キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝の五時にノックされて
エネマ用の暖かいハーブ水が1.5L置かれます。
つまり五時に起床。
七時からミーティングです。
すでに昨晩のうちにスタッフによって椅子が並べられていました。
朝岩塩と水を入れます。
岩塩をまず入れます
スプーンにいっぱいココナッツオイルを注がれ口の中をくちゅくちゅ
20分間。
昨日の勉強会で朝もっとも口内に菌が多いことを学習しています。
またそれぞれの体の器官には休む時間があるということや、
水はよい音楽を聴かすとよい結晶になるとか
コーヒーのフレッシュは肉より悪い、まだまだたくさんあったと思いますが
タイ語がわからないのでかいつまんで友達が説明してくれました。
口の中をオイルで洗浄

朝の洗顔が始まる
朝は昨日と同じようにおもゆと今日はミントティが追加されていました。

朝のミーテイング
簡単な体操のあと
熱いライスティを4杯以上飲むように言われます。
おコメのおちゃ
小さなタオルを渡され自分お番号へ座ります。

朝の洗顔
顔を洗ってハーブでパック
スタッフがどんどんグラスにハーブ水を注ぎに回ってきます。
熱いハーブ水に足をつけてタオルを浸し足を暖め
マッサージ、顔も耳も暖めるようにいわれます。
スタッフも大変です。
熱いーハブ水
ここにきて2日目にわたしは毎日軽いタイマッサージをしていただいているのですが
一番の違和感が
雨が多い6月は熱くないのに、ミーティングルームも部屋もがんがん冷房を利かせていました。
この場所に限らず、タイの方は私たちと皮膚の体感温度が異なるようで冷房が強い部屋でも平気みたいで、
いつもわたしはホテルでは冷房を消し、友達の家ではセーターを持参するほどです。

今回の大発見は、
タイの人の外反母趾のなんと多いことか!!
冷房が冷やしている証拠です。
インド人と同じタイの人は二股の、親指と後の4本の指の間にはさむトングルたいぷのサンダルを
はいている人が多いのに外反母趾とは、
インドの女性でわたしは外反母趾をみたことないのですが
冷房文化?が進むと出てくる可能性は大きいかな。
でも少なくともインドでは冷房を利かせている部屋でトリートメントはしません。
せっかくのオープンエアなのに残念。
友達もサモイはすべてオープンエアの中で行われたといっていましたが
部屋に帰ると冷房をON。。。。。。!!!
わたしはセーターを。。

続く。。。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/477-b50e7a16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。