キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
もうすぐ2007年も終わりになります。

去年はデリーの空港で、すべての飛行機が止まり、前が見えない霧の中で、2007年を迎えたのでした。

今年は年末から年始にかけて、とカニヤクマリの日の出を期待しておりましたが、

大事な荷物が次々通関を控えているため、断念。無念。年末から年始なら15日間滞在できると気もそぞろだったのですが、1月に譲ることにしました。

たぶん大勢のいろんな国の人々が、日の出を祝い、日没を、拝み、いつもよりにぎやかで
感動を共有できるに違いないのです。

インドとお付き合いしだしてたぶん30回以上、かよっているのですが観光したことがないというのも残念なことです。

仕事の流れで、たまたま一度タージマハール、ジャイプールは7回、風の宮殿、湖の宮殿、
山にある宮殿はいったけれど、朝日の中の風の宮殿は最低だし、(夕日の時間が最高、水のないレイクパレスも幻滅、象で上がれない山の宮殿も退屈。

たぶんこれからはウダイプールへ飛行機が飛び出したので、ウダイプールとの縁が来年は
できそうです。結婚式に行かなくては、

北インドの結婚式はとにかく派手、ダンスあり、きらびやかなドレスにめがくらみ、全員が食べ、踊り、

南インドはアッサリおとなしい、つつましい。

そう、思えば結婚式の参加回数のほうが観光した回数より多いのです。


話は横にそれましたが、
美味しい南の食事はカニヤクマリで是非。

魚、えび、牛肉、ヤギの肉のカレー食べて、プーリも、大好きなバナナのお皿で、

天候が悪く、日の出が見れないとしても、がっかりしないで。

インドの観光は、忍耐と、理解からまたガンジーの言う言葉道理、森のような人間に触れないと、わたしたちを受け入れてくれないような気がします。

だからせめて、私の大好きなカニヤクマリで2日は滞在してください。

インドの南端にいる体感と、南インドの人たちの優しさを感じる一番の場所と思うからです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/142-5a16cc7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック