アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

 >  アーユルヴェダ オイル >  ドーシャに対するオイル、わたしなりの捉え方、

ドーシャに対するオイル、わたしなりの捉え方、

わたしのアーユルヴェーダの出会いは、シッダ医学の工場、そこに勤務されるアーユルヴェーダとシッダ医学の先生たちとの出会いから始まりました。また素晴らしいけれど、名もないセラピスト、数十年の間に絶対忘れることのできない彼女たち。
このなんともいえない感動をシェアしたい一念でデリーのSPAを開店したのです。
卸業に徹底し良質の素材を日本に送る、その仕事も重要ではありますが自分でオイルを扱って、もっともっと人々の体感を自分で感じたい、それが想いでした。

ドーシャというものはプラーナなくしては考えられません。ドーシャは3つの単体で身体に作用しているものではないのです。
アーユルヴェーダは包括的な哲学といわれますが個々を切り離して論じることは大きな誤りを犯します。

それは個人の生き方にもつながりますので、アーユルヴェーダを語るときそれは真摯です。

このBLOGでもわたしは自分に何回も問いかけています。アーユルヴェーダとは何か、いろいろな場所でまた出会いの中で
それは問いかけ続けないと死ぬ言葉だからです。

言葉を変えると問いかけをやめ、形にしようとした途端、たとえばシローダーラー、これがアーユルヴェーダのひとつの形
とか考えると、そこで生きる科学は枯れてしまいます。

いつもトランスフォームしている自分がいてこそ哲学は文化となりえ姿をかえその時代に息づくのではないでしょうか?

話はもどってドーシャはヴァータを制御することをポイントにおかねば他の2つのドーシャの意味は把握できません。

ピッタとカッファは足がないのです。

よくアーユルヴェーダのクリニックに行くと、ジグマのクリニックも同じですが、最初にアビヤンガに用いられるのは
カプラディタラム 樟脳の配合されたタイラです、赤い色で少し薄荷の香りがします。

このオイルを基本として使用し、そこにいろいろドクターの処方で加えてゆくわけです。

ジグマハーバルで販売されている(インドの)アーユルヴェーダおいるにピッタ用のおいるよりカッファ、ヴァータのためのオイルが
多いのはそこです。

念頭にはヴァータを観察し、カプラディタイラムをベースに、そこに他のオイルを配合、これが基本ではないでしょうか?

関連記事
* by sanakubo
稲垣先生
ありがとうございます
少し体感をもとに勉強していくと、ドーシャごとの区分けが私も無意味に思えていたところなのでしっくりと理解できました
ピッタ気質がメインの私ですが
久しぶりに風邪をひき、
咳込む(ヴァータ)の乱れと
痰が絡む 水気質(カファ)のバランスが悪くなっているのを体を通じて感じます
だからその時々、症状に応じたアドバイスや施術が必要になりますね
ドーシャごとにの考え方でその通りに行かないのが生きてる人間
だって生きてるんだものですね

コメント






管理者にだけ表示を許可する

稲垣先生
ありがとうございます
少し体感をもとに勉強していくと、ドーシャごとの区分けが私も無意味に思えていたところなのでしっくりと理解できました
ピッタ気質がメインの私ですが
久しぶりに風邪をひき、
咳込む(ヴァータ)の乱れと
痰が絡む 水気質(カファ)のバランスが悪くなっているのを体を通じて感じます
だからその時々、症状に応じたアドバイスや施術が必要になりますね
ドーシャごとにの考え方でその通りに行かないのが生きてる人間
だって生きてるんだものですね
2015-10-20 * sanakubo [ 編集 ]
Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence