずすつもりです。

本格派はアビヤンガとスヴェーダ(スチームバス)、そしてバスティ、キリ。
そして日本人にはヘナからアーユルヴェーダへの道が一番なじみやすいし、
若い方は、ハーブ洗顔からシカカイシャンプー、アーユルヴェーダフェイスオイルからの道



どんな道をつくるか、悩むところです....



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/125-9d9aadc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。