キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インド的石鹸、手作り石鹸が本日届きました。
西洋とインドの融合、です。ずっしりハートに響きました。
そのレメディズ(手作りという意味)はここで創られました。
ひまわりさん→ココをクリック

ひまわりさん、ありがとうございます。
自分の子供ができたようで、喜びひとしおです。

わたしの追いかけている何かは、たぶんアーユルヴェーダ以前、シッダハの時代なので、
心が入った手作りのものは、最高に感激するのです。

愛する人のために、ハーブを摘み取り、潰し、手当てをする、
そんな単純な素朴な繰り返しの中で生まれてきたシッダハ
その作業には理屈などありませんでした。

人生は、何のために人間生きているのかな?
とそれに対して真摯に考えれる方は高尚です。

わたしたち女性、とくに毎日の食事、洗濯、子育て、肩書きの与えられない主婦を
背負う宿命(まだまだ、理解のある男の方は少ないと思ってますので、)

なんの使命を神から受けて、この世に生まれてきたのかな、
と考えることすら、毎日の喧騒のなかに轢かれてしまっている状態。

結婚してなくても、結婚してても、離婚していても、女としてのカルマみたいな
軋轢のなかに、引き裂かれている、母性、
肉体的にも、精神的にも、根っこにある母性。
母性=犠牲?縁の下の力持ち

女としての魅力がうしなわれてくる50前後から、おこる新たな葛藤、
枯れてゆくことにあらがう女としての性。

だからみんな、疲れている、本当に、泣きたいけれどこらえている。
感じないように無理して黙っている。

こんなふうにわたしたちの何千前の数え切れない人数の女の祖先がこらえたように、
我慢する人生....

カラダをマッサージさせていただくと、そんな女性の重さ、悲鳴ではなく、
無になったひとつの忍耐のような感覚が、がわたしの体にしみわたります。

わたしにとってカラダに触れさせていただくことは、そういった原点にたちもどる
神聖な儀式の様になりつつあります。

そんな流れの中で、
感動すること、熱狂すること、陶酔すること、
に引っ張られて人生を流れている、といっても過言ではありません。

今日はひまわりさんの石鹸に熱狂です。
お風呂で陶酔しますね。感想はまた後日!

これがわたしの自分は何のために生きているのか?の応えです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私の石鹸をブログに載せて頂いて、なんだか、
はずかしいやら嬉しいやら^^
自分の作ったものを喜んで使ってもらえる…
それがとても嬉しいです。

それは、石鹸に限らず、日常の中にたくさんあります。
料理もそうです。美味しいと喜んで食べてくれる人が
いるというのは、ありがたいことです。

そのように自分の行為に誰かが喜んでくれる…
それが幸せだったりします^^

neemさんに感謝です^^

なかなか日常に追われて遅れてしまってますが、
「リキッドソープの素」数日中には送ります^^

固形石鹸でのシャンプーに慣れていない
多くの方には、リキッドの方が使いやすいと思います^^
リキッドの方もお試しくださいませ☆


2008/07/23(水) 10:44 | URL | ひまわり #-[ 編集]
石鹸だとやっぱり中和させないと、最後の仕上がりが、すこしモタッとするようですね。シカカイビネガーリンス&グアガムなんて良いかも。
頭をオイルマッサージのした後は、石鹸シャンプーがGOODのようです。手がかかるのがやはり健康美です!リキッドソープ楽しみです。
2008/07/23(水) 16:03 | URL | neem #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/241-6a1a2b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。