キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回インドが初めてというお客様2人、全5人でのカニヤクマリでしたが、やはりインドになじめない御様子でした。スパシスのにおい、雑多な人間の多さ、じっと見つめる大きな眼、トイレの形と位置。
わたしが南はまだ良いところですよ、北はこの数倍忍耐が必要です。というと
信じラレナイとめまいを起こされたほどです。

いつもはマデニホテル約3000円に泊まるところをここらあたりで一番高いホテルシービューにしたのに、まだ落ち着かない御様子、ホテルマデニはバスタブなし、温水は朝のみ、でも眺めは良いのです。ただスタッフはインドのおじさんばかりなので慣れないうちは違和感有るでしょうけれど、実は親切です。
シービューホテルはシャツにネクタイのスタッフで、部屋はダブル、トリプル、コネクティングダブルしかなくツインはありません。今回はトリプルベッドを二人で使用しました。写真では小さく見えるベッドですがかなり大きいです!
また冷房、温水、バスタブあります。また部屋により冷蔵庫もあり便利です。
格子はありますが、最初はうっとうしいと思いましたが、サンライズとともに目が覚めるので
日本とは少々変わった起床体験できます。消灯した後は窓を開け放ち寝ることができるのでさわやかなきぶんです。ただ日によって、外のお祈りや、音楽が日の出の前から始まるので、
その騒音はどうしようもないです。


お客様が、本当の中華が食べたい要求がつのり、
トイレの位置がなじめないという話もあり、ガイドブックからカニヤクマリの駅近くの中華があるホテルへということで新規開拓、シービューからリキシャ3分ほどのこのシガーホテルを
覗いてきました。
きれいな感じですが、中華は名前だけで、ムンバイやデリーなどで食べることのできる本格的中華ではありません。インド中華でした。食事の料金が高いです。近くのホテルサンガムで300円のところが3倍弱くらいの値段です。北インドの人が多く宿泊してました。味は北インド風味。

また部屋からサンライズ、サンセットはバルコニーからのみで、そのためシービュー約8000円/1泊より2割ほど安いのですが、わたしならマデニのほうが自由で便利のような、
ここはTV、冷房、温水、あります。また部屋により冷蔵庫もあり便利です。
約6000円/一泊。交渉は必ずします。

結局のところインドはダメダア、というあきらめの境地に達したお客様の面々でした。
そうです!日本のビジネスホテルの温水トイレとセミダブルのレベルは世界中ないかもですよ。
あの5000円から6000円ほどの値段は超セレブです。

すいません。これが最高です、このあたりで......日本のせめてのビジネスホテルクラスだと
5スターホテルに泊まるしかありません。
デリーのメリデアンも5年ほど前改装してから、3万、(なぜかインド人でいっぱい)インド人価格はありません。インドの友達はわたしより高く4万払ってました。そのお向かい側のシェラトンが4万弱。ジャイプールのシェラトンが3万弱、ケララのメリデエンが2万強。香港のインターコンチネンタルが3万(夜景が見える部屋です!)と比較すると、高すぎと思うのです。

インドで5星に泊まるなら、今は3万から5万用意せねばなりません。その中間クラスがほとんどないのです。物価は変なところで高いインドです。

わたしはインドは貧乏だとは思いません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/253-dbc84dad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。