アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

 >  ケミカルヘナ >  化学のヘナという意味

化学のヘナという意味

今年の6月ころ厚生省がヘナに対しての誇大広告と、化学のヘナについての規制を新聞記事でご覧方もいらっしゃるのではと思います。

化学のヘナは薬品40% ヘナ60% その中のジアミン濃度は水溶液にして3%、5%です。

ジアミンとは色です。だからピンクのジアミン、オレンジのジアミンと極端に言えばいろいろあります。

化学のヘナは厚生省で染毛剤としてどのメーカーも認められないため、かつら、または雑貨という形で販売されており、法律内より行過ぎて、化学へナを髪にそめるものとしてカタログ、
販売していた業者に排除命令がでました。

ヘナが数パーセントしか入ってない簡易マニュキア、シャンプーに対しても誇大広告の規制が入りました。

化学のヘナは日本では髪を染めるものではない、のです。

ヘナ100%、インディゴ100%など天然100%は染毛剤として、化粧品認可がうけれるようになりました。が認可が下りたからといって、藍のアレルギーが解消されるわけでもないことに注意です。


関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence