キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャンプー の言葉の基本の意味は 髪を洗う です。

種類がいろいろあり、

気泡剤で泡泡シャンプー ホテルや温泉に備え付けの泡が大きく泡切れが悪い

粉シャンプー  水分を使用しないで粉をかけすきとる 

オイルシャンプー オイルでマッサージ 放置 

ハーブ液、シャンプー :大豆や灰やお米のとぎ汁など

            :ハイビスカスやシカカイ、リタ、ソープナッツなど 洗浄力のあるもの
                 (あわ立ち成分サポニンがある)
            :アムラ、レモン、ニーム、ブリングラジ、など洗浄力より
抗菌作用を期待するもの


で、毎日シャンプーしている人にとっては一生の中で体にかかる負荷があるとしたら
シャンプーはとても大切な考えるべき商品です。


  1.成分を必ず見る。なによりも明らかです。
  
  2.香料は石油系です。自然のものだと必ずxxxxオイルと明記されます。

  3.ココイルxxxは石鹸成分が基本なのでアミノ酸系よりわたしはお勧めだと思います。

わたしがこの中でどのシャンプーを選ぶかといえば

オイルシャンプーです。(アーユルヴェーダオイルの)

ヘナはとてもハイビスカスオイルと相性が良いので、
わたしのお客様にはオイルシャンプーをお勧めしています。

若い方ほど広告宣伝で頭が洗脳されていることが多いので、
体の声をしっかり聞いてほしいと思います。年をとり髪が抜け、皮膚が乾燥し、体の中に風邪がはいりギシギシ
いう前に、

体感すると学習し知識が増え経験を積むことにより自信となります、

例えば椿オイル、オリーブオイル(100%キャリアオイル)などで
オイルシャンプー してみてください。
ショートで大匙3杯から4杯で、
一晩置きます。
シャンプー(少なくとも石鹸成分もしくはアミノ酸系)します。
3回シャンプーしても油分は残ります。

例えば資生堂の椿シャンプーや類似のシャンプーだともっと早く油分はとれます。

ここで同じようにアーユルヴェーダの製法のオイルで同じことを行います。
シカカイの粉やリタでしっとり洗いあがります。べたつきはありません。

当社のシャンプーだと一度でかなりさっぱり洗いあがります。


シャンプーの素材の体感は自分で体感できとてもわかりやすいハーブの学習ルートです。

なぜ痛んだ髪がシカカイシャンプーがきしんだり、固まらせて指もはいらない状態にするのか。
マメ科のシカカイシャンプーとフルーツのリタはどう違うのか
シカカイやリタだけだと髪が乾燥しがちなのはなぜなのか?

最近ひとつ気づいたことがあって、

ヘナを使用している人の髪は乾きがはやいのは皆周知のことですが、

こだわって製造した当社のシコン配合シャンプーやヘナ配合シャンプーでも
頭皮は洗髪しないと痒くなりますが、
ハーブシャンプーだと痒くならないような気がします、
インドのクリニックではいわゆる泡泡のシャンプーはしないで一週間以上いても
まったく大丈夫なので、やはり水を混ぜた段階でどんなにこだわっても化学のシャンプーは
限界があるかなあと思っています。

ただ仕事を持ちストレスがあるときゆったりシカカイシャンプーなどできませんので、
うまく組み合わせて生活の中で
知る 体感するを お勧めします。


ヘナの発色はハイビスカスの花エキスと黒ゴマでかなり深い赤に沈みます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/432-9a04c06b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。