キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
日本でアーユルヴェーダオイルを作ろうとすることはコスト的にも材料的にも時間的にも、設備的にも無理だと思います。
わたしが現代的に改良されたアーユルヴェーダオイルを作る現場に立ち会って、
その複雑さと設備を見ているからです。
日本でできるほど底の浅いものでもない深いベディクでもあります。

人間は器用そうで、器用ではないので、
インドでアーユルヴェーダの技法を学んだ後、ベーダの薬剤師になることは高い壁で、
やはり自分の仕事が技術なら、それにまっとうできる集中できることが仕事の上で
最優先です。
だから、わたしもある時点でシッダの製法やハーブの効能を勉強するのを止め、自然の流れに任せ、
集中できることを優先しました。

ヴァータ、ピッタ、カパ、

わたしがお勧めしているクリシュナUK 先生のアーユルヴェーダの強壮学をよめば難解でなく
わかりやすいアーユルヴェーダが説明されています。

体質や知識からの入門は道が険しく分けが判りません。
体感する、これが一番です。

何が自分の心をアーユルヴェーダが引き付けたのか?
と問いかけてみてください。

それがお客様が求めているものなのです。

なぜ当社のオイルが体質別ではないのか、
はもっと根本的な日常の中の基礎をベースに置いているからです
ピッタ体質の方は、食生活のアドバイスに重点を置き、ヘッドマッサージとハーブトリートメントをお勧めします。更年期でお顔がほてる方などはヘナなどの冷やすハーブのトリートメントが効果があるように思えるからです。
アーユルヴェーダは遠い摩訶不思議なものではなく、すぐ、そばにある、のです。

例えば、静脈瘤の足の人には逆にマッサージします。
これは体質別のオイルを使い分けるよりとても大切なことです。

インドでアヴィヤガやピンダスヴェータ、キリなどを習われて実際、日本でどんなふうに展開してゆくか、リフレやバリマッサージ、ドレナージュ、アロママッサージとの境界線をどこに持つか、差別化をつけるかはサロンがスタートするにおいてもっとも重要なテーマでありコンセプトです。

私の知る限り、本当のアーユルヴェーダサロンでの成功店をみたことがないので、
ますます不況に陥る日本の中でサバイバルしてゆくためには、大変な勇気がいると思います。
趣味の一環でステイタスとしてのサロンなら損益は関係ないのですが...
教室やスクールを開講する力がないサロンはとても食べてゆくには
厳しい仕事だと言わざるを得ません。

1時間以上のハンドのフルボディマッサージをこなして、3500円でするサロンもあります。
980円リフレも街の中でチラシがあります。

高価な化粧品のセットや、サプリ、など強制的に売らないと精神と肉体までもボロボロになります。
自分の体はいつまでも若くないことを念頭に入れ、切り売りビジネスをどこで、プラスに変更したらよいのか一度立ち止まって考える時間が必要です。


そんな環境の中で良質のアーユルヴェーダオイルが手に入らない、ことにおいて
また、ピンダスヴェータや、キリ、ウルドワルタンの材料が手に入らないまま
技術を習得しただけでインドから帰り、
どこから手をつけてゆくのか勧誘するためには、シローダーラからか、ネトラバスティか?
ナンセンスです。

アーユルヴェーダのもう1つの素晴らしさはビジネス教本でもあります。
まだまだ歩く道は、出会う扉はいくつもあるのですが、ゆっくり歩いて行きます。

少しでもこのブログやSHOPで解決の糸口になればうれしいです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/269-741c7274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック