キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は新カテゴリーを創設いたしましたあ!
それも第四番目にです。
いかに私が力を注いでるか、という現れです。


なんとそれは中国按摩 推拿 です。

もとをたどれば小さい時から低血圧に悩んでいた祖母に連れられ、灸、針、あんま
整体はおなじみの場所で、いつしか高校生になったとき自分もお得意様になっておりました。

リンパドレナージュはアーユルヴェーダとマッサージの方向が異なりますが
私が今回旅順、西安で受けたマッサージはシッダ医学のマルママッサージとほとんど
同じでした。
アーユルヴェーダのケララで行われているアビヤンガもとても共通点がありますが、
まるマテラピーの方が酷似しています。
やはりシルクロードでつながった線の上にあるのか!と大感激、
とくに旅順で受けたマッサージは心、というかハートがあるかたで
ひとしきりその晩は興奮していました。


当社はサロンを持たないのでどうにかして卸先にお金を儲けていただきたいのが
何よりもの強いつながりと信頼関係を築き上げることになります。


いろいろなステップに立たれているお客様に合わせて
自分がアドバイスして上げれるところはどうにかして伝えたい、と

とくにオーナーと違い、わたしはいろいろな店を回っているので客観的に見えるところがあります。

もちろん、こうしたら良いのになあ、とおもっても言えない場合がほとんど。

インドで学んだキリは日本風にまた中国風に仕上げています。
わたしのブログでキリは特化しているひとつのトリートメントになっています。
けれど、
アビヤンがをおろそかにしているわけではありません。

どちらかといえば
アビヤンガ とスチーム の組み合わせが基本の基本だと思っています。


ですのでわたしはボディマッサージについて最高のスキルを身につけたいと日々努力しているつもりです。
そこで、なぜ このneem(私にこと)インドだけでなく中国へ遊びに行ってるんかなと思われた方も
お答えすると、

素晴らしい技術は自分より何倍もの経験、技術を持つ人から受けないと
会得しない、からです。

これはとても大切なことです。

なぜかというと
受ける側にもそれを読み取る経験が備わってないと、体得できないからです。私の場合学ぶより、いろいろなセラピストから受けた数の方が数十倍です。

また素晴らしい施術者にはまた偉大な師がいらっしゃるはずなのです。

下手なマッサージを何回受けてもなんの意味もありません。

ヘナについても同じです。
お客様に最高の髪まで作り上げれば、必ずお客様は体感があり、それは目に体に残り
別の方法でヘナをされたとしてもまたそこへ戻る道をたどろうとします。

残念なことに日本でこれは、と思ったマッサージに出会ったことがありません。
シェラトンやウエスティンは5星ホテルですが
呼んでマッサージしていただいても(オイルマッサージ)はっきり言って下手。

最近面白いことを読んで、
反省する人は伸びる よりもっと的を付いていて

罪悪感を感じる人はよりビジネスが発展するという本の表題?だったと思います。

わたしが今行っているマッサージはお客様を満足させているのか?
3000円頂いたとしたらせめて6000円10000円の価値があるか?
わたしの技術はどのくらいのレベルなんだろう?


ところが中国というところはその点スゴーイある見習う点があります。

例を挙げると
汕頭刺繍、とても有名ですが精緻な技術でよくハンカチやランジェリー等の縁にほどこされ
中国土産でもらった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

わたしはスワトー刺繍をみても心動かされません。それより機械のようになった指に訓練され
個性というものを殺された技術に怖さを覚えます。

インドのよりすぐられた工芸品はヨーロッパの有名なデザイナーがよくバッグなどを数少なくオーダーするように
個性的でエネルギーが満ち溢れています。
以前の仕事が服飾だったのでインドで仕事を任すと、インドのデザイナーや工房の方たちの方が
より素晴らしい色合わせや、アイデアをもっている場合が度々です。


中国に話を戻すと、
マッサージのレベルは日本との比較にならないということです。
力の入れ方は別にして、仮にそこにハートが入れば全てクリアするレベルのマッサージ師が
一日何人も、月に1.5万から3万??の給料でクールにしているのです。

中国伝統の按摩、推拿 足道 を 都市部ではオイルを加えてメニューにバラエティを持たせているところもあるしストーンを使用しているところも少なくない。

素晴らしい技術を取り入れる、また値段も安い技術の宝庫なのです。

自分はここの先生のところで習ったから、という偏りは捨てて、
良いところは全て盗むくらいのエネルギーがマッサージをされている人に
いまの日本人に欠けている、ひいては退屈なマッサージを行っている現状では
ないかなあ。

サロンのお客様が若い層の場合、ファッション的にリフレを取り入れているお客様が多いはずです。
競争がある中、切られてゆくのはこの部分です。

より満足していただけるサロン、選ばれクチコミになるサロン、またサロンから店立ち上げの
人材派遣までできる、また人材教育までできるサロンになるためには現状に甘んじては
生ぬるいとおもいます。
なぜなら人は年をとるからです。
自分の放つエネルギーは同じではありません。年とともに経験とともに変化します。
若さはラッキーな肉体の素晴らしいエネルギーですがそれがかれてゆく時、
どのエネルギーに変換するのか、見据えて店作り、サロンの方向を決めねばならないと
思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/422-d22afc9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。