アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

 >  アーユルヴェーダ3D理論 >  裏と表、または右と左、上と下、中と外

裏と表、または右と左、上と下、中と外

毎朝、パソコンを開いて、社会のニュースに目を通すと良い話より悪い話が多いです。
性悪説,性善説、どちらかといえば前者に傾きがちなこの頃です。
わたしたちセラピストはこの不合理な社会に対して、トリートメントで昇華してゆく存在です。怒りも、恨みも、悲しみも
すべてセラピストはその反対の方向でそのエネルギーを明るいブライトな輝きに変容させて人間の暗い部分を
浄化してゆく可能性のあるメディウム 媒介ではないかと、
すべてのマイナスのエネルギーが個人に強いということは、反対のプラスも置き換えがうまくいけば同等に
その人に存在するからです。宇宙は全て2つのバランスの上にあります。

よくレイキやヒーリング、最近よく聞く言葉ですが、ほとんどの人がその表の言葉を歩いています。

たとえ感じて、何か見える人、感じる人であっても、理解度は比例していません。レイキはそんなに簡単に体感できるものではないと思います。

アーユルヴェーダのセラピストとして歩き出した、また扉を開けた方は媒介者となる自分を感じてゆくでしょう、
それが内側から言葉の秘密を解き明かしてゆくという理解になります。

宇宙と、人間の媒介者、メディウムです。
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence