キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
4月あるご縁があり鹿児島で接骨医院の先生をお迎えしてセミナーを開催することになりました。

ご希望者はメールでお問い合わせください。
体験できる人数は定員オーバーとなりました。すいません。

アーユルヴェーダのトリートメントの流れを最初は見ていただき、その後体感、質疑応答となります。


鹿児島県曽於市末吉町二之方2971番地1
TEL 0986-76-7898  FAX 0986-28-8048
メセナ住吉交流センター

主な施設
温泉:岩風呂・ジェットバス・うたせ湯・水風呂・蒸気サウナ・遠赤外線サウナ・他
宿泊室

とてもよい宿泊施設のようです。



5月もしくは6月は大阪となります。同じく整骨医院、柔道整復医院の先生方です。

4/22は日曜日。

そこで一通りアーユルヴェーダの施術を通しで行い、体験していただき
今の現代に通じるアーユルヴェーダのあり方を模索するセミナーとなります。

アーユルヴェーダを施術するときに、インドではアーユルヴェーダドクターとセラピストが別れているわけですが
セラピストは施術に忠実にドクターは8年以上の経験と知識でトリートメントに望んでいます。

日本では多くのサロンがオーナー=セラピストというパターンが多い。
悲しいかな医療の中でアーユルヴェーダのフィードバックはとても少ないのです。
どの方向からアーユルヴェーダトリートメントの効果を積み上げたらよいのか、臨床がむつかしい
伝承医学なので取り掛かるまでに時間がかかります。

アーユルヴェーダのどこをかじっているか、
そのくらいの程度ではトリートメントのポイントを説明しながらの施術はできません。
意識のコンシャスネスから始まり、チャクラ、ドーシャ、トリートメントの構築された構図がある程度
頭の中で理解されてこそのトリートメントです。もちろんその路はYOGA,からでもチャクラからでも
どこからでも始まりコンシャスネスにたどり着きます。

ヨガを教えている人は、巣晴らしトリートメントができるはず。

今回のセミナーは日本で生きる、根付くアーユルヴェーダを観点ごとに体感していただくワークショップです。

アーユルヴェーダの木のベッドやものものしい設備はありませんが、
アーユルヴェーダとは?というきっかけ作りを最初は提案してゆくつもりです。

今回は以下のトリートメントを行います。

アビヤンガ
キリ背面/
ナスィアム
シロダーラ/今回は自動マシーン〔左右に滴下されます〕使用。リキッドタイプのトリートメントです。

ほんとはカティバスティもいれたいのですが、いまは上記のみ。

どこまで真髄をみせれるか、それはセラピストそのものの姿勢です。ドクターがいないので日本ではセラピストの責任が大きいと思います。

背面キリの後、ストーンの組み合わせを考えています。中国でアイデアをもらいました。

このセミナーでまた新たな縁ができることを願います。


詳細はまたUPします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/402-3a5ce93a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック