アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

 >  アムラのお話 >  アムラの話

アムラの話

アムラオイルと一口に皆、繰り返されますが、
インドマーケットに売っているアムラオイルなるものは粗悪です。
またアムラまたの名をインディアングーズベリーと言って、何種類かあるようです。
わたしがアーユルヴェーダのマッサージを受けていた、センターでは家の庭に実っていた
小さなアムラでカレーを料理してくれました。
グリーングラムとポテトのカレーの中に小さな固い、渋いアムラです。
小さなアムラのほうが力が付くそうなのです。
amla shikakai

写真はシカカイのさやと、アムラの実です。

前にも書いたように、インドでのアムラは白髪予防や養毛よりも、
滋養強壮てきな役割として知られています。
おなじ力を付けるものとしてのハーブである(木ですが)シャタバリ、アシュワガンダハ、ツボクサ
なども同じ位置に並ぶのですが、なぜアムラのみ突出して知られているのかというと、

一つは
多くの実がなること、育てやすい
フルーツであり加工しやすい
といった点でしょう。

アムラの砂糖漬け、ジャム、アムラジュース、サプリ、いろいろです。
ここでアムラのみを単品でとるよりも、ハーブをブレンドしてハーモニーとして使用するほうが
より大きな効果が得られるのはアーユルヴェーダの基本です。
決して単品で商品を作り上げることはありません。

有名なトリファラがハーブの名前と勘違いされている方も多いのですが、トリファラは3つの
ハーブの組み合わせです。
ビヒタキ、ハリタキ、アラマキ(アムラ)
ここにその力を倍複させる、アロエベラやローヤルゼリー(蜂蜜)
ブレンドしてこその、素晴らしい養毛効果高いハーブオイル(シッダタイラ)の誕生です。

大きな幹となる力強いハーブとその補助、また草であるか、実であるか、根であるか、
冷やすハーブか、暖めるハーブなのか、

今南インドで当社のアムラオイルことアユール K がぐつぐつ煮られています。
そばについて、毎日見たいのだけれども、
いつか立ち会う日がくるでしょう。

細かい処方箋はドクターの知識には及びません。
わたしたちが無心にマッサージすることでのフィードバックがなによりものアーユルヴェーダの伝統になっています。
関連記事
いつもお世話になっています。 * by 鬼北町 有田
なおこさん こんにちは
いつも妻がお世話になっております。
ホームページに初めて伺いました。
いろいろと勉強させていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

アムラオイル * by marine
こんにちは。
アムラオイルはどうすれば手に入りますか?

コメント






管理者にだけ表示を許可する

いつもお世話になっています。

なおこさん こんにちは
いつも妻がお世話になっております。
ホームページに初めて伺いました。
いろいろと勉強させていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
2008-05-11 * 鬼北町 有田 [ 編集 ]

アムラオイル

こんにちは。
アムラオイルはどうすれば手に入りますか?
2008-05-17 * marine [ 編集 ]
Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence