キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハイビスカスの花と葉は、アーユルベーダに欠かせない、ハーブです。
67sm.jpg
某有名化粧品メーカーが、ハイビスカスのお茶を何十年前から取り扱っていたのを記憶されている方もいらっしゃるのではないでしようか?
赤い花である事から、うこんと同じ、退色しやすいですが、明るい金髪系の髪のかたにうっすら、ピンク色をかけます。
オイルにその成分を溶かして古代の人は、熱をとる、頭皮のトラブルなどは、必ず外側か、内側からの炎症ですので(炎症は体が抵抗しているためのお知らせ)その炎症をクーリングする作用として持ちいていました
また花や葉を煮出して、その液でシャンプーのように、頭皮にトニックのようにして使います。
インドではヘナ、ブリングラジ、ジャタマスジ、アムラなどと並んで髪にはなくてはならない、育毛ハーブです

P.S.よく誤解されやすいのは、日本人の髪と欧米人の髪は異なりますので、うこん、ハイビスカス、紅茶、コーヒーなどで色が変わります。
そのレシピをそのまま日本人に対応している、ヘナのレシピもありますが、基本的にメラニンの多い日本人の髪には変化が解りにくいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/55-17b87926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。