キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アビヤンガ+スヴェータ も 14日 28日続けて行われ、その真価が体ににじんでくる様な気がします。
忙しく、差し迫った緊迫感ある日本の生活の中で、そんな長期で金銭的にもとんでもないことです。
どうやってアーユルヴェーダの真髄を伝えていこうか、と日々日本風にアレンジしているのですが、
なかなか大変です。
例えば、シッダやアーユルヴェーダのオイルは黒い色、紫、赤、。
まして香りはゴマくさいといわれたり、大体が変な香りです。ここに当社の製品は香りを配合したわけですが、ベースが黒ゴマなので、スパイシーローズ、スパイシージャスミンとアジアンチックになっています。製造工程を見れば、とんでもない手がかかる、また神秘的な作業なのです。

そこまで見届け、施術を終えた人は全身にオイルまみれになっても幸せな気分になるのです。

ウドゥワルタンは日本では手にはいるのみのハーブを使用しているところがほとんどです。
小麦粉、ベサン、ニーム、ターメリックなどをオイルで混ぜてマッサージします。ミルクなどを加えるところもあるようです。

ベサンは豆アレルギーの人は大変な発疹を引き起こすため、わたしはお勧めしません。
洗浄力も強く、配合が多すぎると乾燥がちな肌になります。
またパウダー類は粉のままだと、飛散するため、他の部屋で溶いておくほうが望ましいでしょう。
溶いて使用しても、アレルギーにならない人が粉末ではアレルギー症状を引き起こすことがあります。

誤解はウドゥワルタナで痩せる、のは・??・です。
血行がよくなり、ターメリックやフェヌグリークで肌は垢抜けしますが、
痩せるとしたら、体からストレスが抜け異常食欲がなくなることからでしょう。
なぜか人から体を心こめて触ってもらうと、精神は安定し、ジャンクフードが食べれなくなるから不思議です。

繰り返して思うのは、アーユルヴェーダの変わった名前でウドゥワルタンやアビヤンガに引かれ最初は興味シンシンでこられたお客様の日常生活にいかにアーユルヴェーダの根を植えつけれるか、

サロンでアーユルヴェーダを施術しているかたはインドハーブの単品の力を少しでも理解し、
次にブレンドを使いこなしていって、お客様の体感を引き出せるのが理想です。
共感、押し付けでない導入はセールストークであっても必要です。

オイルマッサージのオイルと肌の感覚
ウドゥワルタナのスクラブ的な肌の感覚
この二つの体感のGAP
オイルからワルタナへ移行するときの香りの静けさ、神聖さ。

私の孫が生まれたとしたら、ターメリックベビーマッサージとゴマ油のヘッドマッサージは
必ずすると思います。
それほどターメリックは重要なハーブです。

ターメリックの素晴らしさを是非サロンの皆様にまず率先して体感を願います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/293-368336f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。