キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しっかりした、小さな葉と茎がの間に見える、茶色の点々が、ヘナの花の終わった花がらです。
この時点の季節は、五月で、一番インドが最高に暑いときです。下の、緑の丸いのが、ヘナが実に成ったものです。
四回の収穫がありますが、秋に収穫が最高とされます。

 このヘナは、収穫をすぎて、私の腰ほどまで伸びきっておりましたが、秋はもっと低木で、柔らかいようです。一株で、36年生きますその株から良質のヘナが採れます.
可愛らしい、ハーブです。実は想像していたヘナは、霧立ちこめる、ダージリンのお茶畑の柔らかい緑の葉でした。
こんなに小さい葉で、畑からしっかり自己主張持って、しっかり生えてるとは思いもよりませんでした。
農夫の方が、こうやってするのさ、と鎌を右手に、皮のグローブを左手にポーズをとってくれました。
一株ずつ、刈っていくそうです。ひぇーっ日本人も昔は同じことしてました
わたしも昔やってました。と同行してくださった、お客様がソジャットの方へ、身振り手ブリで日本語で、お話をされました。通じましたよ、ハートはしっかり、インドの方へ伝わりました。
着てらっしゃるのは、途中のジャイプールで購入したバンジャビードレス。安いからもっと買いたかったけれど
頭が入らないぃー!
日本人は顔も頭もでかいのをしみじみ実感。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/14-f1dbd9c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。