キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
たぶん、私は言葉について、とても大切に、選んで、
意味を噛み砕いた上で使う傾向のある人間だと思います。

だから今でもアーユルヴェーダとは?という???の答えが出てこないのです。

アーユルヴェーダとは?
という質問の投げかけに、命を科学する、という直訳、またはそれに近いものの満足できないのです。

リズムを持ち正しい生活を送る、という答えに近いとも感じます。簡単なことですが、出来てない日常のリズムです。

頭の中ではアーユルヴェーダとはなんだろう?どんなものだろう?と好奇心は一杯で、
ただ、経験は、切実に求めても
ある程度の時間と縁とタイミングと行動の接点であるので、
頭ばかりが答えが、出てこないストレスが発火した導火線のようになって、経験したい体をイライラして引きずっているのです。

愛という言葉に置きかえて、表現してみると

赤ちゃんのとき、愛なんて言葉は、文字の前に与えられるもので、
思春期になって、恋し、または愛して、裏切られて、結婚して、なんてころころローリングストーンになって、さて愛は? の答をなにがしら、肉がついてきて、
やっと死ぬ前に、苔むして、それぞれの愛の言葉を、結果として得てゆく、

それが本当の言葉、言霊であると思うのです。

けれど、巷に飛び交うのは、イメージばかり膨らんだ言葉のバルーンばかりで、
ストイックな私には受け入れがたいのです。

ヘナでデトックス、というキャッチコピーも理解できずにオウムのように唱えて、
アーユルヴェーダとは、ドーシャがアンバランスになりアーマ(毒)がたまり、それはカッパ、ヴァータ、ピッタ、の体質などなど、

なにかすべてを難しく、かた結びのようになり、

そんなものではないと思うのです。

もっと簡単でシンプルなもの、自然発生的なもの、

先に愛のイメージやイルージョンに漬かりすぎて、枠をはめてしまって、混乱させている。
そんな感じがします。

きちんとしたリズムのある生活の中に、生きて、神様から降りてくるタイミングを待つ、器のような
道具だと、感じるこのごろです。

だから頭は導火線のようだけど、忍耐強く、日々の仕事をこなしながら、経験を待っている、私です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/187-c6286225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック