アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

 >  シローダーラ >  シロダーラ マシン 洗練されたアーユルベーダに向けて、

シロダーラ マシン 洗練されたアーユルベーダに向けて、

hmmmmm 今までハンドの施術にこだわりつづけ、原始の愛を南インドでと、自動シロダーラには
抵抗していました。
ただ、いつも、いつもインドのそのままアーユルヴェーダには限界を感じて、
洗練された、生まれかわったアーユルヴェーダを、と探していたのも事実です。

いかにこのマシンの良さを引き出し効果的に使用できるか?hmmmm arwww 課題は沢山あります。

automachine.jpg
shiro3.jpg
音のない、左右に振れる、個別に調整できる温度が一定に保たれ、(体温の1.2度高いくらいが心地よいといわれています)タイマーつきなので、労力もかかりません。プライベートも保たれます。
27kgの重さは持ち運びに耐え、デモにも、講習会にも車で運べます。
shiro5.jpg
shiro6.jpg
いろいろ組み立て、試行錯誤し、インドとは異なる施術の方法が当面できました。
近い将来、オイルでないトリートメント剤も研究しています!
このコーミングにもポイントが、
shiro7.jpg
香りの要素もまた大切なヒーリング効果をもたらします。
3種の香りを〔精油〕をくわえた、ヴァータ、カッパ、ピッタ用のオイルも輸入となります。
黒ゴマ、+ アユールK または A 。

shiro9.jpg
髪質によりハイビスカスパウダーやムルタニ、ブリングラジ、アムラ、シカカイなどを調合したパウダーを塗布します。
shiro10.jpg
このままハーブトリートリートメントしないで髪からよく絞ってオイルを6時間放置すると、明日はお肌つやつやです。
詳しくはまた後ほどUP!
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence