キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
最近ジグマのクリニックを訪問する方が少なからずいらっしゃいます。
何回かインドへ渡航された経験のある方たちなのでカニヤクマリ(かなり辺鄙な場所なので!)までがんばってきてくださるのはスタッフ一同とてもうれしいことです。

お知らせしたいことが何点かあります。

少しずつお知らせしてゆきますね。

1.食事

ジグマの母体はシッダ医学なので薬局方です。アーユルヴェーダの薬が液体が主であるのと比較すると、シッダはジャム状です。もしくは粉です。

パンチャカルマを選らばれた場合は食事はこのお薬をかなり多く摂取しますし、トリートメントが一日休みながら
続きますので軽くなります。
例えば朝は
ウタパン:お米の粉とトマトなどをあわせて焼いたもの
昼は モリンガ入りのチャパティとサンバ(日本で言う味噌汁)付け野菜。
フルーツジュースもしくは果物
晩はおかゆ(豆入り)

パンティもブラも付けないでインドのぶかぶかナイティが病院できる服なので
すぐ脱げるように、またオイルも気にならないように(病院においています)
皆リラックスして小食でもよく眠てらっしゃるようです。

わたしの大好きなモリンガやカレーリーフが豊富に入った食材です。

パンチャカルマが始まると5日目くらいにお腹が痛くなります。
ドーシャが動き出すからです。
そしてドーシャはかならずお腹に来ます。
ここでお腹のものが全部出るようにそのようなハーブを飲みます。
ジグマではエネマはしません。
1日絶食となります。
そこから少しずつトリートメントを行い、食事を摂取し出します。
ラスト3日間全身熱いオイルをかける3Lのオイル、トリートメントをし
体にアイロンをかけて終わりです。

簡単ですが外出は禁止なので後か先に観光は済ませるようにするのがお勧めです。
外出するときは必ずスタッフが同行します。

Muringakka leafモリンガの木から切り落とした葉、もりもり食べれます。
Muringakka3.jpgドラムステックです。モリンガの実です。とても精力がつくといわれています。サンバの中によく入っています。台湾のかたはこの種をお茶に入れて食べるそうです。モリンガオイルはこの種子から採れます。甘い香りのするオイルです。もうすぐジグマSHOPに登場します。
Murongakka Flowerモリンガの花。

このモリンガはいたるところにあります。無農薬ですか?とよく聞かれるのですが、無農薬です。
今度モリンガファームではどのように育てているのか確認してきます。

次はカレーリーフの紹介をしようと思っています。またビットルー、赤カブ。
できれば日本で十分に食べたいアーユルヴェーダの食材です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/466-add69d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック