キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
仕事柄お客様の足の裏、手を拝見することが多いのですが、
女性は家事労働が、手抜きをすれば何処までも、手を入れれば山と仕事は有るので、
お年を召されると、その女性が携わった仕事、生活が体ににじんでらっしゃいます。

乾燥は肌だけでなく口の中、骨も、臓器も乾燥が始まります。
バランスが崩れて変に目から涙はにじんできたりします、

特にひじから手にかけて、ひざから足にかけて
オイルなど一回も使ったことがない、クリームならあります、
というかたが95%、

昔はぬか袋というよいものがありました。

顔は人間の表面積のほんの一部です。頭は顔より少し広く、体は何倍もです。
若さはこの隠れた所から作り上げること、またたしなみとしても大切だと思います。
普段食するもの、も含めて。

オイルをどのくらい使ったらよいのでしょうか?
ともよく聞かれますが
当社のアーユルヴェーダの価格は直輸入であることと
箱からボトルまで全て現地でまかないましたので
価格は出来るだけ抑えて販売しています。
できれば1ヶ月200ml使用するつもりでお使いいただけましたら
肌は変化していきます。
半年1年、と蓄積する何か、はかならずありますし
自分の体をさわってチェックする時間も、アーユルヴェーダ的時間です。

毎日シャンプー、ボディシャンプーつかっている人も乾燥を加速します。

わたしは普段はハーブシャンプーを使用しているので、市中で販売しているシャンプーや
出張でホテルにあるシャンプーは使用していませんが

お客様の中で今まで使っていたシャンプーは使わなくなったから、けれどもったいないということで
下着の洗剤として
また
浴槽や浴室の汚れ落としの洗剤で代用したところ、
はだしで浴槽やタイルを磨いて、二日目、
足の裏がカラカラに粉を吹いてひびのようになったそうです。
どのくらいシャンプーが油を取る力があるか一度実験してみるにはよい方法かもです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/316-170f7618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック