キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後までわたしが手を付けなかったトリートメントがシロダーラです。
いえ、まだウルドゥワルタナがありました、そうそう

あれはインドで受けてひどいセラピストで、皮膚がむけました。パウダーで体を摺る、というトリートメントは
日本人にはむいていないのでは? 肥満の種類が異なります。日本人の肥満はまだ可愛いですが、
西洋の方やインドの方の肥満の程度は想像以上ですから、

話は戻りまして

なぜキリのようにシローダーラを日本でしないのかという理由が大きく分けて2つありました。
ひとつは

シローダーラをなぜ受けるかという行為が施術者にも受け手にも理解できていない。
なので1度きり、のトリートメントということが多々としてあります。

アーユルヴェーダの伝統がない日本において、カウンセリングを事前におこなうということは
とても大切な導入です。
どこがアロマテラピーと異なるか?
ただのオイルの差ではありません。
シローダーラはどういうトリートメントなのか?

まことしやかな神がかりなことで勧誘するのではなく、自分が本当に感じたことを
知識と経験で心からつたえること。

言い換えればシロダーラの施術を受けたのが10回未満で人様のシローダーラをすることは
言語道断。とくに日本では、施術はよきセラピストから受けることが必要です。

つぎに価格の問題です。

一度きりのトリートメントに高価なオイルを使用できるか? 答えは いいえ


環境破壊の問題も、

では安い太白オイルで一度シローダーラを行なったあと、捨てる? どこにどうやって?


この日本のシローダーラをされていっらっしゃるサロンでどこまでシローダーラを
良心に欺かないでしているか? 大きな疑問です。

シローダーラはアーユルヴェーダのオイルを額にたらす
だけではなく、

カシャイダーラ・主にピッタタイプに使用されます。

タカラダーラ、ミルクとアムラ等のハーブのせんじ液

念願のタカラーダーラをジグマのクリニックで続けて何日か受けたあと、
やはりこの方法が一番日本に合ってることをドクターに告げ
シローダーラ用にハーブを調合していただきました。

シッダ医学のすごいところはベースのハーブの特徴が全て頭に処方と共に入っているため
レシピがその基本知識に基づいて調合されます。
シッダ医学の薬局のそこが感動するところでもあります。

病院やサロンではそういううことができません。
すべてのハーブが一瞬で揃い、用意され調合されます。

受け取って、使用するとそのホリステックな力が伝わってきます。
医局方からサンプルを受け取った時のエネルギーの高さ、
それは医局と私の信頼関係でもあります。
あなたなら使いこなせる、というメツセージです。

いつものように
はい、A,B作ったから後でフィードバックください。
とコメント付きで渡され、それがこのAのハーブです。
シローダーラリキッドfc2



使用方法は

まず30gのハーブと20gのキサンタンガムに一気に1.5リットルの水を注ぎ入れ
泡だて器でかき混ぜます。ハーブの香りが立ちます。

あとで水を追加した場合ダマができますので一気に混ぜることがポイントです。

キサンタンガムはグアールよりアレルギー性が低いため使用しました。
それと粘度を付けるためです。

とろ火にかけ温めます。

決して火を強くしないでください。

ここでミルクを適宜加え30ccほど
できればミルクを50%まで加えれば
冷めにくい
また
額に柔らかなタッチとなります。
ただミルクくさい髪になります。

タカラダーラーの材料の出来上がりです。

ワークショップではこのタカラダーラ(ミルクなし)を終えタオルで
ふき、乾かしました。粉はハラハラ落ちますがお湯ですすがなくてもまあ大丈夫。


これなら良心に恥じないダーラーへの第一歩です!

あとはどのように眠らさないで変性意識の中をただよわせるか?が次のステップです。

ラベンダーを加えても良いし、香りをアロマ的にしたい方は出来上がったあとオイルを数滴落としてください。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/410-31557bf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。