アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

 >  ソジャットヘナのお話 >  ヘナ 基本 その2 ヘナ

ヘナ 基本 その2 ヘナ

まず当社のヘナについてのポリシーです。

①ダイヤモンドグリーンは入れない。

きれいなグリーン色の粉のヘナは本当のヘナの色ではありません。
体に害がない、といわれるメーカーもありますが、ではその目でダイヤモンドグリーンがどんなものか
見れば、体に塗りたくないと思うでしょう。


②オレンジ色素である、化学薬品も配合しません。

ジアミンとは異なりますが、一定のオレンジ色を保つため、または日本人の業者の
イエローのヘナとかオレンジの強いとか、粘りのある、の要望に合わすために作られた
色素は入ってません。


③ソジャット産の秋のヘナを収穫し、約一年分仕入れます。
ヘナは農作物です。いかにソジャット産でも、微妙にその年によって、色や、粘りが
異なります。
ただし、同じ季節、同じ畑、同時期の粉砕にこだわります。ただし、その畑で、不作であったときは、畑をかえますので、
そのときヘナの溶いた時の色は変わるときがあります。

輸入したときはフレッシュで元気なヘナですが、一年近くなると、少し変化があります。
ヘナは化学薬品ではないので、変化があって当たり前なのです。一年通して、同じ色のほうがおかしい、と思います。

④ヘナのグラインド(粉砕)はこだわりを持つ
ヘナをあまりにもファインパウダー(微粉末)にしてしまうと熱をもち、成分が壊れる可能性が
ありますので、当社はその手前でグラインドしてます。

なによりも原産地より、粉砕して、直輸入を心がけています。
ケミカルの化学のヘナを作っているヘナ工場は立派ですが、ここには注文しません。

shopTO.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可する

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence