キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月はジューンブライドで結婚式がインドも目白押しです。

ほとんどの女性が結婚後オフィスを去るので、

7年間ジグマに通って、海外担当の女性はもう既に5人変わりました。

7年前18才だった美人のアヌーシャもこの6月お嫁にゆきました。いつもわたしに絶対結婚式には呼ぶからね!
と今回招待状もいただきました。が残念、仕事の都合で間に合わなかったのですが
ちょうど彼女の妹の結婚式には間に合い、この南インドで3回目の結婚式に立ち会うことができました。

アヌーシャ

ゴールドでずっしりです。
もはや奥様の貫禄が出てきてますね。
アヌーシャ結婚式3

この感じの結婚式がナガルコイルの南インドで中級の家庭だそうです。
ただ感激したのは結婚式の食事です。

このたびは私と結婚式に同行したのは80歳のお客様二人でしたが
お二人とも口そろえて美味しい美味しいとペロッと平らげました。

もうすっかり手でさっさっと完璧インドに慣れ親しんでいました。
アヌーシャ結婚式1

一番美味しいと思っていたウドピホテルのベジ インディアンタリ(定食)美味しいので
どこのレストランが来てケイタリングしているのか聞きましたら、

結婚式専門のコックさんたちだそうでレストランではない、といわれました。
残念です!!

本当に美味しかった、といったら、ジグマの会社のマネージャーに
お金持ちの結婚式はまだスゴーイ食事が出るよ、と

でもデリーで参加したスーゴーイ結婚式は北の食事であまり感激なしだったから
今度は南のスゴーイ結婚式に期待するかな。

食事も最高なら参加して一緒に座った南のインドの方たちの笑顔も最高でした。
アヌーシャ結婚式2


これから結婚する相手を両親が見つけてくれてるの と目を輝かせて話してくれる南インドの若い女の子たち、
今両親互いのともに気に入りそれぞれの星占い師に最終のチエックをしてるところ
と恥ずかしそうにでも期待いっぱいで、なにか日本人には忘れてしまった心です。とても純粋です。

ジグマの会社も親族たちが壇上にあがってお祝いやお金やプレゼントを渡した後お祝いを。

いくらでも気持ちがあればかまわないので、と
相場がわからないまま、封筒に入れてプレゼントとともに花嫁に、

アヌーシャ結婚式5

ジグマの社員から次はわたしの結婚式に来てください!といわれ

わたしと、とうとうインド渡航が30回となったお客様も(80歳ですが若いです)
また31回目が来そうですと。大笑い。

なんとも心晴れやかな結婚式で、
久しぶりに結婚式を心から楽しむことができました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/418-7a74d3b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。