キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
用意するもの
鉄鍋
チビキリ 50gもしくは60g 2つ
キリ 100g
ハーブオイル(アユールゴールド)
body.jpg
上記の赤いポイントにできれば暖かいキリを置いてからスタートするとリラックス効果が高い。
少なくとも必ず首の下へは入れます。

鉄鍋にオイルを入れます。チビキリで60cc。
チビキリをオイルに浸します。熱いオイルで、鍋肌にそってオイルを切るように回します。
お肌にアユールゴールド(ハーブオイル)をのばします。
しっかり芯まで暖めます。
肌に使用しますので、手の甲で温度を見ながら髪の上こめかみから置きます。

プロのかたは

キリのコツはいかに高い温度の幅で、熱を扱いストローク、タッピングとマッサージ、を仕上げるかです。講習会での張り詰めた空気を、気合を思い出してください。
低い温度での三つの施術はだれでもできるのです。

まずお祈り、そして 至福の首に100gキリを置きます。
そしてはじめます。
kao.jpg

こめかみに置く前に自分の髪の上で温度を確認します。
OKなら、髪の上に置き、お客様に熱さを聞きながら、次第にこめかみの皮膚へと移動します。

こめかみが適温ならば、ゆっくり10数えます。ゆっくりです。
ボディのときと違って、視神経のほぐれるには時間がかかります。
お客様は十分、染み渡っているのを感じています。
ここでやっと圧力をかけます。両側から圧を入れることで、熱が深く入ります。
kao2.jpg
kao3.jpg

眉毛の間から、キリを横に使って、そのままスライドするように眉を覆います、
またここでもゆっくり10です
おでこを眉から生え際へとキリの表面を十分使って、(マッサージではありません)
熱を入れます。【適温】
必要であれば、キリに熱を入れ直します。

kao4.jpg


最後は眉間です。
外側から内側へと、最後に眉間にいれることで、今まで味わったことのないリラックスをお客様は
感じてます。

kao5.jpg


初めて今日はワコムでイラストをかきました 、汗、
なかなかGOOD!
携帯とPCがなければ生きてゆけません..
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/208-9394db69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。