アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

 >  アーユルヴェーダ講習会 >  ドーシャより大切なこと

ドーシャより大切なこと

アーユルヴェーダは宇宙と自分をつなぐパイプを見つけること、そして宇宙からエネルギーをできるだけ受け取り
還元することでトリートメントではないのです。
アーユルヴェーダ 命の科学 で直訳されますが、
アーユルヴェーダオイルを使用して心こもったマッサージをしているから、アーユルヴェーダ。ではありません。
80%食20%トリートメント
20%のうちの80%がセラピストの集中力(禅の無と似ています)とジグマクリニックのモービ先生も言われたようにそしてわたしと一緒にアビヤンガやキリをするセラピストが修行みたいといわれるように、
集中力です。心を消すための本当のアビヤンガです。
日本のアーユルヴェーダはドーシャ別にこだわりますが,実はドーシャより理解すべきものは5大元素です。
5大元素の理解は必須です。
アーユルヴェダを総論で書くためには哲学的経験が必要です。
ジグマクリニックのモービ先生は自分のクリニックでトリートメントにも自ら携わった方なので、このコアがしっかり体得されていらっしゃいます。
セラピストは技術を修得した後、無になりまたトリートメントする道具である体を健康に保つために
呼吸法、太陽礼拝を必然的に行うようになる。
言葉にすれば簡単ですが修練です。

この修練を講習会で感じ取り、アーユルヴェーダを理論で学ぶ道が理解を早めます。
わたしの講習会で理論は一番最後となります。
もちろんわたしも勉強中なのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可する

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence